24件中 11 - 20件表示
  • AIGエジソン生命保険

    AIGエジソン生命保険から見た発明

    1998年(平成10年)2月に、東邦生命保険相互会社の業績が悪化したことから、GEキャピタルサービスの子会社・GEファイナンシャルアシュアランスホールディング社と東邦生命保険相互会社が業務提携を結んで、既存保険契約を除く同社の営業を承継する目的で、GEキャピタル・エジソン生命株式会社を設立。東邦生命の営業権を譲り受け、同年4月1日から営業を開始した。この業務提携の時点では、米国など海外のGEのグループ会社に、GE創設者のひとりトーマス・エジソン(Thomas Edison)の名を社名に含む会社は長らく無かったが、東邦生命は業務提携に際して日本人に発明家として馴染みのあるエジソンの名をあえて社名として付けた。AIGエジソン生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • AIGエジソン生命保険

    AIGエジソン生命保険から見たAIGスター生命保険

    2006年(平成18年)5月に同じAIGグループの日本法人であるAIGスター生命保険との経営統合を合意し、2008年(平成20年)8月29日に合併契約書締結、同年9月16日に両社の臨時株主総会での特別決議を経て、2009年(平成21年)1月1日に両社は合併してAIG生命保険株式会社となることとなった(手続上はAIGエジソン生命が存続会社)。AIGエジソン生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • AIGエジソン生命保険

    AIGエジソン生命保険から見たセゾン生命保険

    2002年(平成14年)には、2月にセゾングループのセゾン生命保険の株式を取得し子会社化し、4月に同社を吸収合併して経営統合した。AIGエジソン生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • AIGエジソン生命保険

    AIGエジソン生命保険から見たセゾングループ

    2002年(平成14年)には、2月にセゾングループのセゾン生命保険の株式を取得し子会社化し、4月に同社を吸収合併して経営統合した。AIGエジソン生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • AIGエジソン生命保険

    AIGエジソン生命保険から見た東邦生命保険

    1998年(平成10年)2月に、東邦生命保険相互会社の業績が悪化したことから、GEキャピタルサービスの子会社・GEファイナンシャルアシュアランスホールディング社と東邦生命保険相互会社が業務提携を結んで、既存保険契約を除く同社の営業を承継する目的で、GEキャピタル・エジソン生命株式会社を設立。東邦生命の営業権を譲り受け、同年4月1日から営業を開始した。この業務提携の時点では、米国など海外のGEのグループ会社に、GE創設者のひとりトーマス・エジソン(Thomas Edison)の名を社名に含む会社は長らく無かったが、東邦生命は業務提携に際して日本人に発明家として馴染みのあるエジソンの名をあえて社名として付けた。AIGエジソン生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • AIGエジソン生命保険

    AIGエジソン生命保険から見たプルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険

    2011年2月1日にアメリカ合衆国のプルデンシャル・ファイナンシャルグループがAIGエジソン生命とAIGスター生命を買収した。プルデンシャル・ファイナンシャル傘下に移行後もAIG側の許可により商号は維持されたが、2012年1月1日に当社・ジブラルタ生命保険・AIGスター生命保険の3社が合併し、ジブラルタ生命保険に商号変更された。一方、銀行窓販チャネルについてはジブラルタ生命の子会社であるプルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険(旧・大和生命保険)へ移管・統合された。AIGエジソン生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • AIGエジソン生命保険

    AIGエジソン生命保険から見たメットライフ生命保険

    しかし、合併を目前に控えた2008年(平成20年)9月に、親会社である米・AIGがサブプライムローン問題の影響を受け、経営危機に至る(AIGショック)。そのため、AIGの経営再建策の1つとして、業績が良く高値で売却の見込める日本の生命保険事業3社(同社、AIGスター生命保険、アリコジャパン(現・メットライフ生命保険))を売却することが、同年10月3日に発表された。エジソン生命はAIG株を取得していない事と財務の健全性は保たれている事から、売却されても保険契約者に影響はないとされている。AIGエジソン生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • AIGエジソン生命保険

    AIGエジソン生命保険から見た子会社

    1998年(平成10年)2月に、東邦生命保険相互会社の業績が悪化したことから、GEキャピタルサービスの子会社・GEファイナンシャルアシュアランスホールディング社と東邦生命保険相互会社が業務提携を結んで、既存保険契約を除く同社の営業を承継する目的で、GEキャピタル・エジソン生命株式会社を設立。東邦生命の営業権を譲り受け、同年4月1日から営業を開始した。この業務提携の時点では、米国など海外のGEのグループ会社に、GE創設者のひとりトーマス・エジソン(Thomas Edison)の名を社名に含む会社は長らく無かったが、東邦生命は業務提携に際して日本人に発明家として馴染みのあるエジソンの名をあえて社名として付けた。AIGエジソン生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • AIGエジソン生命保険

    AIGエジソン生命保険から見た合併 (企業)

    2006年(平成18年)5月に同じAIGグループの日本法人であるAIGスター生命保険との経営統合を合意し、2008年(平成20年)8月29日に合併契約書締結、同年9月16日に両社の臨時株主総会での特別決議を経て、2009年(平成21年)1月1日に両社は合併してAIG生命保険株式会社となることとなった(手続上はAIGエジソン生命が存続会社)。AIGエジソン生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • AIGエジソン生命保険

    AIGエジソン生命保険から見た海外

    1998年(平成10年)2月に、東邦生命保険相互会社の業績が悪化したことから、GEキャピタルサービスの子会社・GEファイナンシャルアシュアランスホールディング社と東邦生命保険相互会社が業務提携を結んで、既存保険契約を除く同社の営業を承継する目的で、GEキャピタル・エジソン生命株式会社を設立。東邦生命の営業権を譲り受け、同年4月1日から営業を開始した。この業務提携の時点では、米国など海外のGEのグループ会社に、GE創設者のひとりトーマス・エジソン(Thomas Edison)の名を社名に含む会社は長らく無かったが、東邦生命は業務提携に際して日本人に発明家として馴染みのあるエジソンの名をあえて社名として付けた。AIGエジソン生命保険 フレッシュアイペディアより)

24件中 11 - 20件表示