84件中 71 - 80件表示
  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たHypertext Transfer Protocol

    ウェブ開発においては、APIは一般にHTTP要求メッセージ群とXMLまたはJSON形式などの応答メッセージの構造定義で構成される。「ウェブAPI」はWebサービスと事実上同義だが、Web 2.0と呼ばれる最近の傾向では、SOAPベースからREST風の直接的通信へと変化している。ウェブAPIはマッシュアップと呼ばれる技法で複数のサービスを組み合わせて新たなアプリケーションとすることを可能にする。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たRepresentational State Transfer

    ウェブ開発においては、APIは一般にHTTP要求メッセージ群とXMLまたはJSON形式などの応答メッセージの構造定義で構成される。「ウェブAPI」はWebサービスと事実上同義だが、Web 2.0と呼ばれる最近の傾向では、SOAPベースからREST風の直接的通信へと変化している。ウェブAPIはマッシュアップと呼ばれる技法で複数のサービスを組み合わせて新たなアプリケーションとすることを可能にする。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見た文字コード

    iconv - 文字コード間の相互変換用API(POSIXの一部)アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たOpenAL

    OpenAL - クロスプラットフォームのオーディオAPIアプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見た著作権法

    日本においては、著作権法第10条第3項において、プログラムのインタフェースやプロトコルが著作物とみなされないことが明確に示されている。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見た共有メモリ

    一方、同一マシン上でAPI経由のオブジェクト交換を行う場合、メモリ内で効率的に(オブジェクトまたはオブジェクトへの参照の)交換が行われる。例えば、1つのプロセスに割り当てられたメモリということもあるし、共有メモリを使って複数プロセス間で行うこともあるし、タプルスペースのような共有技法を使うこともある。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たインタフェース (情報技術)

    アプリケーションプログラミングインタフェース(''、)とは、広義の意味ではソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。APIには、サブルーチン、データ構造、オブジェクトクラス、変数などの仕様が含まれる。APIには様々な形態があり、POSIXのような国際規格、マイクロソフトのWindows APIのようなベンダーによる文書、プログラミング言語のライブラリ(例えば、C++のStandard Template Libraryやなど)がある。商業的に使われる狭義の意味ではOSやミドルウェアやWebサービス等サービスを利用するアプリケーション(Application)を作成する(Programming)ためのインターフェース(Interface)である。こちらの意味ではサービスから提供されないStandard Template Libraryなど言語の標準ライブラリーは含まない。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たBSD

    POSIX標準は、様々な一般的コンピューティング機能を各種システム上で実装できるよう考慮したAPIを定義している。例えば、macOSやBSD系システムで実装されている。ただし、POSIX準拠のプログラムを別のPOSIX準拠のプラットフォームで実行するには、再コンパイルが必要である。一方、互換APIの場合、そのAPIを実装したシステムならどこでも同じオブジェクトファイルがそのまま実行可能である。これはソフトウェア業者にもユーザーにも有益であり、業者は互換APIが実装されていれば新システムが登場しても製品を修正せずに済むし、ユーザーも古いソフトウェアを新システムにインストールできる。ただし、それには一般に各種ライブラリが必要なAPI群を実装している必要がある。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たWebプログラミング

    ウェブ開発においては、APIは一般にHTTP要求メッセージ群とXMLまたはJSON形式などの応答メッセージの構造定義で構成される。「ウェブAPI」はWebサービスと事実上同義だが、Web 2.0と呼ばれる最近の傾向では、SOAPベースからREST風の直接的通信へと変化している。ウェブAPIはマッシュアップと呼ばれる技法で複数のサービスを組み合わせて新たなアプリケーションとすることを可能にする。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たStandard Template Library

    アプリケーションプログラミングインタフェース(''、)とは、広義の意味ではソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。APIには、サブルーチン、データ構造、オブジェクトクラス、変数などの仕様が含まれる。APIには様々な形態があり、POSIXのような国際規格、マイクロソフトのWindows APIのようなベンダーによる文書、プログラミング言語のライブラリ(例えば、C++のStandard Template Libraryやなど)がある。商業的に使われる狭義の意味ではOSやミドルウェアやWebサービス等サービスを利用するアプリケーション(Application)を作成する(Programming)ためのインターフェース(Interface)である。こちらの意味ではサービスから提供されないStandard Template Libraryなど言語の標準ライブラリーは含まない。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

84件中 71 - 80件表示

「API」のニューストピックワード