84件中 21 - 30件表示
  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見た特許

    互換性のためのAPIを作成するためにそのAPIの実装を解析することは一般的に合法である。この手法は相互運用性のためのリバースエンジニアリングと呼ばれる。しかしAPIそのものとは異なり、APIの実装には著作権が存在するため、リバースエンジニアリングする前には著作権侵害の問題が生じないよう、十分注意する必要がある。また、使おうとしているAPIに、特許保持者の許可がなければ使えない特許技術が許可なく含まれていたら、それは特許権侵害になりうる。(ただし、これはリバースエンジニアリングに限られた話ではなく、APIを利用するプログラムにも全般的に言えることである。)アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たライブラリ

    アプリケーションプログラミングインタフェース(''、)とは、広義の意味ではソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。APIには、サブルーチン、データ構造、オブジェクトクラス、変数などの仕様が含まれる。APIには様々な形態があり、POSIXのような国際規格、マイクロソフトのWindows APIのようなベンダーによる文書、プログラミング言語のライブラリ(例えば、C++のStandard Template Libraryやなど)がある。商業的に使われる狭義の意味ではOSやミドルウェアやWebサービス等サービスを利用するアプリケーション(Application)を作成する(Programming)ためのインターフェース(Interface)である。こちらの意味ではサービスから提供されないStandard Template Libraryなど言語の標準ライブラリーは含まない。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たJava

    2つの異なるプラットフォーム間で、両者にあるオブジェクトを使ってプロトコル経由でメッセージを交換する場合、あるプログラミング言語内のオブジェクトは相手の異なる言語でのオブジェクトに変換される。例えばJavaで書かれたプログラムがC#で書かれたサービスをSOAPやIIOP経由で呼び出す場合、どちらのプログラムもリモート呼び出し用API(API自体はローカルに存在する)を使って情報交換し、ローカルなメモリ内でオブジェクトの変換を行う。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見た通信プロトコル

    APIはプロトコルの実装となっていることもある。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たLinux Standard Base

    APIはApplication Binary Interface (ABI) とは異なる。APIはソースコードベースだが、ABIはバイナリインタフェースである。例えば、POSIXはAPIだが、Linux Standard Base (LSB) はABIである(LSBはいろいろな規定の集合なので、正確には「LSBには、ABIにまで踏み込んでいる部分もある」)。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たWindows API

    アプリケーションプログラミングインタフェース(''、)とは、広義の意味ではソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。APIには、サブルーチン、データ構造、オブジェクトクラス、変数などの仕様が含まれる。APIには様々な形態があり、POSIXのような国際規格、マイクロソフトのWindows APIのようなベンダーによる文書、プログラミング言語のライブラリ(例えば、C++のStandard Template Libraryやなど)がある。商業的に使われる狭義の意味ではOSやミドルウェアやWebサービス等サービスを利用するアプリケーション(Application)を作成する(Programming)ためのインターフェース(Interface)である。こちらの意味ではサービスから提供されないStandard Template Libraryなど言語の標準ライブラリーは含まない。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たGIOP

    APIがプロトコルの実装である場合、下層にある通信プロトコルを使ってリモート呼び出しを行うためのプロキシ的手段となっている。その場合のAPIの役目は、プロトコルの詳細を隠蔽することである。例えばJava RMIは、プロトコルまたはRMI-IIOPとしてのIIOPを実装している。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たSOAP (プロトコル)

    2つの異なるプラットフォーム間で、両者にあるオブジェクトを使ってプロトコル経由でメッセージを交換する場合、あるプログラミング言語内のオブジェクトは相手の異なる言語でのオブジェクトに変換される。例えばJavaで書かれたプログラムがC#で書かれたサービスをSOAPやIIOP経由で呼び出す場合、どちらのプログラムもリモート呼び出し用API(API自体はローカルに存在する)を使って情報交換し、ローカルなメモリ内でオブジェクトの変換を行う。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たデータ構造

    アプリケーションプログラミングインタフェース(''、)とは、広義の意味ではソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。APIには、サブルーチン、データ構造、オブジェクトクラス、変数などの仕様が含まれる。APIには様々な形態があり、POSIXのような国際規格、マイクロソフトのWindows APIのようなベンダーによる文書、プログラミング言語のライブラリ(例えば、C++のStandard Template Libraryやなど)がある。商業的に使われる狭義の意味ではOSやミドルウェアやWebサービス等サービスを利用するアプリケーション(Application)を作成する(Programming)ためのインターフェース(Interface)である。こちらの意味ではサービスから提供されないStandard Template Libraryなど言語の標準ライブラリーは含まない。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たPOSIX

    アプリケーションプログラミングインタフェース(''、)とは、広義の意味ではソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。APIには、サブルーチン、データ構造、オブジェクトクラス、変数などの仕様が含まれる。APIには様々な形態があり、POSIXのような国際規格、マイクロソフトのWindows APIのようなベンダーによる文書、プログラミング言語のライブラリ(例えば、C++のStandard Template Libraryやなど)がある。商業的に使われる狭義の意味ではOSやミドルウェアやWebサービス等サービスを利用するアプリケーション(Application)を作成する(Programming)ためのインターフェース(Interface)である。こちらの意味ではサービスから提供されないStandard Template Libraryなど言語の標準ライブラリーは含まない。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

84件中 21 - 30件表示

「API」のニューストピックワード