57件中 11 - 20件表示
  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見た生命保険

    2006年10月現在、日本国内では生命保険会社3社と損害保険会社3社(1社はJTBとの合弁会社)などが傘下で営業しており、日本国内の従業員数は2万5000人を超え、日本に進出している外資系企業としては最大級である。しばしば、アメリカンファミリー生命(アフラック)がAIGグループだと間違えられるが、アフラックは系列ではない。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たアンドリュー・クオモ

    2009年3月、AIGが幹部社員に対して総計1億6500万ドル(約162億円)にもわたるボーナスを支給すると報じられた。ニューヨーク・タイムズ紙によると、ボーナスを支給される幹部は400人。3月13日に支払われたボーナスは、400人に対し1億6500万ドル(約160億円)。ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ司法長官が17日に公表した結果によると、計73人が各100万ドル(約9800万円)超を支給され、そのうち11人はすでに退社しているという。支給額200万ドル超が22人おり、最高額は640万ドルである。これに対してバラク・オバマアメリカ大統領は「あらゆる手段を駆使してこれを阻止する」と宣言しており、アメリカ議会にて、国税である所得税においてボーナスの90%(地方税は10%相当であるから事実上は100%)を課税する法案が下院で可決され、上院で審議されている。また上院のグラスリー議員は「日本の経営者にならって、頭を下げ謝罪して辞任するか、もしくは自殺するかを選んで欲しい。そうすれば私の気持ちは少しは晴れる」という発言を行い物議をかもした。一方、AIG側は「ボーナス支給は危機前の契約で決定されたもので、支払わないと法的責任が生じる」と弁明したが、社員の一部には「賞与返還要求は脅迫も同じ。脅迫に応じる道義的責任はない。」と居直り、逆に「脅迫」に反抗して法的処置を模索する動きまである。米メディアは高額ボーナスを受け取ったこれら幹部・元幹部を「AIGボーナスベイビー(bonus baby)」と揶揄している。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たロンドン銀行間取引金利

    FRBは当初、リーマン破綻時と同様に民間金融機関同士で資金の調達するよう促し、ゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースなどに融資を持ちかけていた。しかし、民間金融機関はAIGを支援するだけの資金の余力はなく融資を拒否した。AIGが破綻することにより4000億ドルのCDSなどが顧客や市場に多大な影響を及ぼすことを危惧したFRBは方針を転換し、AIGの資産を担保とし、最大で850億ドルを融資することを決定した。また、これと引き換えに、アメリカ政府がAIGの株式の79.9%を取得する権利を確保し、政府の管理下で経営再建が行われることとなった。なお、AIGには当初、融資枠の850億ドルのうち借りなかった分については8.5%、実際に借りた分にはロンドン銀行間取引金利(LIBOR)に8.5%を加えた金利が課されることになったが、11月10日に発表された追加救済策ではLIBOR+3%に引き下げられた。なお、この金利はその後の追加支援策により、LIBORの水準にまで引き下げられた。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たロンドン

    欧州においてはロンドンのクロイドンに、アジアにおいては中華人民共和国の香港に本拠を置いている。2004年4月8日より2008年9月21日までダウ平均株価の構成銘柄の1つであった。株式はNYSE・東証・アイルランド証券取引所に上場している。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たサブプライムローン

    2007年にアメリカでサブプライムローン問題による金融危機が起こった。AIGもサブプライム関連の金融商品を抱えていたため例外ではなく、住宅価格の低下や金融商品の格下げの影響を受け多額の損失を抱えた。損失額は2008年通期で992億9000万ドルとなり、アメリカ企業史上最大の赤字額となった。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たフォーブス (雑誌)

    米経済誌『フォーブス』が2007年3月29日に発表したForbes Global 2000(世界優良企業2000社番付)2007年版では全業種通算で世界第6位に、保険セクターでは第1位にランキングされている。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見た傷害保険

    がん保険、医療保険、傷害保険といった生保と損保の中間部分の保険を第三分野保険という。これは歴史的に外資系保険会社が強く、かつてのグループであるアリコもその分野でのシェアは高かった。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見た損害保険

    2006年10月現在、日本国内では生命保険会社3社と損害保険会社3社(1社はJTBとの合弁会社)などが傘下で営業しており、日本国内の従業員数は2万5000人を超え、日本に進出している外資系企業としては最大級である。しばしば、アメリカンファミリー生命(アフラック)がAIGグループだと間違えられるが、アフラックは系列ではない。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見た上海

    1919年、カリフォルニア州出身の起業家コーネリアス・バンダー・スターが中華民国の上海で創業した損害保険代理店 (AAU) が始まりである。スターは上海で中国人に保険を売った最初の西洋人だった。スターは、中国大陸での事業に成功後、アジア・ラテンアメリカ・ヨーロッパ・中東へと事業を拡大していった。1967年、持株会社として が設立され、1969年に株式を公開する。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見た保険

    アメリカン・インターナショナル・グループ(, AIG)は、アメリカ合衆国ニューヨークに本拠を置く保険会社。130以上の国・地域で事業を展開し、約10万人の従業員が働いている。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

57件中 11 - 20件表示

「AIG」のニューストピックワード