63件中 31 - 40件表示
  • プルデンシャル・ファイナンシャル

    プルデンシャル・ファイナンシャルから見たAIGAIG

    日本での「プルデンシャル」という商標権は現在、米国・Prudential Financialが保有しており、日本のプルデンシャル生命保険は、米国プルデンシャルの子会社である。また在日会社としてはジブラルタ生命(旧協栄生命)等がある。2011年2月、同業大手のAIGから、AIGエジソン生命及びAIGスター生命を継承債務込みの48億ドルで買収した。2012年度にはジブラルタ生命と統合する予定で、国内の外資系生保としては資産規模・保険料収入・保有契約ともに最大手グル-プとなる。プルデンシャル・ファイナンシャル フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク市の経済

    ニューヨーク市の経済から見たAIGAIG

    その他多数の大企業が市内に本社を置く。タイム・ワーナー、アルトリア、AIG、ファイザー、ブリストル・マイヤーズ スクイブ、ジェットブルー航空、シティグループ、DCコミック、エスティローダー、ソニー・ミュージックエンタテインメントなどがある。ゼネラル・エレクトリック社など本社でなくとも大規模な支社をニューヨークに置く会社も多い。ニューヨーク市の経済 フレッシュアイペディアより)

  • クラフトフーヅ

    クラフトフーヅから見たAIGAIG

    2008年9月22日より、AIGと入れ替わりにダウ平均株価の構成銘柄となった。クラフトフーヅ フレッシュアイペディアより)

  • 千代田生命保険

    千代田生命保険から見たAIGAIG

    アメリカン・インターナショナル・グループ - 当社の再建スポンサー、AIGスター生命を2001年に設立。2011年2月に同社をプルデンシャル・フィナンシャルへ売却した。千代田生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • GEキャピタル

    GEキャピタルから見たAIGAIG

    1997年に東邦生命保険と提携し、合弁で「GEエジソン生命保険」を設立する形で保険業に参入している。同社は1999年に経営破綻した東邦生命の保険契約をスポンサーとして承継し、2001年にクレディセゾンから買収したセゾン生命保険を合併させ業容の拡大を目指したが、2004年にAIGに売却する形で日本市場から撤退した。同社は「AIGエジソン生命保険」に社名変更のうえ、事業継続している。GEキャピタル フレッシュアイペディアより)

  • ゼネラル・エレクトリック

    ゼネラル・エレクトリックから見たAIGAIG

    2004年 - GEキャピタルは、GEエジソン生命保険の株式をAIGに売却し、日本での保険事業から撤退。AIGエジソン生命保険となる。ゼネラル・エレクトリック フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ・ポーツ・ワールド

    ドバイ・ポーツ・ワールドから見たAIGAIG

    3月初旬にはDPWがアメリカ国内での港湾運営を米国資本に売却すると説明したことが明らかになり、結局DPWはアメリカの港湾部門をAIG傘下の資産管理会社に売却して撤退している。ドバイ・ポーツ・ワールド フレッシュアイペディアより)

  • 株価大暴落

    株価大暴落から見たAIGAIG

    その後2008年9月15日、米証券4位(当時)のリーマンブラザーズの破綻と同3位のメリルリンチのバンク・オブ・アメリカによる救済合併、翌16日には、米最大の保険会社AIGの経営危機による国営化が明らかになると金融収縮の懸念をし、アメリカは緊急経済安定化法案を議会で提出する。しかし、9月29日下院で否決されるとNYダウは史上最悪となる-777ドルをつけるなど、一気に金融信用収縮が加速する。株価大暴落 フレッシュアイペディアより)

  • 安晋会

    安晋会から見たAIGAIG

    会長は吉村文吾AIG株式会社代表取締役会長、代表幹事は杉山敏隆ゴールネット株式会社代表取締役社長が務める。安晋会 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンファミリー生命保険会社

    アメリカンファミリー生命保険会社から見たAIGAIG

    なお、しばしばAIGグループ企業と勘違いされるが、実際にはグループ企業ではない。アメリカンファミリー生命保険会社 フレッシュアイペディアより)

63件中 31 - 40件表示

「AIG」のニューストピックワード