557件中 21 - 30件表示
  • Sound Blaster

    Sound Blasterから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    1998年に登場したSound Blaster Live! 以降の製品については、WindowsにおけるDirectSound等のサウンドAPIのハードウェアアクセラレーションによる負荷の軽減を主眼としたものであり、いくつものバリエーションがあるが、現状ではDVD鑑賞などの多チャンネル再生を意識したLive!シリーズ、Live!よりも3D音声処理に優れたAudigyシリーズ、コアなゲーマー向けのより高性能なハードウェア処理を実現したX-Fiシリーズなどがある。Sound Blaster フレッシュアイペディアより)

  • App.net

    App.netから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    App.netの最も目立つ特徴はその収益源にあり、方針として「ユーザーと開発者のためのサービス」を打ち出している通り、App.netの運営母体であるMixed Media LabsはTwitterのような広告表示による収益ではなく、完全にユーザーからの出資(アカウント利用料)によって運営費をまかなっている。そのためApp.netのウェブクライアントのインターフェイスは高級感を意識した非常にすっきりとしたデザインでまとめられており、また広告表示が無いため雑多な印象が無くユーザーに洗練された印象を与えることができている。また、収益源をユーザーからの出資のみに頼る方針の成果はサービスのオープン性にも見られ、App.netがサードパーティーアプリケーションの利用を奨励している通りそのサービス(API)は様々なアプリケーションで利用可能となっている。これは類似サービスであるTwitterとは正反対の性質であり、広告収入に頼るあまりサービスのオープン性がサービス開始当初よりも落ちている2013年1月現在のTwitterの現状に習ったものであると見られている。App.net フレッシュアイペディアより)

  • NeXT

    NeXTから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    NEXTSTEPの主要なAPIは、後にOPENSTEPとして標準化された。NeXTは1993年にハードウェア事業から撤退し、いくつかのOEMへのOPENSTEP仕様販売と自社製の実装の販売に注力するようになった。NeXTはまた、世界初の企業向けWebアプリケーションフレームワークWebObjectsの開発でも知られている。WebObjectsは5万ドルと高価だったために広く普及することはなかったが、Webページの動的生成に基づいた初期のWebサーバとして特筆すべき例であった。アップルは1996年12月20日、4億2900万ドルでNeXTを買収し、現行のmacOSの大部分はNeXTSTEPを基盤として開発された。WebObjectsは、かつてOS X ServerおよびXcodeの付属ソフトであった。NeXT フレッシュアイペディアより)

  • Advanced SCSI Programming Interface

    Advanced SCSI Programming Interfaceから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    ホストアダプタのドライバにアクセスするための APIAdvanced SCSI Programming Interface フレッシュアイペディアより)

  • ハッカソン

    ハッカソンから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    ハッカソン(、別名:,,)とはソフトウェア開発分野のプログラマやグラフィックデザイナー、ユーザインタフェース設計者、プロジェクトマネージャらが集中的に作業をするソフトウェア関連プロジェクトのイベントである。個人ごとに作業する場合、班ごとに作業する場合、全体で一つの目標に作業する場合などがある。時にはハードウェアコンポーネントを扱うこともある。ハッカソンは1日から一週間の期間で開催することがある。いくつかのハッカソンは単に教育や社会的な目的を意図に開催する。使用に耐えるソフトウェアの開発や既存のソフトウェアを改善することを目標としている場合もある。また、使用プログラミング言語、オペレーティングシステム、アプリケーション、API、主題や参加プログラマーの人数を定める場合がある。ハッカソン フレッシュアイペディアより)

  • iconv

    iconvから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    iconv(アイコンブ)は異なる文字コード間の相互変換を行う標準API。または、そのAPIに付属する文字コード変換プログラム。名前は「International Codeset Conversion Library」に由来する。iconv フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows NT

    Microsoft Windows NTから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    安定した動作を要求される業務用途をメインに考えて設計された為か、Windows NT 4.0まではWindows 9x系に比べてマルチメディア系の機能やゲームAPIのDirectX(Windows NT 4.0で一部対応)、ACPIやPnP、USBやIEEE 1394等の新しい規格への対応はなされていなかった。Microsoft Windows NT フレッシュアイペディアより)

  • ビットマップ画像

    ビットマップ画像から見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    ピクセルの集まりに過ぎないラスター表現では幾何図形を直接表現することはできず、ベクターイメージを「ラスタライズ」または「スキャン変換」と呼ばれる処理によってラスターイメージに変換する必要がある。例えば、良く知られた線分のラスタライズ法のひとつにブレゼンハムのアルゴリズムがある。一般的なコンピュータシステムでは、ラスタライズ処理はグラフィックスAPIのソフトウェアやGPUハードウェア、プリンターが内蔵するラスターイメージプロセッサ(RIP)によっておこなわれる。なお、3次元コンピュータグラフィックスなど、ラスタライズ工程を部分として含むのみ(例えばOpenGLのグラフィックスパイプラインなど)の場合では、画像処理全体は「レンダリング」と呼ぶことが多い。ビットマップ画像 フレッシュアイペディアより)

  • CUBRID

    CUBRIDから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    CUBRIDは、オープンソースライセンスを採用している。サーバーエンジンには、GPLv2以降を、GUIツールであるCUBRID Managerと応用インターフェース(API)にはBSDライセンスを採用している。アプリケーションプログラミングインタフェースにBSDライセンスを採用することで、ソフトウェアベンダーがCUBRIDベースの応用プログラムをより自由に開発、配布できるようにした。CUBRID フレッシュアイペディアより)

  • Windows Identity Foundation

    Windows Identity Foundationから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    Windows Identity Foundation (WIF) は、マイクロソフトが開発したクレームベース認証に対応のアプリケーションを構築するためのフレームワーク。ASP.NETまたはWCFベースのセキュリティトークンサービスを構築するためのAPIと、クレーム対応および連合可能なアプリケーションを構築するためのツールを提供する。バージョン1.0では独立した製品として公開されたが、現在は.NET Framework 4.5の一部として構成されている。Windows Identity Foundation フレッシュアイペディアより)

557件中 21 - 30件表示