557件中 71 - 80件表示
  • NeWS

    NeWSから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    自由に利用可能な X11 が既に一般化しつつあったため、NeWS の最初のバージョンでは呼び出しを NeWS PostScript に変換することで X11 をエミュレートしていた。性能に問題があり、X11 の正確なピクセル結果に依存しているプログラムがあったことから、サンはXサーバとインタプリタを並行動作させるハイブリッド型の Xnews をリリースした。無理な統合をしたため、NeWS インタプリタの性能は大幅に低下し、Xサーバもよい実装とは言えなかった。サンはまた OPEN LOOK のルック・アンド・フィールを実装した2種類のツールキットを開発している。1つは OLIT であり、Motif と同様に Xt (X Intrinsics) を使っている。もう1つは XView で、サンの以前のウィンドウシステム SunView と同じAPIを実装していた。NeWS フレッシュアイペディアより)

  • レイアウトマネージャ

    レイアウトマネージャから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    配置方法がレイアウトマネージャとしてコード化されており、それを任意のグラフィックコンテナに適用可能なもの。Java API の一部である Swing がこれに当たる。レイアウトマネージャ フレッシュアイペディアより)

  • Soprano (KDE)

    Soprano (KDE)から見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    Doxygen を使って API が完全に文書化されているSoprano (KDE) フレッシュアイペディアより)

  • Connected Device Configuration

    Connected Device Configurationから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    Java SEのような APIConnected Device Configuration フレッシュアイペディアより)

  • Ispell

    Ispellから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    Ispell はAPIを備えたスペルチェッカの先駆けであり、emacsでの利用を意図していた。他のアプリケーションもスペルチェッカ機能を追加するためのこのAPIを利用し、GNU Aspell も同じインタフェースを採用しているため、Ispell を使えるアプリケーションは Aspell も使える。Ispell フレッシュアイペディアより)

  • Core Text

    Core Textから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    Core Textは、Mac OS X v10.4で初めて導入され、Mac OS X v10.5で公開されたMac OS XのCore Foundation風のAPIで、古くからMac OS Xにあり非推奨となったQuickDrawやATSUIに代わってテキストレンダリングの機能を担うものである。アップルによると、Core Textは高いパフォーマンスと利用の容易さを意識して設計され、このレイアウトAPIはシンプルで安定しており、Core FoundationやCore Graphics、Cocoaと密接に関連している。Core Text フレッシュアイペディアより)

  • Java API for XML Processing

    Java API for XML Processingから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    Java API for XML Processing(JAXP)は、JavaでXMLを扱うためのAPIのひとつ。XML文書の妥当性検証や構文解析のためのインタフェースを提供する。次の2つの基本的な構文解析インタフェースを備える。Java API for XML Processing フレッシュアイペディアより)

  • Open Data-Link Interface

    Open Data-Link Interfaceから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    Open Data-Link Interface (ODI) とは、ノベルとアップルコンピュータが開発した、ネットワークカードのAPIである。マイクロソフトとスリーコムのNetwork Driver Interface Specification (NDIS) に相当する。当初、ODI は NetWare と Macintosh 向けに作られた。 NDIS と同様、ODI はプロトコルスタックとネットワークカードの間のベンダー中立なインタフェースを確立する規則を提供する。OSI参照モデルでは、第2層であるデータリンク層に相当する。また、1種類のカード(ドライバ)に対して複数のプロトコルスタックを対応させることも可能である(逆も同様に可能)。Open Data-Link Interface フレッシュアイペディアより)

  • Remote Data Objects

    Remote Data Objectsから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    Remote Data Objects(RDO)は、Windows 95 以降のマイクロソフトのオペレーティングシステムでの Visual Basic アプリケーションでかつて使われていたデータアクセス用APIである。データベースへの接続、クエリ、ストアドプロシージャ、結果の操作、更新のコミットなどが含まれる。リモートマシン上の Open Database Connectivity (ODBC) データソースと直接やり取りするインタフェースを構築でき、複雑なODBC APIを使う必要がなくなる。Remote Data Objects フレッシュアイペディアより)

  • サービス・ロケーション・プロトコル

    サービス・ロケーション・プロトコルから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    1999 年 6 月に発行された RFC 2614 には C による SLP の API (アプリケーション・プログラミング・インタフェース) の例が紹介されている。主要な関数の仕様は下記のとおりである。サービス・ロケーション・プロトコル フレッシュアイペディアより)

557件中 71 - 80件表示

「API」のニューストピックワード