796件中 61 - 70件表示
  • UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13 決勝から見たACミランACミラン

    バイエルン・ミュンヘンはUEFAチャンピオンズカップ時代を含め、UEFAチャンピオンズリーグの決勝戦に進出したのはこれが10回目である。これはレアル・マドリード(12回)とACミラン(11回)につぐ数字である。バイエルン・ミュンヘンは1973-74シーズン、1974-75シーズン、1975-76シーズンにUEFAチャンピオンズカップを3連覇したほか、2001年にUEFAチャンピオンズリーグ優勝経験がある。UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ

    U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジから見たACミランACミラン

    世界最高レベルの育成機関織を持つ欧州強豪クラブの下部組織を招き、日本の子供や指導者たちに世界を体験してもらうことを目的に2013年に初めて開催された。これまでスペインのFCバルセロナ、RCDエスパニョール、イタリアのACミラン、イングランドのリヴァプールFC、マンチェスター・シティFC、アーセナルFCなどが参加。日本から出場するのは主にJリーグの下部組織である。U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ フレッシュアイペディアより)

  • サッカー文化

    サッカー文化から見たACミランACミラン

    なお、スタジアムの整備は基本的に地元自治体側が整備するケースとクラブ側が自前で整備するケースが一般的である。地元自治体側が整備するの場合、スタジアムは税金などの公金によって建設され、所有権は地元自治体側に帰属したままクラブ側に貸し出す形で運営されている。また、クラブ側が自前で整備する場合、スタジアムはクラブ自身が発行した株式による資金調達や民間(オーナー、企業、投資ファンド等)の出資などによって建設され、所有権は建設したクラブ側などに帰属して運営されている。この他、官民共同で整備するケースなどもある。2000年代以降は、所有権は地元自治体側が帰属したままに運営権のみをクラブ側が取得するケースが増えてきている。例えば、インテル・ミラノとACミランのホームスタジアムであるジュゼッペ・メアッツァ(サン・シーロ)は2000年に両クラブの共同出資によって設立された「サン・シーロ2000」という会社に運営業務が委託されている。日本でも2006年から鹿島アントラーズの運営法人である「株式会社鹿島アントラーズFC」が指定管理者として同クラブのホームスタジアムである茨城県立カシマサッカースタジアムの運営業務を行っている。サッカー文化 フレッシュアイペディアより)

  • レアンドロ・グリミ

    レアンドロ・グリミから見たACミランACミラン

    2006-07シーズン冬の移籍市場にて、ディフェンスラインの若返りの一環として移籍金200万ユーロ(約3億円)でアルゼンチンのラシンからセリエAのACミランへ移籍したことで注目を集めた。しかし、ラシンでは出場機会が少ないこともありあまり活躍できなく、アルゼンチン国内では彼はACミランにふさわしくないのではないかと懐疑的な声もあがっている。レアンドロ・グリミ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のサッカー

    2013年のサッカーから見たACミランACミラン

    【セリエA】セリエA1のACミランは、アウローラ・プロ・パトリア1919との練習試合を途中放棄した。ケヴィン=プリンス・ボアテングらアフリカ系選手が、パトリアサポーターに人種差別的な野次を受けたため。2013年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • ソティリス・ニニス

    ソティリス・ニニスから見たACミランACミラン

    ACミラン、FCスパルタク・モスクワなどが獲得に興味を示していたが、2012年7月、かねてより噂されていたパルマFCへの移籍が発表された。契約期間は4年。ソティリス・ニニス フレッシュアイペディアより)

  • アリ・シソコ

    アリ・シソコから見たACミランACミラン

    故郷のクラブのAMJブロワ及びブロワ・フット41でキャリアを始め、2004年にFCグーニョンに参加し、下部組織での3年を経て、2006-07シーズンにトップチーム初出場を飾る。さらに、1シーズンを過ごした後の2008年6月にプリメイラ・リーガのヴィトーリア・セトゥーバルと契約し、そこから僅か半年後に前年度王者のFCポルトへの移籍を勝ち取っており、ポルトでは、リーグ戦とタッサ・デ・ポルトガルの2冠を達成し、初めてUEFAチャンピオンズリーグを経験した。2009年7月には、セリエAのACミランへの移籍失敗後、移籍金1500万ユーロでリーグ・アンのオリンピック・リヨンと5年契約を締結する。2012-13シーズンにプリメーラ・ディビシオンのバレンシアCFへ売却され、2013-14シーズンは期限付き移籍によってプレミアリーグのリヴァプールFCで過ごした。アリ・シソコ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ノチェリーノ

    アントニオ・ノチェリーノから見たACミランACミラン

    2011年8月31日、ACミランのジェンナーロ・ガットゥーゾが目の負傷により長期の離脱を強いられることとなったためACミランに駆け込みで移籍。市場が閉鎖する20分前に駆け込みで決まった。移籍金は50万ユーロ。背番号は22。アントニオ・ノチェリーノ フレッシュアイペディアより)

  • ジュゼッペ・ロッシ

    ジュゼッペ・ロッシから見たACミランACミラン

    2008-09シーズンは怪我で出遅れたものの、復帰後は得点を積み重ね、2月9日のCDヌマンシア戦では1試合2得点を挙げた。2月終了時点で早くも2007-08シーズンの得点数を抜いたが、3月にはいってからは得点がぴたりと途絶え、結局12点でシーズンを終えた。UEFAチャンピオンズリーグではオールボーBK戦やパナシナイコスFC戦などで計3得点した。2009年7月27日、ACミランの公式サイト上でロッシ獲得が発表され、数秒後にそのニュースは削除された。これはクラッカー(ハッカー)がいたずらで掲載したものだという。2010年2月には、父親の看病のために期限を定めずにアメリカに帰国したが、父親は2月23日に亡くなった。ジュゼッペ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • フランチェスコ・トルド

    フランチェスコ・トルドから見たACミランACミラン

    1989年にACミランでキャリアをスタート。その後下部クラブを転々とし、1993年にフィオレンティーナへ移籍し正GKとして活躍。同時にアズーリにも招集され、1995年10月8日のクロアチア戦で代表デビューを果たす。以来ジャンルイジ・ブッフォンと並ぶゴールキーパーとしてイタリア代表を牽引していたが、EURO2004終了後に代表は引退した。フランチェスコ・トルド フレッシュアイペディアより)

796件中 61 - 70件表示

「ACミラン」のニューストピックワード