141件中 31 - 40件表示
  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たライブラリ

    アプリケーションプログラミングインタフェース (''、英: ) とは、ソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。APIには、サブルーチン、データ構造、オブジェクトクラス、変数などの仕様が含まれる。APIには様々な形態があり、POSIXのような国際規格、マイクロソフトの Windows API のようなベンダーによる文書、プログラミング言語のライブラリ(例えば、C++の Standard Template Library や など)がある。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たWindows API

    アプリケーションプログラミングインタフェース (''、英: ) とは、ソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。APIには、サブルーチン、データ構造、オブジェクトクラス、変数などの仕様が含まれる。APIには様々な形態があり、POSIXのような国際規格、マイクロソフトの Windows API のようなベンダーによる文書、プログラミング言語のライブラリ(例えば、C++の Standard Template Library や など)がある。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たMicrosoft Windows

    APIは家の電気と同じようにコンピュータにとって非常に重要である。自分の家だろうが、友人の家だろうが、パンを焼きたい時にはトースターをコンセントにつなぐ。これはどちらの家でもコンセントという標準化されたインターフェースを備えているからである。もしコンセントがなければ、人は発電所までトースターを持参してパンを焼きにいかなくてはならなくなる。ヨーロッパのトースターは変圧器がなければ、アメリカでは動かないのと同じように、Windows用に書かれたプログラムは、WineなどのUNIXとの仲立ちをしてくれるAPIアダプターがなければUNIX上では動かないし、同様にUNIX用に書かれたプログラムはCygwinなどのソフトウェアを用いないとWindows上では動作しない。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たデータ構造

    アプリケーションプログラミングインタフェース (''、英: ) とは、ソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。APIには、サブルーチン、データ構造、オブジェクトクラス、変数などの仕様が含まれる。APIには様々な形態があり、POSIXのような国際規格、マイクロソフトの Windows API のようなベンダーによる文書、プログラミング言語のライブラリ(例えば、C++の Standard Template Library や など)がある。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見た仮想機械

    1つの仮想機械で動作する複数の言語は、APIを共有できる。例えば、共通言語ランタイムで動作する言語群やJava仮想マシンで動作する言語群がある。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たアプリケーションソフトウェア

    APIは、アプリケーションから利用できる、オペレーティングシステムやプログラミング言語で用意されたライブラリなどの機能の入り口となるものである。主に、ファイル制御、ウインドウ制御、画像処理、文字制御などのための関数として提供されることが多い。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たWine

    APIは家の電気と同じようにコンピュータにとって非常に重要である。自分の家だろうが、友人の家だろうが、パンを焼きたい時にはトースターをコンセントにつなぐ。これはどちらの家でもコンセントという標準化されたインターフェースを備えているからである。もしコンセントがなければ、人は発電所までトースターを持参してパンを焼きにいかなくてはならなくなる。ヨーロッパのトースターは変圧器がなければ、アメリカでは動かないのと同じように、Windows用に書かれたプログラムは、WineなどのUNIXとの仲立ちをしてくれるAPIアダプターがなければUNIX上では動かないし、同様にUNIX用に書かれたプログラムはCygwinなどのソフトウェアを用いないとWindows上では動作しない。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たクラス (コンピュータ)

    アプリケーションプログラミングインタフェース (''、英: ) とは、ソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。APIには、サブルーチン、データ構造、オブジェクトクラス、変数などの仕様が含まれる。APIには様々な形態があり、POSIXのような国際規格、マイクロソフトの Windows API のようなベンダーによる文書、プログラミング言語のライブラリ(例えば、C++の Standard Template Library や など)がある。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たPython

    Python には というツールがある。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見た関数プロトタイプ

    ひとつのAPIは特定の1つのタスクを実行する方法を記述している。C言語などの手続き型言語では、サブルーチン呼び出しによって実際の動作が行われる。したがって、APIは一般にそれが提供するあらゆる関数/ルーチンについて記述している。例えば math.h というC言語用ヘッダファイルは数学的処理のためのC言語ライブラリ(通常 libm と呼ばれる)で利用可能な数学関数の関数プロトタイプの定義を含んでいる。すなわちこのファイルは対応するライブラリに含まれる関数群の「使い方」を記述していると言える。関数プロトタイプは、関数名、関数の戻り値のデータ型、引数の個数とそれぞれのデータ型を示す。関数がどう動作するかは、より詳細に人間が読める形で記述され、本またはmanページのような電子形式で提供される。例えば、UNIXシステムのコマンド man 3 sqrt は関数 sqrt について次のような形式で説明を表示する。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

141件中 31 - 40件表示