796件中 71 - 80件表示
  • フェルナンド・モリエンテス

    フェルナンド・モリエンテスから見たACミランACミラン

    2002年夏にインテル・ミラノからロナウドが加入したため、モリエンテスはFCバルセロナやトッテナム・ホットスパーFCに移籍するのではないかという噂が流れた。特に前者は2200万ユーロという莫大な移籍金をモリエンテス獲得のために用意していると報道されたが、モリエンテス側の金銭的な要求が高かったために実現しなかった。ロナウドの加入以外にレアル・マドリードの下部組織出身のハビエル・ポルティージョが復帰したこともあり、モリエンテスの出場機会は前シーズンから急減し、移籍後最少かつ初めて一桁となるリーグ戦6得点に終わった。その出場機会の少なさからトッテナム、レアル・サラゴサ、ASローマ、ACミランなどへの移籍がささやかれたが、結局マドリードに残った。フェルナンド・モリエンテス フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・アッビアーティ

    クリスティアン・アッビアーティから見たACミランACミラン

    1994年にモンツァでプロデビュー。1996年からはレギュラーに定着し、1998年7月1日に当時ACミランを率いていたアルベルト・ザッケローニ監督に引き抜かれ、移籍した。クリスティアン・アッビアーティ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・アメリア

    マルコ・アメリアから見たACミランACミラン

    2010年6月23日、ジーダが退団したACミランにレンタル移籍した。ジーダがつけていた背番号1を与えられ、当初はレギュラー候補と目されていたが、クリスティアン・アッビアーティが予想以上の好パフォーマンスを披露したためローマ時代以来となる控えに甘んじた。ミランは7季ぶりにスクデットを獲得したものの、出場は4試合にとどまり試合でも失点を重ね低調な出来に終始した。マルコ・アメリア フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・ザッカルド

    クリスティアン・ザッカルドから見たACミランACミラン

    2013年1月25日、ロドニー・ストラッサーとジャメル・メスバフとの2対1の交換トレードでACミランに移籍。クリスティアン・ザッカルド フレッシュアイペディアより)

  • ファブリシオ・コロッチーニ

    ファブリシオ・コロッチーニから見たACミランACミラン

    1999年夏、イタリアのACミランに移籍した。クラブ間の合意がなされないまま移籍が発表されたために議論を呼び起こし、国際サッカー連盟 (FIFA) はACミランにボカ・ジュニアーズへの補償金の支払いを命じた。アルベルト・ザッケローニ監督は若手の起用に慎重であり、1999-2000シーズンはトップチームで1試合も出場機会がなかった。ファブリシオ・コロッチーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロドリゴ・パラシオ

    ロドリゴ・パラシオから見たACミランACミラン

    2005年にボカ・ジュニアーズに移籍。以降はスタメンとして絶対的なポジションを築き、多くのタイトル獲得に貢献。2006年前期リーグでは得点王に輝く。2007年12月にはクラブワールドカップ出場のため来日。決勝のACミラン戦では一時は同点となるゴールを決めたが、チームは2?4で敗れ準優勝に終わった。2008年後半は恥骨炎に苦しんだが、アルセナルとの対戦となったレコパ・スダメリカーナ決勝では両レグでゴールを挙げ、チームの優勝に貢献した。ロドリゴ・パラシオ フレッシュアイペディアより)

  • マウロ・タソッティ

    マウロ・タソッティから見たACミランACミラン

    マウロ・タソッティ(、1960年1月19日- )は、イタリア・ローマ出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。ACミランの黄金期を支えた一人であり、1988年のソウルオリンピックではイタリア代表主将を務めた。W杯には、1994年米国大会に出場している。マウロ・タソッティ フレッシュアイペディアより)

  • ピエトロ・ヴィエルコウッド

    ピエトロ・ヴィエルコウッドから見たACミランACミラン

    1983年にサンプドリアで出場機会を得ると12シーズンにわたって在籍するなど選手時代の大半を過ごし、ヴヤディン・ボシュコヴ監督の下でジャンルカ・ヴィアリやロベルト・マンチーニらとともに1990-91シーズンのセリエA初優勝、1989-90シーズンのUEFAカップ初優勝、1991-92シーズンのUEFAチャンピオンズカップ準優勝などに貢献した。サンプドリアでプレーを続けた理由についてヴィエルコウッドは会長のに「7位や8位に留まるクラブなら私は興味ない、私はこのチームでUEFAチャンピオンズカップでプレーしたいのだ」と応えたところ会長もそれに応じて強化を進めたためだという。またヴィエルコウッドに対して1990年にACミランから獲得のオファーが届いた際にはマントヴァーニ会長やチームメイトに全てを話し残留をするなど、チーム内は友好的関係にあったという。サンプドリアのマントヴァーニ会長が1993年に亡くなると、2年後の1995年にユヴェントスFCへ移籍し1995-96シーズンにUEFAチャンピオンズリーグ制覇に貢献した。ACミランやピアチェンツァといったクラブを渡り歩き40歳を超えた後も現役を続けた。2000年にセリエA通算562試合出場(歴代4位)の記録を残し41歳で現役引退した。ピエトロ・ヴィエルコウッド フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・カッサーノ

    アントニオ・カッサーノから見たACミランACミラン

    2010年12月21日、ACミランと3年半契約を結ぶ。移籍金は500万ユーロ。2011年1月8日のカリアリ戦で初出場すると、17試合で4得点を記録し、チームは7シーズンぶりのスクデットを獲得。しかし、同じフォワードのズラタン・イブラヒモビッチ、アレシャンドレ・パト、ロビーニョらと比べ出場時間は限られ、シーズン終了後には移籍も噂された。アントニオ・カッサーノ フレッシュアイペディアより)

  • エドガー・ダーヴィッツ

    エドガー・ダーヴィッツから見たACミランACミラン

    1994-95シーズンにはパトリック・クライファート、ヤリ・リトマネン(フィンランド代表)等と共に20歳の若さで、ACミランを下しUEFAチャンピオンズリーグを制覇する。その後トヨタカップにも来日、グレミオをPK戦の末下して世界一の称号も手にする。翌年のUEFAチャンピオンズリーグも決勝まで勝ち進んだが、ユベントスに敗れた。エドガー・ダーヴィッツ フレッシュアイペディアより)

796件中 71 - 80件表示

「ACミラン」のニューストピックワード