44件中 31 - 40件表示
  • 名鉄モ580形電車

    名鉄モ580形電車から見たAIGエジソン生命AIGエジソン生命保険

    モ3203:AIGエジソン生命(黄緑ベース、2008年11月まで。現在はクリーム×赤帯の豊鉄標準カラー)名鉄モ580形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 山陽女子短期大学

    山陽女子短期大学から見たAIGエジソン生命保険AIGエジソン生命保険

    一般企業への就職者が多いものとなっている。イトキン・INAX・王子製紙・花王・鹿島建設・みずほインベスターズ証券・きんでん・サンデン交通・島根中央信用金庫・スズキ自販広島・住友生命保険・瀬戸内海汽船・ダイキ・第一生命保険・中国電機製造・レナウン・千代田生命保険・天満屋・東海東京証券・AIGエジソン生命保険・凸版印刷・ネッツトヨタ広島・トランスコスモス・ナルミヤ・インターナショナル・ニチレイ・日本電気・広島ガス・広島信用金庫・福屋・ファイブフォックス・マツダレンタカー・三菱重工業・明電舎・ヤナセ・ヤンマー・ヨコハマタイヤ中国販売・ライフなどがある。山陽女子短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • セゾングループ

    セゾングループから見たセゾン生命保険AIGエジソン生命保険

    歴史順に、西武百貨店・西友・朝日工業(西武化学工業)・西洋環境開発(西武都市開発)の4基幹グループを母体とし、「生活総合産業」宣言によりクレディセゾン(西武クレジット)・西洋フードシステムズ(レストラン西武・吉野家D&C・ダンキンドーナツ等)・朝日航洋・セゾン生命保険(西武オールステート生命保険)を新たな基幹企業に選定。さらにバブル景気を迎えインターコンチネンタルホテル・大沢商会、ようやく利益貢献に回ったパルコ、コンビニ時代を反映するファミリーマートが加えられ12グループ体制。1990年に西武ピサ、ウェイヴ、リボーンスポーツシステムズ、西武百貨店文化レジャー事業部の3社1事業部が合併して誕生したピサを加えて最盛期13グループ体制とすることもある。セゾングループ フレッシュアイペディアより)

  • セゾングループ

    セゾングループから見たAIGエジソン生命保険AIGエジソン生命保険

    1990年、西武オールステート生命保険はセゾン生命保険に商号を変更。1997年、クレディセゾンが筆頭株主となる。その後保険業界の経営環境が変遷する中、2002年にセゾン生命保険はGEエジソン生命(現・ジブラルタ生命保険)に吸収合併された。セゾングループ フレッシュアイペディアより)

  • プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険

    プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険から見たAIGエジソン生命保険AIGエジソン生命保険

    他の生命保険会社に比べて、リスクの高い投資が多かったことから、2008年(平成20年)の世界的な経済危機の影響をまともに受けて、2008年9月の中間決算で114億円の債務超過となる見通しとなり、10月10日に東京地方裁判所に対し会社更生法及び更生特例法に基づく更生手続の開始が決定した。最終的に債務超過額は643億まで膨らんだが、2009年4月に、米国プルデンシャル・グループのジブラルタ生命が69億円を出資して完全子会社化し、プルデンシャル ファイナンシャル ジャパン生命保険に商号変更する更生計画が認可された。2009年6月1日に更生手続が終結し、2010年8月2日より正式に営業を開始した。2011年1月末現在、21の金融機関(銀行)が同社商品の窓口販売を行っている。2010年(平成22年)4月1日、資本関係を明確化することを目的にプルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険に商号変更した。2011年(平成23年)2月1日にはプルデンシャル・ファイナンシャルグループがAIGグループからAIGエジソン生命保険とAIGスター生命保険を買収したが、現在の計画では両社の銀行窓販チャネルについては同社へ移管・統合される予定である。(なおエジソン生命とスター生命は、2012年(平成24年)1月1日付でジブラルタ生命へ吸収合併された)プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • AIGエジソン生命保険

    AIGエジソン生命保険から見たセゾン生命保険AIGエジソン生命保険

    2002年(平成14年)には、2月にセゾングループのセゾン生命保険の株式を取得し子会社化し、4月に同社を吸収合併して経営統合した。AIGエジソン生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • ジブラルタ生命保険

    ジブラルタ生命保険から見たAIGエジソン生命保険AIGエジソン生命保険

    2011年2月に、プルデンシャル・ファイナンシャルが米AIGグループからAIGエジソン生命保険とAIGスター生命保険を買収し、プルデンシャル傘下に移行。2社は、2012年の合併まで、ジブラルタ生命の子会社とされた。また、2社の銀行窓販チャネルは子会社で、銀行窓販業務を専門とするプルデンシャル ジブラルタ フィナンシャル生命に移管・統合される。ジブラルタ生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • セゾン自動車火災保険

    セゾン自動車火災保険から見たAIGエジソン生命保険AIGエジソン生命保険

    2005年4月 AIGエジソン生命保険株式会社(当時。現在のジブラルタ生命保険株式会社)の生命保険商品に係る募集代理を開始。セゾン自動車火災保険 フレッシュアイペディアより)

  • ゼネラル・エレクトリック

    ゼネラル・エレクトリックから見たGEエジソン生命保険AIGエジソン生命保険

    1998年 - 経営危機に陥っていた日本の東邦生命保険と米国GEキャピタルが提携し、共同出資によるGEエジソン生命保険を設立。東邦生命は既存契約の維持のみ行い、保険の新規募集に伴う営業職員はエジソン生命へ移管。エジソン生命の保険契約を東邦生命へ再保険させる事(一定の収益移転)で経営再建を目指す。幸福銀行子会社のコーエーローンをGEキャピタル子会社のゼネラル・エレクトリック・コンシューマーローンが買収。日本での消費者金融事業に進出。経営危機に陥った同族経営による消費者金融大手のレイクが新旧分離し、ゼネラル・エレクトリック・コンシューマーローンが事業会社を買収し吸収合併。日本リースを買収、GEキャピタルリーシングを設立。ゼネラル・エレクトリック フレッシュアイペディアより)

  • 生命保険

    生命保険から見たGEキャピタル・エジソン生命AIGエジソン生命保険

    1996年6月 - 東邦生命が業績悪化から業務提携によるGEキャピタル・エジソン生命を設立し承継準備に入る。生命保険 フレッシュアイペディアより)

44件中 31 - 40件表示