119件中 11 - 20件表示
  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見た千代田生命保険

    1992年、モーリスの息子エヴァン率いるアジア太平洋部門が43年ぶりの中国市場復帰を果した。1994年AIGはロンドンに投資銀行を設立した(AIG Combined Risks Ltd.)。直接金融、再保険、デリバティブなどに関係したリスクマネジメントを提供しながら、投資先の財務状態を把握できるという事業であった。これは丸ごとグループの金融部門に配属された。1994年ロシアとウズベキスタンでもグループ企業が生まれた。1995年AIGはタタ財閥と合意して、インド市場が開かれ次第、生保もそれ以外も共同出資でやってみることになった。1998年ブラックストーン・グループへ7%資本参加したが、その代わり同社の買収用ファンドへ12億ドル投資する約束をした。1999年初めには投信会社を183億ドルで買収した(SunAmerica)。サンアメリカが保有した9000人以上のアメリカ人ブローカーが織り成す販売網はAIGの生命保険を売りまくり、AIGはサンアメリカのつくった年金商品を地球規模の生保営業網で売りさばいた。2000年11月にHSBグループを12億ドルで買収した。2001年には千代田生命保険を買収した。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たAIAグループ

    一方、AIUは日本や西ドイツを占領する米軍に保険を売っていた。戦前からフランス、ベルギー、オランダを営業地域として活動していたが、それを拡大させる機会が訪れた。欧州の同業他社が戦後の金融引き締めで動けなくなったのである。その隙にAIUが需要を獲得していった。そうして開拓した欧州ビジネスは然るべくしてアメリカ事業と相乗効果をあげていった。環太平洋ビジネスにも注力した。1947年、フィリピン・アリコ(Philippine American Life Insurance Company)を立ち上げた。これも急成長した。1948年には東南アジア事業(Intasco)を再編してスターが支配した(American International Assurance Company, AIA)。60-70年後に国際問題となるAIAのテリトリーはマレーシア、シンガポール、タイ、そして香港であった。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たゴールドマン・サックス

    2001年8月、AIGが230億ドルでヒューストンの投信会社を買収した(American General Corporation)。この会社は年金商品とミューチュアル・ファンドに強いだけでなく、1200億ドルを超える受託資産をかかえながら生保・金融市場でもアメリカの主要なプレイヤーであったので、それを買収したAIGはいよいよプルデンシャル・ファイナンシャルに追随した。翌月アメリカ同時多発テロ事件がおきて、アメリカの保険業界は500億ドルの支払義務に苛まれた。AIGはそこでゴールドマン・サックスなどの合弁会社に参加して(Chubb Corporation)、バミューダに特大の保険会社をつくった(Allied World Assurance Company Holding Ltd.)。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たAIGエジソン生命保険

    2001年12月、被保険者エンロンが破綻した。AIGとは人的関係もあった(フランク・ジョージ・ウィズナー)。エンロン・スキャンダルが報じられる間に海底ケーブルが地球の海という海に敷設されてゆき、ミューチュアル・ファンドを利用した短期取引と時間外取引で一部の金融機関が不正な利益をあげた。2003年8月、AIGはゼネラル・エレクトリック・エジソン生命を買収した。9月から短期取引と時間外取引が社会問題化して2005年にかけて厳しい規制が敷かれた。AIGの粉飾決算は2004年2月26日のニュースレターによって指摘された。10月に政府が精査する方針を明らかにした。米司法省と証券取引委員会がAIGを調べた。2005年、5億ドルの架空の損失引当金計上による粉飾、保険および証券法違反などの容疑でモーリス・グリーンバーグ会長、AIG、元CFOのハワード・スミス(Howard I. Smith)が起訴された。AIGの格付けはAAAからAA+に格下げされた。3月モーリス・グリーンバーグは会長を辞任し、後任にはマーチン・サリバン(Martin J. Sullivan)が就任した。2006年2月、16億4000万ドルを支払うことでニューヨーク州司法当局等との和解に合意した。この金額には、1980-90年代に滞納した企業年金3.4億ドルもふくまれていた。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たメットライフ生命保険

    かつてはアリコジャパン(現・メットライフ生命保険)など生命保険会社3社も傘下に収めていたが、2010年から2011年にかけて、いずれも他社に売却された。アリコジャパンは日本で最初の外資系生命保険会社として1973年より日本人向けの営業を開始した。第三分野保険にかけては、歴史的に外資系保険会社が強く、アリコもシェアが高かった。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たカール・アイカーン

