93件中 21 - 30件表示
  • ACミラン

    ACミランから見たアレッサンドロ・コスタクルタ

    1990年代になると、バレージの他にもパオロ・マルディーニ、アレッサンドロ・コスタクルタ、デメトリオ・アルベルティーニの3人が中心になり、1991年から監督となったファビオ・カペッロのもとで、1991-1992シーズンにセリエA初の無敗優勝を達成。セリエAでは1993-1994シーズンにかけて3連覇し、UEFAチャンピオンズリーグでは1992-1993シーズンから1994-1995シーズンにかけて3季連続決勝進出(1993-1994シーズンは優勝)するなどの成績を残し、「グランデ・ミラン」(偉大なミラン)や「リ・インヴィンチービリ」(無敵のミラン)と呼ばれる黄金期を築いた。特に1994年チャンピオンズリーグ決勝で、同じく黄金期を迎えていたヨハン・クライフ率いるバルセロナを4-0で降した試合は、クライフをして「あんな完璧なサッカーをされては勝てない」とまで言わしめた。 バレージを含めたこの4人は、ミラン栄光のバンディエラ(イタリア語で「旗印」の意。そのクラブで長くキャリアを送ったシンボル的なプレーヤーを指す)ともいわれる。ACミラン フレッシュアイペディアより)

  • ACミラン

    ACミランから見たフランク・ライカールト

    その後、後にイタリア首相を務めるシルヴィオ・ベルルスコーニが1986年にクラブを買収して会長に就任した。ベルルスコーニは有力選手を大補強し、クラブを立て直した。当時はほぼ無名だったが、後にこのチームでサッカーに革命を起こすことになるアリゴ・サッキをパルマから監督として招き入れた。そして、ベルルスコーニが会長に就任して2シーズン目、サッキが指揮を執って1シーズン目の1987-88シーズンには2敗という成績でスクデットを獲得した。また、ベルルスコーニは1987年には当時の史上最高額移籍金でルート・フリットをPSVから獲得、マルコ・ファン・バステンをアヤックスから獲得し、1988年にはフランク・ライカールトをサラゴサから獲得した。ACミラン フレッシュアイペディアより)

  • ACミラン

    ACミランから見たデメトリオ・アルベルティーニ

    1990年代になると、バレージの他にもパオロ・マルディーニ、アレッサンドロ・コスタクルタ、デメトリオ・アルベルティーニの3人が中心になり、1991年から監督となったファビオ・カペッロのもとで、1991-1992シーズンにセリエA初の無敗優勝を達成。セリエAでは1993-1994シーズンにかけて3連覇し、UEFAチャンピオンズリーグでは1992-1993シーズンから1994-1995シーズンにかけて3季連続決勝進出(1993-1994シーズンは優勝)するなどの成績を残し、「グランデ・ミラン」(偉大なミラン)や「リ・インヴィンチービリ」(無敵のミラン)と呼ばれる黄金期を築いた。特に1994年チャンピオンズリーグ決勝で、同じく黄金期を迎えていたヨハン・クライフ率いるバルセロナを4-0で降した試合は、クライフをして「あんな完璧なサッカーをされては勝てない」とまで言わしめた。 バレージを含めたこの4人は、ミラン栄光のバンディエラ(イタリア語で「旗印」の意。そのクラブで長くキャリアを送ったシンボル的なプレーヤーを指す)ともいわれる。ACミラン フレッシュアイペディアより)

  • ACミラン

    ACミランから見たマルコ・シモーネ

    1995-1996シーズンはロベルト・バッジョ、ジョージ・ウェア、デヤン・サビチェビッチ、マルコ・シモーネという豪華なFW陣を擁してスクデットを奪回したが、守備基本からスペクタクル重視への切替えによりチームバランスが崩れ始める。ACミラン フレッシュアイペディアより)

  • ACミラン

    ACミランから見たリヴァプールFC

    UEFAチャンピオンズリーグでは過去7度の優勝を果たしており、これはレアル・マドリードの9度に次ぐ歴代2位の記録である。また、この記録はイタリア国内でUEFAチャンピオンズリーグを制覇した経験のある他の2チームの記録(インテルは3度、ユヴェントスは2度)を大きく引き離している。なお、チャンピオンズリーグで5度の優勝、或いは3連覇を達成したクラブにはビッグイヤー(優勝杯)の永久保持が認められているが、同時にビッグイヤーのロゴと優勝回数が書かれたワッペンをユニフォーム左袖につけることが許される。このワッペンをつけているのはACミランの他に、レアル・マドリード、リヴァプールFC、アヤックス・アムステルダム、バイエルン・ミュンヘンの4クラブのみである。ACミラン フレッシュアイペディアより)

  • ACミラン

    ACミランから見たミラノ

    ACミラン(Associazione Calcio Milan s.p.a)は、イタリア・ミラノを本拠地とするサッカークラブチーム。ACミラン フレッシュアイペディアより)

  • ACミラン

    ACミランから見たインテルナツィオナーレ・ミラノ

    同じ街の同じスタジアムを本拠地とするインテルとは永遠のライバル関係にあり、ミラノダービーと呼ばれる対戦は街を二分する盛り上がりを見せる。インテルのファンがブルジョワ階級と呼ばれる富裕層であるのと比較して、ACミランのファン層は労働者階級を中心であるとされていたが、現在では特別に隔たった支持層は無く、お互いに広い層から支持を集めている。ACミラン フレッシュアイペディアより)

  • ACミラン

    ACミランから見たアヤックス・アムステルダム

    UEFAチャンピオンズリーグでは過去7度の優勝を果たしており、これはレアル・マドリードの9度に次ぐ歴代2位の記録である。また、この記録はイタリア国内でUEFAチャンピオンズリーグを制覇した経験のある他の2チームの記録(インテルは3度、ユヴェントスは2度)を大きく引き離している。なお、チャンピオンズリーグで5度の優勝、或いは3連覇を達成したクラブにはビッグイヤー(優勝杯)の永久保持が認められているが、同時にビッグイヤーのロゴと優勝回数が書かれたワッペンをユニフォーム左袖につけることが許される。このワッペンをつけているのはACミランの他に、レアル・マドリード、リヴァプールFC、アヤックス・アムステルダム、バイエルン・ミュンヘンの4クラブのみである。ACミラン フレッシュアイペディアより)

  • ACミラン

    ACミランから見たオランダトリオ

    サッキが採用した高い位置でプレッシャーをかけてボールを奪うというプレッシングサッカー戦術とキャプテンのフランコ・バレージや、ルート・フリット、マルコ・ファン・バステン、フランク・ライカールトのオランダトリオなどの選手の活躍もあり、1988-1989シーズン、1989-1990シーズンにかけてUEFAチャンピオンズカップを2連覇した。1990-1991年のUEFAチャンピオンズカップ準々決勝のオリンピック・マルセイユ戦で、マルセイユが1-0でリードしていた88分にスタジアムの照明が消灯し、照明復帰後もACミランが試合の続行を拒否したため没収試合となった。この結果ACミランは1年間ヨーロッパの大会から締め出されることとなった。ACミラン フレッシュアイペディアより)

  • ACミラン

    ACミランから見たジョージ・ウェア

    1995-1996シーズンはロベルト・バッジョ、ジョージ・ウェア、デヤン・サビチェビッチ、マルコ・シモーネという豪華なFW陣を擁してスクデットを奪回したが、守備基本からスペクタクル重視への切替えによりチームバランスが崩れ始める。ACミラン フレッシュアイペディアより)

93件中 21 - 30件表示

「ACミラン」のニューストピックワード