63件中 41 - 50件表示
  • ジェイティービー

    ジェイティービーから見たAIGAIG

    ジェイアイ傷害火災保険1(AIGとの合弁会社)ジェイティービー フレッシュアイペディアより)

  • プルデンシャルタワー

    プルデンシャルタワーから見たAIGAIG

    1996年(平成8年)に千代田生命が再開発事業に着手し、タワーの建設が始まったが、2000年(平成12年)秋に千代田生命が経営破綻。同社はAIGがスポンサーとなりAIGスター生命保険となったが、当時建設中だったタワーについてはプルデンシャル生命保険が買収。以後は森ビルと共同で建設が進められた。プルデンシャルタワー フレッシュアイペディアより)

  • 韓国通貨危機

    韓国通貨危機から見たAIGAIG

    2008年9月、その前年より燻り続けていたアメリカのサブプライムローン問題が表面化し、9月3日に韓国政府筋の韓国産業銀行(KDB)が、リーマン株のうち25%に当たる5-6兆ウォン(約5200-6300億円)で取得する事を明らかにしていたのであるが、9月10日になって一転、KDB側が出資協議を打ち切り、その影響を受けてリーマンブラザースが破綻、その余波を受ける形でAIGなどの金融機関が急激に経営危機に陥った(リーマンショック)。それに伴い金融市場がクレジットクランチ(信用収縮)に見舞われると市場からアメリカの通貨のドルの流通が滞り、インターバンク市場ではドル不足を招くこととなった。その煽りを受けて最もドル不足の影響を受けたのが韓国の通貨「ウォン」であった。この理由として、韓国の国際収支が2006年頃より悪化しており、特に資本収支における短期対外債務の比率が急速に高くなっていたことがあげられる。その短期対外債務の多くが償還時期を迎えた2008年9月に、先述のドル不足と相まってウォン相場は急落し、韓国のメディアでは「9月危機」との報道がなされた。外貨準備増減が0ないし小規模ならば資本収支・経常収支のどちらかが黒字でどちらかが赤字であるのが普通であるが、韓国の場合、2008年に資本収支・経常収支共に赤字(外貨準備の取り崩し)となっており、貿易黒字分の3分の2は日本に流れる様な仕組みが1997年のアジア通貨危機以来依然として変っていなかった。その中で、今回の金融危機による不況で外需の低下により、貿易赤字に陥った。韓国通貨危機 フレッシュアイペディアより)

  • メットライフ

    メットライフから見たアメリカン・インターナショナル・グループAIG

    2010年3月8日にメットライフは、米国当局の公的管理下で再建中のアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)から傘下の生保会社、アメリカン・ライフ・インシュアランス・カンパニー(アリコ)を155億ドル(約1兆4000億円)で買収することを決定。アリコは、総資産ベースで約7割を日本支社のアリコジャパンが占めている。アリコの買収によって、拠点はこれまでの17カ国から60カ国以上に、既存顧客ベースでは7000万人から9000万人となる。メットライフ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済史

    アメリカ合衆国の経済史から見たAIGAIG

    2008年、予想を超えた経済恐慌がアメリカと全世界を襲った。最も重大なことはカリフォルニア州とフロリダ州における住宅バブルが弾けたことであり、また住宅価格や建設業界が崩壊したことである。数多くのモーゲージ(抵当権、平均して20万ドル)がCDO(債務担保証券)と呼ばれる証券となり世界中で再販された。多くの銀行や巨大ファンドが数千億ドルを借金してこれらの証券を買っており、その価値が不明で誰も買おうとしないために今や「毒物」となった。アメリカ合衆国とヨーロッパの大銀行が次々と崩壊した。2008年5月、ベアー・スターンズはJPモルガン・チェースに買収され傘下に入った。また、9月15日にはリーマン・ブラザーズは6,130億ドルの負債を抱えて倒産、それを受けてバンク・オブ・アメリカはメリルリンチを吸収合併した。有数の保険会社AIG、トップ銀行のシティグループおよび2つの最大抵当権会社が政府の救済を仰いだ。ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーは投資銀行から銀行持株会社に転換を発表し当局の規制を受けながらも生き残りを模索した。合衆国議会は7,000億ドルの救済資金を拠出し(TARP)、資産家と連邦準備制度は金融システムを支えるために数兆ドルを投入したが、景気減退を覆すまでにはならなかった。連邦資金が投入されたにも拘わらず、銀行は貸付政策を劇的に引き締めた。例えば自動車ローンを得ることも難しくなった。政府は初めて大銀行の主要株主になった。株式市場は40%急落し、資産を10兆ドル減らした。住宅価格は国中で20%低下し、さらに3兆ドルを減らした。2008年遅くまでに困窮は金融や住宅部門以外にも拡がり、特にビッグスリーと言われる自動車産業(ゼネラルモーターズ、フォードおよびクライスラー)は倒産の瀬戸際にあり、小売り部門がかなりの弱さを示した。7,000億ドルの問題資産救済プログラムを批判する者は、銀行にばらまかれたその金の大半が行方不明であり、銀行もこの問題を隠していると、怒りを露わにしている。アメリカ合衆国の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・ライフ・インシュアランス・カンパニー

    アメリカン・ライフ・インシュアランス・カンパニーから見たAIGAIG

    AIGグループに属していたが、経営危機に陥りアメリカ政府の管理下に入ったAIGグループからの分離・独立が進められ、2010年3月8日に、公式ホームページに米国メットライフ社へのアリコ株式譲渡の合意について記載された。2010年11月1日付で買収手続が完了、アリコの全株式がメットライフに譲渡された。アメリカン・ライフ・インシュアランス・カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • 信用リスク

    信用リスクから見たAIGAIG

    大手保険会社は多くの取引について相手方となっているので、AIGの救済に見られるように、カウンターパーティー・リスクについて政府による対処が必要とされることがある。信用リスク フレッシュアイペディアより)

  • 日経CNBC

    日経CNBCから見たAIGAIG

    2008年9月14日(日曜日、日本時間では15日)、アメリカの証券会社リーマン・ブラザーズが経営破綻(はたん)。これに相次いで銀行業界においてバンク・オブ・アメリカによるメリルリンチの救済合併が発表され、米保険最大手AIGの経営危機が明るみに出る。日経CNBCは15日(月曜日)に特別報道体制がとられた。15日は敬老の日で休場、そのため再放送やテレビショッピングなどを中心とした番組を編成していたが、予定していた番組の一部を休止し、CNBCアジアを同時放送した。21:00過ぎからは日経CNBCのスタジオから特別番組「緊急スペシャル リーマン 経営破たん」(中断して、アメリカCNBCの番組を放送)を放送した。日経CNBC フレッシュアイペディアより)

  • 錦糸町駅

    錦糸町駅から見たAIGAIG

    アルカウェスト(AIGタワー錦糸町駅 フレッシュアイペディアより)

  • オリックス (企業)

    オリックス (企業)から見たAIGAIG

    富士火災海上保険 - AIG系の損害保険統括会社、レキシントン・インターナショナルが2010年度末に完全子会社化、上場廃止へ。オリックス (企業) フレッシュアイペディアより)

63件中 41 - 50件表示

「AIG」のニューストピックワード