前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示
  • ノースチャイナ・デイリー・ニューズビル

    ノースチャイナ・デイリー・ニューズビルから見たAIGアメリカン・インターナショナル・グループ

    ノースチャイナ・デイリー・ニューズビルは中華人民共和国上海市外灘地区に位置する新古典主義建築のビル。外灘地域の建物は区画番号で呼ばれることもあり、この場合、外灘17号と呼ばれる。また、東中山路の始端にもなっており東中山路1号と呼ばれることもある。現在はAIGの支社であるアメリカ友邦保険(AIA)が入店しており、AIAビルと呼ばれることもある。建築されたのは1924年であり、当時上海で最も高いビルであった。ノースチャイナ・デイリー・ニューズビル フレッシュアイペディアより)

  • 野田実

    野田実から見たAIGアメリカン・インターナショナル・グループ

    野田 実(のだ みのる、1937年3月3日 - )は、日本の政治家。元衆議院議員、帝京大学経済学部教授。AIG最高顧問。野田実 フレッシュアイペディアより)

  • 小松崎行彦

    小松崎行彦から見たAIGアメリカン・インターナショナル・グループ

    東京大学卒業。1978年新日本製鐵入社、ベイン・アンド・カンパニー、ブーズ・アレン・アンド・ハミルトン、ATカーニー、AIGイースト・アジア・ホールディングス、富士火災海上保険、アーンストアンドヤング・トランザクション・アドバイザリー・サービスを経て、2007年1月より現職、同年3月より代表取締役社長。小松崎行彦 フレッシュアイペディアより)

  • キャットボンド

    キャットボンドから見たAIGアメリカン・インターナショナル・グループ

    自然災害リスクを証券化するという考えは、1992年のハリケーン・アンドリュー被害の後に顕著になった。とりわけ特筆されるのは、自然災害再保険市場により多くのリスク負担能力をもたらすためのビークルを追求していたRichard Sandor、Ken Frootおよびウォートン・スクールの教授たちによる著作である。最初の実験的取引は1990年代半ば、AIG、ハノーバー再保険、セントポール再保険、USAAによって行われた。年間発行額でみた市場規模は1998年から2001年にかけて10?20億ドルに拡大し、アメリカ同時多発テロ事件以後は20億ドルを超えた。ハリケーン・カトリーナ後の2006年にはさらに倍の、年間換算で40億ドルを超える発行額に達し、また再保険サイドカーが発達した。ハリケーン・カトリーナ後のハードマーケット(買い手市場)が終息した2007年にかけても、State Farm, Allstate, Liberty Mutual, Chubb, Travelersおよび継続的な発行者であるUSAAなど、数多くの保険会社が市場を通じたカバレッジの多様化を求める中、キャットボンドの発行は増加し、第2四半期に限っても発行額は40億ドルを上回った。キャットボンド フレッシュアイペディアより)

  • 三井住友海上プライマリー生命保険

    三井住友海上プライマリー生命保険から見たAIGアメリカン・インターナショナル・グループ

    メットライフは、2010年3月にAIGの生保子会社・アメリカン・ライフ・インシュアランス・カンパニー(アリコ)を買収しており、日本にはアリコジャパン(アリコ日本支社)を軸に日本への本格進出をする方針で、MS&ADとの合弁契約を解消。同社はMS&ADの完全子会社となり、三井住友海上プライマリー生命保険株式会社に商号変更した。三井住友海上プライマリー生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 新保かずみ

    新保かずみから見たAIGアメリカン・インターナショナル・グループ

    東京都出身。米国セントラル・オクラホマ大学(University of Central Oklahoma)経済学部卒業。エイミック投信投資顧問株式会社(現、AIG)、モルガン・スタンレー証券株式会社を経て、現職に転身。新保かずみ フレッシュアイペディアより)

  • エリオット・スピッツァー

    エリオット・スピッツァーから見たAIGアメリカン・インターナショナル・グループ

    ニューヨーク州司法長官として、アナリストの中立性についてメリルリンチを追及。また、AIGの不正会計を追及し、同社のCEOとして君臨したモーリス・グリーンバーグを辞任に追い込むなどした。その活動ぶりと名前から、「現代のエリオット・ネス」とも呼ばれた。エリオット・スピッツァー フレッシュアイペディアより)

  • AIGスター生命保険

    AIGスター生命保険から見たAIGアメリカン・インターナショナル・グループ

    元々千代田生命保険相互会社(1904年創業)であったが、2000年千代田生命の経営破綻に伴い、2001年に株式会社に転換し、AIGグループが株式を買収し、現社名となった(正式商号は「エイアイジー・スター生命保険株式会社」だが、自社HP内においても「AIGスター生命」という表記が混在していた)2011年には米プルデンシャル・ファイナンシャルが買収。AIGスター生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 中環駅

    中環駅から見たAIGアメリカン・インターナショナル・グループ

    J3 - AIGビル、米国銀行、和記ビル、昃臣道、香港会所ビル中環駅 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示

「AIG」のニューストピックワード