57件中 21 - 30件表示
  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見た2009年

    2009年8月10日にエドワード・リディはCEO兼会長を辞任し、後任にはロバート・H・ベンモシェ(元メットライフCEO)が就任した。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たアメリカンファミリー生命保険会社

    2006年10月現在、日本国内では生命保険会社3社と損害保険会社3社(1社はJTBとの合弁会社)などが傘下で営業しており、日本国内の従業員数は2万5000人を超え、日本に進出している外資系企業としては最大級である。しばしば、アメリカンファミリー生命(アフラック)がAIGグループだと間違えられるが、アフラックは系列ではない。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見た連邦準備制度

    リーマン・ブラザーズが経営破綻を起こした2008年9月15日、ニューヨーク・タイムズ紙は信用格下げに直面しているAIGが連邦準備制度理事会(FRB)に対し400億ドルのつなぎ融資の打診をしている(FRBはこの融資を断っていた)と報じるなど、AIGの経営危機説が急浮上した。市場では次はAIGが破綻するとの懸念が広がり、株価は60%以上も下落、翌16日には一時株価が1.25ドルにまで下落した。AIGは経営危機を回避するために最大で750億ドルの調達を急いでおり、17日までに資金調達の目処がたたなければ、連邦倒産法第11章を申請する以外に手段はなくなるとの報道があった。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たAIGスター生命保険

    AIGスター生命保険 - 千代田生命の営業を承継。→プルデンシャル・ファイナンシャルに売却(2011年2月)アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たAIU保険会社

    AIU保険会社 - チャーティス傘下の保険会社として自動車保険や海外旅行保険などを展開。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たジェイアイ傷害火災保険

    ジェイアイ傷害火災保険 - 50%出資。JTBグループとの合弁会社。旅行傷害保険などを展開。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たリーマン・ブラザーズ

    リーマン・ブラザーズが経営破綻を起こした2008年9月15日、ニューヨーク・タイムズ紙は信用格下げに直面しているAIGが連邦準備制度理事会(FRB)に対し400億ドルのつなぎ融資の打診をしている(FRBはこの融資を断っていた)と報じるなど、AIGの経営危機説が急浮上した。市場では次はAIGが破綻するとの懸念が広がり、株価は60%以上も下落、翌16日には一時株価が1.25ドルにまで下落した。AIGは経営危機を回避するために最大で750億ドルの調達を急いでおり、17日までに資金調達の目処がたたなければ、連邦倒産法第11章を申請する以外に手段はなくなるとの報道があった。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見た東京証券取引所

    欧州においてはロンドンのクロイドンに、アジアにおいては中華人民共和国の香港に本拠を置いている。2004年4月8日より2008年9月21日までダウ平均株価の構成銘柄の1つであった。株式はNYSE・東証・アイルランド証券取引所に上場している。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たゴールドマン・サックス

    FRBは当初、リーマン破綻時と同様に民間金融機関同士で資金の調達するよう促し、ゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースなどに融資を持ちかけていた。しかし、民間金融機関はAIGを支援するだけの資金の余力はなく融資を拒否した。AIGが破綻することにより4000億ドルのCDSなどが顧客や市場に多大な影響を及ぼすことを危惧したFRBは方針を転換し、AIGの資産を担保とし、最大で850億ドルを融資することを決定した。また、これと引き換えに、アメリカ政府がAIGの株式の79.9%を取得する権利を確保し、政府の管理下で経営再建が行われることとなった。なお、AIGには当初、融資枠の850億ドルのうち借りなかった分については8.5%、実際に借りた分にはロンドン銀行間取引金利(LIBOR)に8.5%を加えた金利が課されることになったが、11月10日に発表された追加救済策ではLIBOR+3%に引き下げられた。なお、この金利はその後の追加支援策により、LIBORの水準にまで引き下げられた。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たAIGエジソン生命保険

    AIGエジソン生命保険 - 東邦生命の営業を承継。旧GEエジソン生命。→プルデンシャル・ファイナンシャルに売却(2011年2月)アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

57件中 21 - 30件表示

「AIG」のニューストピックワード