    2012年12月、米財務省はAIG株を全て売却すると発表したが、ワラントは売らなかった。翌年AIGは特融を完済した。2014年バンカメがモーゲージ問題でAIGへ6.5億ドルを損害賠償した。2015年8月12日、金融危機当時に米政府がAIGの支配株を取得したのは違法とした6月の連邦請求裁判所の一審判決を不服として、政府は控訴した。2016年、AIGはモーゲージから撤退した。そして重役にジョン・ポールソンと、カール・アイカーンの部下(Samuel Merksamer)が重役となった。2017年3月、業績低迷によりピーター・ハンコック(Peter Hancock)がCEOを辞任した。このときAIGはルクセンブルクに新たな拠点を設ける方針であった。9月29日、米財務省がAIGを「システム上重要な金融機関(SIFI)」認定から外すと発表した。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たフランク・ジョージ・ウィズナー

    2001年12月、被保険者エンロンが破綻した。AIGとは人的関係もあった(フランク・ジョージ・ウィズナー)。エンロン・スキャンダルが報じられる間に海底ケーブルが地球の海という海に敷設されてゆき、ミューチュアル・ファンドを利用した短期取引と時間外取引で一部の金融機関が不正な利益をあげた。2003年8月、AIGはゼネラル・エレクトリック・エジソン生命を買収した。9月から短期取引と時間外取引が社会問題化して2005年にかけて厳しい規制が敷かれた。AIGの粉飾決算は2004年2月26日のニュースレターによって指摘された。10月に政府が精査する方針を明らかにした。米司法省と証券取引委員会がAIGを調べた。2005年、5億ドルの架空の損失引当金計上による粉飾、保険および証券法違反などの容疑でモーリス・グリーンバーグ会長、AIG、元CFOのハワード・スミス(Howard I. Smith)が起訴された。AIGの格付けはAAAからAA+に格下げされた。3月モーリス・グリーンバーグは会長を辞任し、後任にはマーチン・サリバン(Martin J. Sullivan)が就任した。2006年2月、16億4000万ドルを支払うことでニューヨーク州司法当局等との和解に合意した。この金額には、1980-90年代に滞納した企業年金3.4億ドルもふくまれていた。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たアンドリュー・クオモ

    2009年3月、AIGが幹部社員に対して総計1億6500万ドル(約162億円)にもわたるボーナスを支給すると報じられた。ニューヨーク・タイムズ紙によると、ボーナスを支給される幹部は400人。3月13日に支払われたボーナスは、400人に対し1億6500万ドル(約160億円)。ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ司法長官が17日に公表した結果によると、計73人が各100万ドル(約9800万円)超を支給され、そのうち11人はすでに退社しているという。支給額200万ドル超が22人おり、最高額は640万ドルである。これに対してバラク・オバマアメリカ大統領は「あらゆる手段を駆使してこれを阻止する」と宣言しており、アメリカ議会にて、国税である所得税においてボーナスの90%(地方税は10%相当であるから事実上は100%)を課税する法案が下院で可決され、上院で審議されている。上院のグラスリー議員は「日本の経営者にならって、頭を下げ謝罪して辞任するか、もしくは自殺するかを選んで欲しい。そうすれば私の気持ちは少しは晴れる」という発言を行い物議をかもした。一方、AIG側は「ボーナス支給は危機前の契約で決定されたもので、支払わないと法的責任が生じる」と弁明したが、社員の一部には「賞与返還要求は脅迫も同じ。脅迫に応じる道義的責任はない。」と居直り、逆に「脅迫」に反抗して法的処置を模索する動きまである。米メディアは高額ボーナスを受け取ったこれら幹部・元幹部を「AIGボーナスベイビー(bonus baby)」と揶揄している。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たパシフィック・センチュリー・グループ

    AIGジャパン・キャピタル・インベストメント - AIG Investmentsの代替投資部門。→パシフィック・センチュリー・グループに売却。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たジョン・モルガン

    フィリピンには1902年すでにIBC(International Banking Corporation)とギャランティ・トラストが支店を開いており、これらモルガン系2行は合衆国政府のフィスカル・エージェントに指名された。そして戦間期にAIUが代理した保険は、1905年のアームストロング法によりモルガン等のコンツェルンへ組み込まれたブランドであった。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

119件中 11 - 20件表示

「AIG」のニューストピックワード