141件中 51 - 60件表示
  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たPOSIX

    アプリケーションプログラミングインタフェース (''、英: ) とは、ソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。APIには、サブルーチン、データ構造、オブジェクトクラス、変数などの仕様が含まれる。APIには様々な形態があり、POSIXのような国際規格、マイクロソフトの Windows API のようなベンダーによる文書、プログラミング言語のライブラリ(例えば、C++の Standard Template Library や など)がある。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たメソッド (計算機科学)

    オブジェクト指向言語では、APIには通常クラス群の定義が含まれ、それらクラスの動作についての説明が含まれる。この抽象概念は公開されている実際の機能と対応しており、クラス群のメソッド(あるいはより一般的には、公開されているメソッド群だが、フィールド、定数、入れ子オブジェクト、enumなども公開されていれば含まれる)によって実装されている。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たWebサービス

    ウェブ開発においては、APIは一般にHTTP要求メッセージ群とXMLまたはJSON形式などの応答メッセージの構造定義で構成される。「ウェブAPI」はWebサービスと事実上同義だが、Web 2.0 と呼ばれる最近の傾向では、SOAPベースからREST風の直接的通信へと変化している。ウェブAPIはマッシュアップと呼ばれる技法で複数のサービスを組み合わせて新たなアプリケーションとすることを可能にする。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たスタック

    例えば、スタックを表現したクラス Stack はスタックにアイテムを追加する push() とスタックのトップからアイテムを取り出す pop() という2つのメソッドを公開するだろう。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たF Sharp

    JavaはHTML形式のページを生成する Javadoc がある。マイクロソフトでは、同社の各種言語(Visual C++、C#、Visual Basic、F#など)についてのAPI文書を Visual Studio のヘルプシステムに埋め込む形で提供している。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たシリアライズ

    この概念を推し進めると、API内のクラスインタフェースに全くメソッドが存在せず、単に振る舞いだけが定義されているという地点にまで到達する。例えば、Java や LISP のAPIには Serializable というインタフェースがある。これはマーカーインタフェースであり、それぞれのクラスがどうシリアライズするかを実装しなければならない。これは公開されたメソッドを持つことを要求するわけではなく、むしろ任意の時点でセーブ(シリアライズ)できる表現を持つことを、そのインタフェースを実装する任意のクラスに要求する(外部リソースへのリンクを持たない単純なデータしか持たないクラスでは常に成り立つが、ファイルや遠隔システムや外部デバイスへのオープンコネクションを持つ場合はその限りではない)。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たMicrosoft Visual Basic

    JavaはHTML形式のページを生成する Javadoc がある。マイクロソフトでは、同社の各種言語(Visual C++、C#、Visual Basic、F#など)についてのAPI文書を Visual Studio のヘルプシステムに埋め込む形で提供している。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たLinda

    一方、同一マシン上でAPI経由のオブジェクト交換を行う場合、メモリ内で効率的に(オブジェクトまたはオブジェクトへの参照の)交換が行われる。例えば、1つのプロセスに割り当てられたメモリということもあるし、共有メモリを使って複数プロセス間で行うこともあるし、タプルスペースのような共有技法を使うこともある。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たブラックボックス

    APIにはさまざまな設計モデルがある。実行速度を考慮したインタフェースは通常、関数、プロシージャ、変数やデータ構造から構成される。また例えばECMAScriptの構文を解析するためのインタプリタであることもある。良いAPIはブラックボックスであり、良い抽象化層であると言える。すなわちプログラマはそのAPIの機能がより低レベルのAPIとどんな関係をもっているのかを知る必要がないのである。それはまた、そのAPIを使用しているコードを壊すことなく、APIの機能を再設計したり、改良したりすることを可能にしている。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たフォント

    OSから提供される「フォント」というデータ構造をメモリに読み込む。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

141件中 51 - 60件表示