119件中 61 - 70件表示
  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たオランダ

    一方、AIUは日本や西ドイツを占領する米軍に保険を売っていた。戦前からフランス、ベルギー、オランダを営業地域として活動していたが、それを拡大させる機会が訪れた。欧州の同業他社が戦後の金融引き締めで動けなくなったのである。その隙にAIUが需要を獲得していった。そうして開拓した欧州ビジネスは然るべくしてアメリカ事業と相乗効果をあげていった。環太平洋ビジネスにも注力した。1947年、フィリピン・アリコ(Philippine American Life Insurance Company)を立ち上げた。これも急成長した。1948年には東南アジア事業(Intasco)を再編してスターが支配した(American International Assurance Company, AIA)。60-70年後に国際問題となるAIAのテリトリーはマレーシア、シンガポール、タイ、そして香港であった。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見た中華人民共和国

    第二次世界大戦中の1941年、日本軍が上海を占領したとき、AIUの中国人会計士(Koong-Kai Tse, died March 9, 1998)が自社の記録を保管させてもらえるよう交渉した。終戦後、上海事務所は彼の手引きにより営業を再開した。しばらくは利益をあげたが、やがて見通しが悪くなった(国共内戦の影響)。そこで1949年に主な従業員と記録をアジア地域本部(香港)へ移した。毛沢東政権の1950年後半にAIUは中華人民共和国から撤退した。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見た世界金融危機 (2007年-)

    2007年にアメリカでサブプライムローン問題による金融危機が起こった。AIGもサブプライム関連の金融商品を20年以上前から抱えていた。そのため、住宅価格の低下や金融商品の格下げの影響を受け多額の損失を抱えた。AIGの地球規模が災いして、損失額は2008年通期で992億9000万ドルとなり、アメリカ企業史上最大の赤字額となった。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たイタリア

    1919年、カリフォルニア州出身のコーネリアス・バンダー・スター(Cornelius Vander Starr)が中華民国の上海で保険代理店(American Asiatic Underwriters, AAU, later, part of American International Underwriters, AIU)を出した。1921年スターは旅行先のニューヨークで自分の保険を売ってくれる店をいくつか見つけた(Globe & Rutgers Fire Insurance Company, etc.)。同年さらにアリコ(American Life Insurance Company, ALICO)を設立した。その後ピッツバーグでも販路を得た(National Union Fire Insurance Company of Pittsburgh, PA)。1931年、イギリス人と中国人をパートナーに東南アジア市場開拓を企てた(International Assurance Company, Intasco)。1932年、スターはラテンアメリカへ事業を拡大し、AIUニューヨーク事務所のジョージ(George Moszkowski)が同業の中米とカリブ海で持っている資産を買収しようと交渉した。1939年、AIU本部をニューヨークへ移転した。社内対立がおこった結果、AIUのヨーロッパ事業は縮小(イタリア・ドイツ・イギリス)、かわりに中米で拡大路線をとった。1940年キューバの中南米地域本部を設け、追ってすぐ南米にも5,6の事務所をつくった。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見た郵便

    創業者は15歳で1907年恐慌を経験、成人すると下積みとして郵便に従事した(Pacific Mail Steamship Company)。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たクレジット・デフォルト・スワップ

    FRBは当初、リーマン破綻時と同様に民間金融機関同士で資金の調達するよう促し、ゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースなどに融資を持ちかけていた。しかし、民間金融機関はAIGを支援するだけの資金の余力はなく融資を拒否した。AIGが破綻すれば、4000億ドルのCDSなどが顧客や市場に多大な影響を及ぼすかもしれなかった。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見た第三分野保険

    かつてはアリコジャパン(現・メットライフ生命保険)など生命保険会社3社も傘下に収めていたが、2010年から2011年にかけて、いずれも他社に売却された。アリコジャパンは日本で最初の外資系生命保険会社として1973年より日本人向けの営業を開始した。第三分野保険にかけては、歴史的に外資系保険会社が強く、アリコもシェアが高かった。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たメロン財閥

    1960年代後半AIUは他社の買収と再編成を推進した。このころピッツバーグにある火災保険会社の支配権を握った(National Union Fire Insurance Company of Pittsburgh, PA)。この会社はメロン財閥と人的関係があった。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たシンガポール

    一方、AIUは日本や西ドイツを占領する米軍に保険を売っていた。戦前からフランス、ベルギー、オランダを営業地域として活動していたが、それを拡大させる機会が訪れた。欧州の同業他社が戦後の金融引き締めで動けなくなったのである。その隙にAIUが需要を獲得していった。そうして開拓した欧州ビジネスは然るべくしてアメリカ事業と相乗効果をあげていった。環太平洋ビジネスにも注力した。1947年、フィリピン・アリコ(Philippine American Life Insurance Company)を立ち上げた。これも急成長した。1948年には東南アジア事業(Intasco)を再編してスターが支配した(American International Assurance Company, AIA)。60-70年後に国際問題となるAIAのテリトリーはマレーシア、シンガポール、タイ、そして香港であった。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見た兜町

    1987年AIGから2人の幹部が他社へ移った。ピッツバーグを地盤とするナショナル・ユニオン社長のジョセフ(Joseph P. DeAlessandro)とアメリカン・ホーム社長のデニス(Dennis Busti)である。ジョセフの後釜はモーリスの息子(Jeffrey W. Greenberg)であった。デニスの後継は違うジョセフで(Joseph R. Wiedemann)、ボストンの子会社レキシントン保険で社長をやっていた男であった。1990年までにAIGは兜町とシティとパリとチューリッヒの証券取引所へ上場した。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

119件中 61 - 70件表示

「AIG」のニューストピックワード