前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
557件中 1 - 10件表示
  • Java

    Javaから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    1990年頃、サンのエンジニア、パトリック・ノートンは、自社のプログラミング言語C++とCのアプリケーションプログラミングインタフェース(API)と開発ツールに不満を募らせていた。その頃、NeXTが注目を浴びていたことがきっかけとなって、ノートンはサンでプログラミング環境の開発の仕事をすることになった。NeXTワークステーションと、その環境であるNEXTSTEPでは、主力の言語としてObjective-Cが開発されていた(余談になるが、その「直系の子孫」に当たるのは、macOSおよびiOSと、Swiftである)。こうした経緯のなかで「ステルスプロジェクト」が始まった。Java フレッシュアイペディアより)

  • MobileApps

    MobileAppsから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    MobileAppsは、株式会社エンターモーションにより開発されたクラウド型のモバイルコンテンツ管理システム (CMS)。スマートフォンからフィーチャーフォンまでマルチデバイスに対応。MobileAppsは、モバイルサイト開発や運営に必要な基本機能を搭載したMobileAppsエンジンと、これを強化する追加プログラムであるMobileAppsプラグインの2つの製品がある。MobileAppsエンジンは、APIを公開しており、このAPIへ接続するプラグインにより、その機能を誰でも拡張することができる。MobileAppsプラグインにより、MobileAppsエンジンを強化する事で、サービス仕様に依存せずに、様々なモバイルサイトをマルチデバイスへ対応させて構築することができる。MobileApps フレッシュアイペディアより)

  • Carbon

    Carbonから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    Carbon(カーボン)は、旧来のMac OSのToolbox API(Application Programming Interface)をMac OS X用に整理・移植したAPIであり、従来のMac OS用アプリケーションをMac OS X向けに移植しやすくするために開発された。Carbon フレッシュアイペディアより)

  • Extensible Markup Language

    Extensible Markup Languageから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    プログラムからXML文書を処理する方法として、Document Object Model (DOM) や Simple API for XML (SAX) などのアプリケーションプログラミングインタフェース (API) が標準化されている。Extensible Markup Language フレッシュアイペディアより)

  • Java OpenGL

    Java OpenGLから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    JOGLではC言語で使えるOpenGLのほぼ全ての機能をJNIによりJava言語で直接使えるようにしている。JNIのソースコードは同開発元のライブラリによって自動的に生成されていて、C言語と大差ない感覚で使えるが、Java 3DなどのJavaライブラリほどローレベルなAPIを隠さず、オブジェクト指向に沿った構造ではない。そのため、低オーバヘッドによる高速な実行が期待できるほか、C言語のコードをほぼそのままJavaへ移行できるが、代わりにソースコードは単調で長くなる傾向にある。Java OpenGL フレッシュアイペディアより)

  • ローダブル・カーネル・モジュール

    ローダブル・カーネル・モジュールから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    概要で述べた通り、通常カーネル内にある関数名、構造体名などのシンボルはカーネルの外からは直接見えない。LKMのロードにはシンボル解決が必要であるが、シンボル解決するためにはinsmod等のモジュールローダを起動し、様々なチェックに通る必要がある。この時前述の通り、MODULE_LICENSEマクロにある文字列がチェックされる。シンボル名は通常、EXPORT_SYMBOLまたは、GPLにライセンスされたモジュールのみが参照可能なEXPORT_SYMBOL_GPLマクロに記述する。このマクロに記述されたシンボル名はモジュールローディング時にモジュールから参照できるようになるが、あらゆるライセンス用に提供されるEXPORT_SYMBOLとは異なり、EXPORT_SYMBOL_GPLマクロはプロプライエタリなモジュールからは一切参照できない。すなわちプロプライエタリなモジュールを作成する場合はEXPORT_SYMBOL_GPLマクロでエクスポートされている関数を利用できないことになる。プロプライエタリなモジュールを作成する企業にとっては、これは前述の汚染フラグとは比べものにならないほど厳しい制限に思える。しかし、Linuxカーネル開発者にとってはカーネル内の重要な処理に関する決定のイニシアティブを一貫してLinuxカーネルコミュニティが持つことができるという大きな利点がある。プロプライエタリなドライバはソースコードがない、もしくは自由な改変を許可していないものが多く、状況によりカーネルのAPIをはじめとして最新のカーネル開発状況に追随できていないものが存在する。そのようなドライバによるバグやシステムクラッシュが発生したとしてもソースコードを改変できないため、Linuxカーネルコミュニティ側では全く解決できない。これは昔からコミュニティの悩みの種となっているため、カーネル内の極めて重要なオブジェクトや、問題がひとたび発生するとシステムがクラッシュするような処理を最初からバイナリオンリードライバには実行できないようにしようとしたのである。ローダブル・カーネル・モジュール フレッシュアイペディアより)

  • UNIX

    UNIXから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    BSD UNIXはAT&Tから公式に配布許可を得たUNIXのバリエーションであり、入手のためにはまずAT&T UNIXのソースライセンスを得た上でバークレー校とのあいだでライセンス契約を結ぶ必要があった。当時はUNIXのライセンス費が教育機関向けには非常に安く、また同校のライセンス費も実費程度であったのでBSD Unixは広く普及した。BSDベースの商用UNIXも登場したが、これはAT&Tからバイナリ再配布ライセンスを得て販売されていたのであり、ソースコードは付属しておらず、カーネル再構成用にリロケータブルオブジェクトファイル(.oファイル)が添付されていた。なお、BSD開発の中心となったのが、後にサン・マイクロシステムズの設立メンバーとなるビル・ジョイである。BSDライセンスの許容的性質からBSDのコードは商用製品にも取り入れられ、AT&Tの System Vや初期のMicrosoft WindowsでBSDのTCP/IPのコードが使われた。それに伴うソケットAPIはネットワークAPIのデファクトスタンダードとなった。UNIX フレッシュアイペディアより)

  • Drupal

    Drupalから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    その性能がコンテンツ管理から、幅広いサービスや商取引を可能にするにまで及ぶことから、Drupalは時々「ウェブアプリケーションフレームワーク」であると評される。Drupalは洗練されたプログラミングインタフェースを提供するものの、基本的なウェブサイトの設置と管理はプログラミングなしに成し遂げることができる。Drupalは一般に、最も優れたWeb 2.0フレームワークの一つであると考えられている。Drupal フレッシュアイペディアより)

  • Simple API for XML

    Simple API for XMLから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    Simple API for XML(SAX、サックス)とは、XML文書をアプリケーションソフトウェアから利用するためのAPISimple API for XML フレッシュアイペディアより)

  • HDi

    HDiから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    Advanced Content はDVDフォーラムが、メニュー、ブックマーク、ピクチャ・イン・ピクチャ、追加コンテンツやゲームなどの HD DVD のインタラクティブ機能のために定義した仕様である。Advanced Content の実装では、タイマ、ユーザー入力(リモコンなど)などの機能が提供される。また、ネットワークにアクセスして追加コンテンツをダウンロードしたり、2次記憶装置上のブックマークなどの情報にアクセスしたりできる。Advanced Content はHTMLに似たXMLベースのマークアップ言語を使って書かれ、アプリケーションのロジックはECMAScriptを使って書かれる。Advanced Content が提供する機能は ECMAScript のAPIから利用できる。表示スタイルの設定には XSL-FO をベースとしたXMLマークアップが使われ、タイマの設定にはSMILが使われる。Advanced Content のアプリケーション作成時には XPath を使うこともできる。HDi フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
557件中 1 - 10件表示

「API」のニューストピックワード