445件中 61 - 70件表示
  • OpenTP1

    OpenTP1から見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    そのため、X/Openに準拠したAPIを使用でき、X/OpenのXAインタフェースに準拠したDBMSなどの各種リソースマネジャと接続することが可能となっている。OpenTP1 フレッシュアイペディアより)

  • ウィキソフトウェア

    ウィキソフトウェアから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    大部分のウィキソフトウェアはオープンソースであり、GPLなどのフリーなライセンスのもとで利用できる。TWikiやMediaWiki(ウィキペディアで使われている)などの大規模なプロジェクトでも共同作業で開発がなされている。多くのウィキはモジュール性が高いもので、プログラマがそのコード全体を理解しなくても新しい機能を開発できるようAPIが用意されている。ウィキソフトウェア フレッシュアイペディアより)

  • サービス・ロケーション・プロトコル

    サービス・ロケーション・プロトコルから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    1999 年 6 月に発行された RFC 2614 には C による SLP の API (アプリケーション・プログラミング・インタフェース) の例が紹介されている。主要な関数の仕様は下記のとおりである。サービス・ロケーション・プロトコル フレッシュアイペディアより)

  • Desktop Management Interface

    Desktop Management Interfaceから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションソフトが呼び出すAPI (MI:Management Interface)Desktop Management Interface フレッシュアイペディアより)

  • virt-manager

    virt-managerから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    仮想機械の管理は、libvirt と呼ばれる APIを使用することにより、どのような仮想機械でも管理できるように設計されており libvirt 上でのAPIが提供される限りは仮想機械の実装に関係なく対応できる。そして、仮想機械のインストールは、関連ツールであるvirt-installをライブラリとして、用いている。virt-manager フレッシュアイペディアより)

  • .NET Remoting

    .NET Remotingから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    .NET Remoting は、.NET Framework 1.0 の一部としてリリースされたマイクロソフトのプロセス間通信APIである。16ビット版WindowsのOLE(1990年)から始まるマイクロソフトの一連の技術開発の1つである。.NET Remoting に至るまでには以下のような技術が開発されてきた。.NET Remoting フレッシュアイペディアより)

  • Multimedia Home Platform

    Multimedia Home Platformから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    DVB-J(DVB-Java)の方がずっと一般的である。この場合、アプリケーションは MHP APIを使ってJavaで書かれ、クラスファイル群が放送時に配信される。DVB-Java アプリケーションを "Xlet" とも呼ぶ。これはアプレットと似た概念であり、サンが JavaTV 仕様の中で使い始めた用語である。アプレットと同様、Xlet インタフェースでは外部ソース(MHP準拠のテレビの場合、テレビ内のアプリケーションマネージャ)がアプリケーションの起動・停止を制御できる。Multimedia Home Platform フレッシュアイペディアより)

  • Open Data-Link Interface

    Open Data-Link Interfaceから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    Open Data-Link Interface (ODI) とは、ノベルとアップルコンピュータが開発した、ネットワークカードのAPIである。マイクロソフトとスリーコムのNetwork Driver Interface Specification (NDIS) に相当する。当初、ODI は NetWare と Macintosh 向けに作られた。 NDIS と同様、ODI はプロトコルスタックとネットワークカードの間のベンダー中立なインタフェースを確立する規則を提供する。OSI参照モデルでは、第2層であるデータリンク層に相当する。また、1種類のカード(ドライバ)に対して複数のプロトコルスタックを対応させることも可能である(逆も同様に可能)。Open Data-Link Interface フレッシュアイペディアより)

  • Network Driver Interface Specification

    Network Driver Interface Specificationから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    Network Driver Interface Specification (NDIS) は、ネットワークカードのためのAPIの一種である。マイクロソフトとスリーコムが共同で開発し、主に Microsoft Windows で使われているが、オープンソースの NdisWrapper や Project Evil のドライバラッパーにより、NDIS準拠のネットワークカードの多くが Linux や FreeBSD で利用可能となっている。BeOS から派生した ZETA はいくつかの NDIS ドライバをサポートしている。Network Driver Interface Specification フレッシュアイペディアより)

  • Windows デスクトップサーチ

    Windows デスクトップサーチから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    Windows VistaではWDS 3.0と互換性を持つAPIで動作する「Windows Search」という機能を備えている。同じように、Windows2000からWindows 2003 Serverまでは、ハードディスクのファイルをインデックス化して検索に寄与する「インデックスサービス」という機能を備えていた。しかし、それには適切なUIが備わっておらず、エクスプローラの検索機能や、MMCスナップインによって間接的に利用されなければいけなかった。またインクリメンタルサーチも出来なかった。Windows デスクトップサーチ フレッシュアイペディアより)

445件中 61 - 70件表示