572件中 61 - 70件表示
  • マルコ・バロッタ

    マルコ・バロッタから見たACミランACミラン

    ボローニャFCのユースで技を磨く。ここでアマチュア登録だった1981年、17歳の時に初めてベンチに入るがその時の出場はなかった。1982年地元のSSカザレッキオ1921でプロとしてキャリアを始める。1984年、モデナFCに移籍するまで22試合に出場した。モデナFCでは6年在籍し178試合に出場。1990年移籍したACチェゼーナでは出場機会に恵まれなかったが、同年12月16日の対ジェノア戦でセリエA初出場を記録している(試合は4対1でジェノアの勝利)。翌シーズンにパルマへ移籍。バックアッパーとして33試合で出場。特に1992-93シーズン、彼はセリエA3位とUEFAカップウィナーズカップ優勝(ロイヤル・アントワープに3-1で勝利)を経験した。しかし翌シーズンまでその勢いは続かずわずか3試合しか出場できなかった。その年に行われたUEFAスーパーカップでの勝利(ACミランに2-0で勝利)でもルカ・ブッチの控えだった。マルコ・バロッタ フレッシュアイペディアより)

  • マッティア・デ・シリオ

    マッティア・デ・シリオから見たACミランACミラン

    マッティア・デ・シリオ(Mattia De Sciglio, 1992年10月20日 - )は、イタリア・ミラノ出身のサッカー選手。セリエA・ACミラン所属。ポジションはDF(主に右サイドバック)。マッティア・デ・シリオ フレッシュアイペディアより)

  • チェーザレ・マルディーニ

    チェーザレ・マルディーニから見たACミランACミラン

    1952年に地元のクラブチーム・トリエスティーナでキャリアをスタート。1954年にACミランへ移籍し、チームの中心選手、またキャプテンとして活躍。1963年にはヨーロピアン・カップで優勝を果たしてイベリア半島から最初にビッグイヤーを持ち出した際のキャプテンとなった。(それまでレアル・マドリードの5連覇とベンフィカの2連覇と、スペインとポルトガルのクラブで独占していた)チェーザレ・マルディーニ フレッシュアイペディアより)

  • ファブリシオ・コロッチーニ

    ファブリシオ・コロッチーニから見たACミランACミラン

    1999年夏、イタリアのACミランに移籍した。クラブ間の合意がなされないまま移籍が発表されたために議論を呼び起こし、国際サッカー連盟(FIFA)はACミランにボカ・ジュニアーズへの補償金の支払いを命じた。アルベルト・ザッケローニ監督は若手の起用に慎重であり、1999-2000シーズンはトップチームで1試合も出場機会がなかった。ファブリシオ・コロッチーニ フレッシュアイペディアより)

  • トロフェオ・ルイジ・ベルルスコーニ

    トロフェオ・ルイジ・ベルルスコーニから見たACミランACミラン

    トロフェオ・ルイジ・ベルルスコーニ (Luigi Berlusconi Trophy) は、イタリアのサッカークラブ、ミランによって毎年8月にホームスタジアムのサン・シーロで開催されるフレンドリーマッチである。トロフェオ・ルイジ・ベルルスコーニ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・モリエンテス

    フェルナンド・モリエンテスから見たACミランACミラン

    2002年夏にインテル・ミラノからロナウドが加入したため、モリエンテスはFCバルセロナやトッテナム・ホットスパーFCに移籍するのではないかという噂が流れた。特に前者は2200万ユーロという莫大な移籍金をモリエンテス獲得のために用意していると報道されたが、モリエンテス側の金銭的な要求が高かったために実現しなかった。ロナウドの加入以外にレアル・マドリードの下部組織出身のハビエル・ポルティージョが復帰したこともあり、モリエンテスの出場機会は前シーズンから急減し、移籍後最少かつ初めて一桁となるリーグ戦6得点に終わった。その出場機会の少なさからトッテナム、レアル・サラゴサ、ASローマ、ACミランなどへの移籍がささやかれたが、結局マドリードに残った。フェルナンド・モリエンテス フレッシュアイペディアより)

  • マチュー・フラミニ

    マチュー・フラミニから見たACミランACミラン

    マテュー・フラミニ(Mathieu Flamini, 1984年3月7日 - )は、フランス、マルセイユ出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。ACミラン所属。マチュー・フラミニ フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・マルケス (サッカー選手)

    ラファエル・マルケス (サッカー選手)から見たACミランACミラン

    2003年、リーガ・エスパニョーラのFCバルセロナに移籍金500万ユーロで移籍した。FCバルセロナではかつてFWオラシオ・カサリン(:es:Horacio Casarín)がプレーしており、クラブ史上2人目のメキシコ人選手となった。2003-04シーズンはリーグ戦21試合に出場し、リーグ戦は2位で終えた。2004-05シーズン途中にはティアゴ・モッタ、エジミウソン、ジェラール・ロペスなど中盤の底を務めていた選手が相次いで離脱したため、本来のポジションであるセンターバックではなく守備的ミッドフィールダーとして起用された。このシーズンは素晴らしいシーズンとなり、17度目のリーグタイトルを獲得した。レバンテUD戦ではリーグ優勝を決めるサミュエル・エトオの得点をアシストしている。2005-06シーズン終盤には左膝を負傷して1ヶ月の間チームを離脱したが、UEFAチャンピオンズリーグ準決勝ACミラン戦ファーストレグで復帰した。2006年5月17日に行われたアーセナルFCとの決勝にも出場して2-1で勝利し、メキシコ人として初めて同大会優勝を果たした。ラファエル・マルケス (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • ガブリエウ・ヴァスコンセロス・フェレイラ

    ガブリエウ・ヴァスコンセロス・フェレイラから見たACミランACミラン

    ガブリエウ・ヴァスコンセロス・フェレイラ(Gabriel Vasconcellos Ferreira, 1992年9月27日 - )は、ブラジル・ミナスジェライス州出身のサッカー選手。ACミラン所属。ポジションはGK。ガブリエウ・ヴァスコンセロス・フェレイラ フレッシュアイペディアより)

  • エムベイェ・ニアン

    エムベイェ・ニアンから見たACミランACミラン

    エムベイェ・ババカル・ニアン(M'Baye Babacar Niang, 1994年12月19日 - )は、フランス・イヴリーヌ県出身のサッカー選手。セリエA・ACミラン所属。ポジションはFW。エムベイェ・ニアン フレッシュアイペディアより)

572件中 61 - 70件表示

「ACミラン」のニューストピックワード