119件中 51 - 60件表示
  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たバークシャー・ハサウェイ

    バークシャー・ハサウェイ - AIGの抱えきれなくなったリスクを有償で引受けている(アスベストなど)。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たニューヨーク・タイムズ

    AIGは夏の終わりごろ145億ドルの支払不能に陥った。リーマン・ブラザーズが経営破綻を起こした2008年9月15日、ニューヨーク・タイムズ紙は信用格下げに直面しているAIGが連邦準備制度理事会(FRB)に対し400億ドルのつなぎ融資を打診していると報じたが、FRBが融資を断っていたことなどからAIGの経営危機説が急浮上した。市場で破綻の懸念が広がり、株価は60パーセント以上も下落、翌16日には一時株価が1.25ドルにまで下落した。AIGは最大で750億ドルの調達を急いでおり、17日までに資金調達の目処がたたなければ、連邦倒産法第11章を申請する以外に手段はなくなるとの報道があった。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たマレーシア

    一方、AIUは日本や西ドイツを占領する米軍に保険を売っていた。戦前からフランス、ベルギー、オランダを営業地域として活動していたが、それを拡大させる機会が訪れた。欧州の同業他社が戦後の金融引き締めで動けなくなったのである。その隙にAIUが需要を獲得していった。そうして開拓した欧州ビジネスは然るべくしてアメリカ事業と相乗効果をあげていった。環太平洋ビジネスにも注力した。1947年、フィリピン・アリコ(Philippine American Life Insurance Company)を立ち上げた。これも急成長した。1948年には東南アジア事業(Intasco)を再編してスターが支配した(American International Assurance Company, AIA)。60-70年後に国際問題となるAIAのテリトリーはマレーシア、シンガポール、タイ、そして香港であった。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たエンロン

    ガルシアショックがAIGを震撼させていた。1986年8月、AIGはエンロンとの保険契約を突然解約して保険料を突き返した。7ヶ月後ペルー政府はエンロンの完全子会社(Belco Inc.)を接収してしまった。3ヵ月後エンロンは2億ドルの損害を申告した。AIGとエンロンは年内に妥協することができなかった。紛争が仲裁機関に送られ、結局1988年の裁定により、AIGおよびその他保険者がエンロンに保険金1億6200万ドルを支払うことになったのである。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たパーセント

    AIGは夏の終わりごろ145億ドルの支払不能に陥った。リーマン・ブラザーズが経営破綻を起こした2008年9月15日、ニューヨーク・タイムズ紙は信用格下げに直面しているAIGが連邦準備制度理事会(FRB)に対し400億ドルのつなぎ融資を打診していると報じたが、FRBが融資を断っていたことなどからAIGの経営危機説が急浮上した。市場で破綻の懸念が広がり、株価は60パーセント以上も下落、翌16日には一時株価が1.25ドルにまで下落した。AIGは最大で750億ドルの調達を急いでおり、17日までに資金調達の目処がたたなければ、連邦倒産法第11章を申請する以外に手段はなくなるとの報道があった。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たフィリピン

    フィリピンには1902年すでにIBC(International Banking Corporation)とギャランティ・トラストが支店を開いており、これらモルガン系2行は合衆国政府のフィスカル・エージェントに指名された。そして戦間期にAIUが代理した保険は、1905年のアームストロング法によりモルガン等のコンツェルンへ組み込まれたブランドであった。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たロスチャイルド

    2007年8-10月、AIGの子会社がヴュルテンベルク=バイエルン保険(Württembergische und Badische Versicherung)を買収した。2008年5月下旬、グループのヨーロッパ総合保険部門(UNAT)がイギリス金融当局から126万ドルの罰金を課された。2009年、AIGプライベート・バンクが先述のスイス銀行(Falcon Private Bank)を買収、同行が後の1MDBスキャンダルで問題化した。2010年、特別取締役会委員会は投資銀行のロスチャイルドを独立アドバイザーとして起用した。2011年2月にはニューヨーク連邦準備銀行のブライアン・ピーターズ(Brian Peters)を雇い事業リスクマネジメントを担当させた。2012年4月、サンアメリカCFOのメアリー(Mary Jane Fortin)がヒューストンを地盤とするアメリカン・ジェネラルの社長にジェームズ・メロン(James Mallon)を指名した。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たイギリス

    1919年、カリフォルニア州出身のコーネリアス・バンダー・スター(Cornelius Vander Starr)が中華民国の上海で保険代理店(American Asiatic Underwriters, AAU, later, part of American International Underwriters, AIU)を出した。1921年スターは旅行先のニューヨークで自分の保険を売ってくれる店をいくつか見つけた(Globe & Rutgers Fire Insurance Company, etc.)。同年さらにアリコ(American Life Insurance Company, ALICO)を設立した。その後ピッツバーグでも販路を得た(National Union Fire Insurance Company of Pittsburgh, PA)。1931年、イギリス人と中国人をパートナーに東南アジア市場開拓を企てた(International Assurance Company, Intasco)。1932年、スターはラテンアメリカへ事業を拡大し、AIUニューヨーク事務所のジョージ(George Moszkowski)が同業の中米とカリブ海で持っている資産を買収しようと交渉した。1939年、AIU本部をニューヨークへ移転した。社内対立がおこった結果、AIUのヨーロッパ事業は縮小(イタリア・ドイツ・イギリス)、かわりに中米で拡大路線をとった。1940年キューバの中南米地域本部を設け、追ってすぐ南米にも5,6の事務所をつくった。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たネーデルラント

    2010年AIAグループが特融返済資金を集める目的で香港証券取引所に上場した。AIAはネーデルラント資本に組み込まれた。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たラテンアメリカ

    1919年、カリフォルニア州出身のコーネリアス・バンダー・スター(Cornelius Vander Starr)が中華民国の上海で保険代理店(American Asiatic Underwriters, AAU, later, part of American International Underwriters, AIU)を出した。1921年スターは旅行先のニューヨークで自分の保険を売ってくれる店をいくつか見つけた(Globe & Rutgers Fire Insurance Company, etc.)。同年さらにアリコ(American Life Insurance Company, ALICO)を設立した。その後ピッツバーグでも販路を得た(National Union Fire Insurance Company of Pittsburgh, PA)。1931年、イギリス人と中国人をパートナーに東南アジア市場開拓を企てた(International Assurance Company, Intasco)。1932年、スターはラテンアメリカへ事業を拡大し、AIUニューヨーク事務所のジョージ(George Moszkowski)が同業の中米とカリブ海で持っている資産を買収しようと交渉した。1939年、AIU本部をニューヨークへ移転した。社内対立がおこった結果、AIUのヨーロッパ事業は縮小(イタリア・ドイツ・イギリス)、かわりに中米で拡大路線をとった。1940年キューバの中南米地域本部を設け、追ってすぐ南米にも5,6の事務所をつくった。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

119件中 51 - 60件表示

「AIG」のニューストピックワード