214件中 21 - 30件表示
  • ACミラン

    ACミランから見たアルベルト・ザッケローニ

    1998-99シーズンは、監督にウディネーゼで旋風を起こしたアルベルト・ザッケローニを招聘し、1997-98シーズンのセリエA得点王であるオリバー・ビアホフとトーマス・ヘルヴェグをウディネーゼから獲得。序盤こそ苦戦していたが、アルベルティーニ、コスタクルタ、マルディーニ、ボバンら栄光を知る主力選手がチームを牽引して、終盤に勝ち点でSSラツィオを逆転して悲願のスクデットを獲得した。ACミラン フレッシュアイペディアより)

  • ACミラン

    ACミランから見たマイケル・エッシェン

    2013-14シーズンは、4年ぶりにカカがミランに復帰し、サパタとコンスタンを完全移籍で獲得し他にもアンドレア・ポーリやヴァルテル・ビルサ、マティアス・シルベストレ、フェルディナンド・コッポラ、リッカルド・サポナーラ、ミランユース出身のアレッサンドロ・マトリを獲得し、プリマヴェーラからブライアン・クリスタンテとアンドレア・ペターニャを昇格させた。一方でレンタル期間終了によりFWボージャン・クルキッチ(バルセロナ)が退団し、他にもDFルカ・アントニーニ(ジェノア)、MFマチュー・フラミニ(アーセナル)、DFマリオ・ジェペス(アタランタ)らが退団。さらにMFボアテング(シャルケ)、DFタイウォ(ブルサスポル)、MFシュトラッサー(ジェノア)らをそれぞれに売却した。主将だったMFアンブロジーニの退団を受け、モントリーヴォが新たな主将となった。昨シーズンのエースであったステファン・エル・シャーラウィが怪我で試合に出られないこともあり、シーズン序盤から負けや引き分けが多く勝ち点を重ねられず、年明けの2014年1月からクラブ初のアジア国籍選手である本田圭佑を筆頭に、マイケル・エッシェンやアデル・ターラブト、アディル・ラミを獲得したものの、1月13日にアウェーでのサッスオーロ戦で2点リードしながら4-3で敗れたことが引き金となり、監督のアッレグリが解任された。後任は助監督のマウロ・タソッティが一時的に務めたが、すぐにブラジルで現役選手であったクラレンス・セードルフを招聘。戦術変更をしても状況は好転せず、結局リーグ戦8位となり、15シーズンぶりにチャンピオンズリーグ及びヨーロッパリーグの出場を逃した。シーズン終了後、セードルフを解任した。また、2014年には新オフィスである「カーサミラン」が完成。ACミラン フレッシュアイペディアより)

  • ACミラン

    ACミランから見たロベルト・バッジョ

    1995-1996シーズンは、ロベルト・バッジョ、ジョージ・ウェアらFW陣を獲得。前年不振に陥ったバレージら主力選手が復調したことでスクデットを奪回した。ACミラン フレッシュアイペディアより)

  • ACミラン

    ACミランから見たロナウド

    2007年冬の移籍市場ではロナウドを獲得し、2006-07シーズンはUEFAチャンピオンズリーグにて優勝を果たした。2007-08シーズンはUEFAスーパーカップとFIFAクラブワールドカップにて優勝を達成したが、リーグでは低迷しUEFAチャンピオンズリーグ出場権を逃した。ACミラン フレッシュアイペディアより)

  • ACミラン

    ACミランから見たアンドリー・シェフチェンコ

    1999-2000シーズンはアンドリー・シェフチェンコの獲得に成功したが、久しぶりに出場したUEFAチャンピオンズリーグでは、リーグ拡大による試合スケジュールの過密化によって、ターンオーバー制の導入が追いつかず、また、ウェアが1996-1997シーズンに受けた出場停止処分を消化しなければならなかったことも影響して一次リーグ敗退。リーグでは3位で終了する。ACミラン フレッシュアイペディアより)

