41件中 31 - 40件表示
  • 武蔵浦和駅

    武蔵浦和駅から見たADEKAADEKA

    ADEKA(旧旭電化工業)浦和開発研究所(東口から徒歩4分)武蔵浦和駅 フレッシュアイペディアより)

  • コンビナート

    コンビナートから見たADEKAADEKA

    花王(株)鹿島工場、日本乳化剤(株)鹿島工場、(株)カネカ鹿島工場、(株)ADEKA鹿島工場、信越化学工業(株)鹿島工場、(株)クラレ鹿島事業所、ライオンケミカル(株)鹿島工場、(株)ユポ・コーポレーション鹿島工場、(株)油化スケネクタディー鹿島工場、三菱ガス化学(株)鹿島工場、JSRクレイトンエラストマー鹿島工場、(株)クラレ鹿島事業所、三井化学(株)鹿島工場、日本ブチル(株)鹿島工場コンビナート フレッシュアイペディアより)

  • ミューズ (薬用石鹸)

    ミューズ (薬用石鹸)から見たADEKAADEKA

    1969年(昭和44年) - 旧ミツワ石鹸、第一工業製薬、旭電化工業(現・ADEKA)の3社の家庭用日用品・石鹸・洗剤の販売事業を統合して日本サンホームを設立。同社からの販売へ移行。ミューズ (薬用石鹸) フレッシュアイペディアより)

  • 日本専売公社

    日本専売公社から見た旭電化ADEKA

    東海林武雄 : 1967年10月29日 - 1971年10月28日 ※元旭電化社長日本専売公社 フレッシュアイペディアより)

  • 熊野前駅

    熊野前駅から見たADEKAADEKA

    ADEKA本社・研究所(旧・旭電化)熊野前駅 フレッシュアイペディアより)

  • 商社

    商社から見たADEKAADEKA

    昭和興産(花王 ・ADEKA(旧旭電化工業)・住友化学系)商社 フレッシュアイペディアより)

  • 岳南富士岡駅

    岳南富士岡駅から見たADEKAADEKA

    島式ホーム1面2線を有する地上駅。駅構内には研修設備の他に側線があり、かつて使用されていた車両などが留置されている。当駅から東海電化工業富士工場(ADEKA)への専用線があったが現在は撤去されている。また広栄化学工業富士工場(朝日化学工業)の貨物取扱も行われていたが、これも既に廃止されている。岳南富士岡駅 フレッシュアイペディアより)

  • 古河虎之助

    古河虎之助から見た旭電化ADEKA

    1914年に第一次世界大戦が勃発すると、銅の特需に後押しされた古河財閥は経営の多角化を推し進めた。1918年までには、持株会社の古河合名会社が直轄する鉱業(古河鉱業)・金融(古河銀行)・商社(古河商事)を中心として、横浜ゴム、旭電化、富士電機、東亜ぺイント、大日電線帝国生命、富士通信機、日本アルミ、古河鋅造、古河電池、日本軽金属、日本特殊軽合金などを傘下に抱く20社以上の企業を束ねる一大コンツェルンに拡張させた。しかし1920年の戦後恐慌による銅価格の暴落や投機取引の失敗により経営が失速。金融恐慌の影響を古河銀行が大きく受けたため、同行頭取・虎之助は銀行経営に専念するため、古河鉱業社長と古河合名代表社員の職を吉村万治郎に讓った。1921年に古河商事が破綻、1931年には古河銀行を第一銀行に譲渡するに至り、総合財閥として欠かせない商社と金融の機能を喪失した。古河虎之助 フレッシュアイペディアより)

  • コマーシャルメッセージ

    コマーシャルメッセージから見たADEKAADEKA

    2008年には、JT(子会社のJTフーズによる食中毒問題)・ADEKA(ハローキティ電動式カイロ発火事故)・伊藤ハム(地下水汚染問題)・マンナンライフ(蒟蒻畑窒息事故。同社は後日、「蒟蒻畑」のクラッシュゼリーを新規で開発・発売。)・小泉成器(電子レンジ発火事故)といった企業がお詫びCMを流した。また日清食品は、お詫びCMではないものの、当時問題となっていたカップヌードルの匂い移りを防ぐための、保存方法についての注意喚起を伝える、社告形式のCMを放映した。コマーシャルメッセージ フレッシュアイペディアより)

  • プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン

    プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパンから見たADEKAADEKA

    1969年 - ミツワ石鹸、第一工業製薬、旭電化工業の3社の合同出資により、日本サンホームを設立。製造は左記の3社が担当。プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン フレッシュアイペディアより)

41件中 31 - 40件表示

「ADEKA」のニューストピックワード