  • ACミラン

    ACミランから見たジャンルカ・ザンブロッタ

    2012-13シーズンは、急激に悪化した財政事情の立て直しとPPP導入に伴う財政対策のため、イブラヒモビッチとチアゴ・シウバをPSGへ放出。また、チームの世代交代のためにジェンナーロ・ガットゥーゾ、アレッサンドロ・ネスタ、クラレンス・セードルフ、ファン・ボメル、フィリッポ・インザーギ、ジャンルカ・ザンブロッタといったベテラン勢を一斉放出した。これにより、アントニオ・カッサーノとの交換トレードで獲得したジャンパオロ・パッツィーニを始めとし、ケヴィン・コンスタン、ナイジェル・デ・ヨング、フランチェスコ・アチェルビ、クリスティアン・サパタ、リッカルド・モントリーヴォ、バカイェ・トラオレ、エムベイェ・ニアン、ディダク・ビラ、ボージャン・クルキッチらの補強に留まった。序盤戦は選手の入れ替えによる不振が続いたが(11-12シーズンから先発級メンバーがパッツィーニ、エル・シャーラウィ、モントリーヴォ、デ・ヨング、メクセス、サパタ、コンスタンと実に7人が入れ替わる)、コンビネーションが安定してからは前半戦のエル・シャーラウィの活躍、冬の移籍市場で獲得したマリオ・バロテッリの後半戦での活躍もあってリーグを3位で終え、UEFAチャンピオンズリーグ予備予選の出場権を獲得した。ACミラン フレッシュアイペディアより)

  • ACミラン

    ACミランから見たカフー

    2001-02シーズンは、フィリッポ・インザーギ、マヌエル・ルイ・コスタら大型補強を敢行して、ファティ・テリムが監督に就任するも中位に低迷。シーズン途中にカルロ・アンチェロッティが監督に就任してチームを立て直し、セリエAを4位で終了してUEFAチャンピオンズリーグ予備予選出場権を獲得。2002-03シーズンはUEFAチャンピオンズリーグとコッパ・イタリアにて優勝を達成。2003年夏の移籍市場ではカカ、カフーらを獲得。2003-04シーズンはUEFAスーパーカップとセリエAにて優勝を達成した。ACミラン フレッシュアイペディアより)

  • ACミラン

    ACミランから見たリヴァプールFC

    UEFAチャンピオンズリーグでは過去7回の優勝を経験しており、レアル・マドリードの12回に次ぐ歴代2位の優勝回数を誇る。イタリア国内で同大会を制覇した経験のある他の2チームの優勝回数を大きく引き離しており(インテルは3回、ユヴェントスは2回)、イタリアセリエAで最も成功したクラブの一つであると目されている。同大会で5回の優勝、或いは3連覇を達成したクラブにはビッグイヤー(UEFAチャンピオンズリーグ優勝杯)の永久保持が認められるとともに、ビッグイヤーのロゴと優勝回数が書かれたワッペンをユニフォーム左袖に付けることが許されているが、このワッペンをつけているのはACミランの他はレアル・マドリード、アヤックス・アムステルダム、バイエルン・ミュンヘン、リヴァプールFC、FCバルセロナの5クラブのみである。ACミラン フレッシュアイペディアより)

  • ACミラン

    ACミランから見たASローマ

    インテルナツィオナーレ・ミラノ(以下本項目ではインテルと略称する)、ユヴェントス、ASローマと並ぶイタリアを代表するプロサッカークラブであり、世界屈指のビッグクラブの一つである。クラブカラーからロッソ・ネロ(Rosso Nero, イタリア語で「赤と黒」、複数形でロッソ・ネリ Rosso Neri)またはディアボロ(diabolo, イタリア語で「悪魔」)の愛称で呼ばれる。サポーターはミラニスタ(Milanista)といわれる。ACミラン フレッシュアイペディアより)

  • ACミラン

    ACミランから見たエミレーツ航空

    エミレーツ航空(2010年〜)- アラブ首長国連邦の航空会社。契約金は5年総額約6000万ユーロ。ユニフォーム表記は「Fly Emirates」ACミラン フレッシュアイペディアより)

214件中 21 - 30件表示

「ACミラン」のニューストピックワード