46件中 21 - 30件表示
  • たけスポ

    たけスポから見たASIMOASIMO

    2011年放送。ASIMOのパロディ。たけしがTAKESIMOなるロボットになりきり、ガダルカナル・タカがコントロールボックスを操作しながらTAKESIMOが演技を披露する。充電方法はコーヒーを飲みながら東京スポーツを読むこと。最終的に熱湯風呂に挑戦したTAKESHIMOは水没により故障したが、2012年版ではTAKESHIMOが復活し、ダチョウ倶楽部上島がTAKESHIMOに対抗するロボット「UESHIMO」になりきる。UESHIMOもTAKESHIMO同様、熱湯風呂に挑戦し水没し故障する。たけスポ フレッシュアイペディアより)

  • 高知ぢばさんセンター

    高知ぢばさんセンターから見たASIMOASIMO

    高知県内随一の規模を誇る総合展示場および会議場で、屋内大ホールおよび屋外展示場などを擁し、各種の展示会、イベント、会議、資格試験などが行われている。また、大規模駐車場が併設されており、駐車場で展示会(自動車など)が行われることもある。かつてはモーターショーも盛んに行われていた。現在では自動車関連はトヨタ(大駐車場にて)、日産、ホンダや過去にはマツダがフェアなどの展示会を行っている。ホンダの場合は単に展示会を行うだけで無くASIMOなど新開発した技術をお披露目する場合もある。数年に一度軽自動車フェアや輸入車フェアも存在する。財団法人高知県産業振興センターが事業主体であり、株式会社四国環境管理センターが事業受託者として運営管理している。高知ぢばさんセンター フレッシュアイペディアより)

  • レンタル

    レンタルから見たASIMOASIMO

    中にはロボットの貸し出しもみられるが、これはそれらロボットのメーカーと企業が直接的に交渉する場合もある。日本国内ではASIMOやLAND WALKER、テムザックの警備用ロボット「T63 Artemis」などのレンタルやリースが行われている。レンタル フレッシュアイペディアより)

  • 日本SF大賞

    日本SF大賞から見たASIMOASIMO

    もう一つの大きな特徴は、日本の『SFとしてすぐれた作品であり、「このあとからは、これがなかった以前の世界が想像できないような作品」や「SFの歴史に新たな側面を付け加えた作品」』であれば、あらゆる事物を受賞の対象としていることである(後述の制定経緯も参照)。対象は創作物に限定しておらず、はやぶさの帰還などの現実の出来事、VOCALOIDや二足歩行ロボットASIMOのような製品も対象になると謳われている。小説や映画など各メディアごとの賞は数多く存在するが、本賞のように様々なメディアの作品・出来事・製品などが同じ土俵で評価されるものは珍しい。これまでに小説以外に、評論などのノンフィクション、漫画、映画、アニメが受賞しており、ゲームも候補に挙がったことがある。日本SF大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 21世紀夢の技術展

    21世紀夢の技術展から見たASIMOASIMO

    会場ではロボット関連の技術が注目を集めており、ホンダブースにおける自立歩行人間型ロボット「P3」の歩行・バランス感覚に関するデモやソニーブースの「AIBO」を筆頭に、NECブースやIBMブースなどでも開発中のロボットが展示されていた。この他、セガ・エンタープライゼス(現・セガ)ブースでは高速インターネット(1Gbpsクラスの光ファイバー)回線を利用し映像・ゲームなどを楽しむことができるエンターテインメント端末「net@TERMINAL」を多数設置しており、会場にて無料で利用することができた。第一製薬(現・第一三共)ブースでは15人乗りのシミュレーションマシンに搭乗し、DDS抗がん剤が体内を通ってがん組織に到達する様を疑似体験する、遊園地のアトラクションさながらの「アドベンチャーシアター」が設置されていた。21世紀夢の技術展 フレッシュアイペディアより)

  • パワードスーツ

    パワードスーツから見たASIMOASIMO

    本田技研工業は歩行動作の補助を行う「リズム歩行アシスト」を、国立長寿医療研究センターが介護予防の効果を検証するプログラムに提供している。また工場の組み立てラインで働く作業員の負荷を減らすため、跨がって使うタイプの「体重支持型歩行アシスト」も開発している。これらはASIMOの開発で培った協調制御技術を応用している。パワードスーツ フレッシュアイペディアより)

  • 戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー

    戦え!超ロボット生命体トランスフォーマーから見たASIMOASIMO

    バイナルテックでは、S2000に変形。ホンダは人型ロボットの開発に一日の長があったため、納期の最短記録をマークしている。戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー フレッシュアイペディアより)

  • ゼロモーメントポイント

    ゼロモーメントポイントから見たASIMOASIMO

    ZMP理論に基づく2足動歩行は早稲田大学の加藤一郎と高西淳夫によって開発されたWL-10RDにより、1985年に実現された。早稲田大学のグループを除くと、1970年代から1990年代半ばまでZMPはあまり注目されていたわけではない。しかし、今日ではホンダのASIMOやソニーのQRIOなど、完成度の高い二足歩行ロボットのほぼすべてが、ZMPを用いた軌道生成と制御を用いている。ゼロモーメントポイント フレッシュアイペディアより)

  • アイザック・アシモフ

    アイザック・アシモフから見たASIMOASIMO

    彼の栄誉をたたえ、その名を冠したものとして、(5020) アシモフという小惑星、アシモフという火星のクレーター、SFのアイザック・アシモフ賞がある。また出身の高校も現在(2013年)はアイザック・アシモフ高校という名前になっている。東京大学で2003年に開発された、起き上がり動作に特化したロボットが、アシモフの小説に登場するロボットR・ダニール・オリヴォーと同じ「Rダニール」と名付けられた。世界初のロボットスーツHALを開発した山海嘉之はアシモフの影響を受けている。本田技研工業の人型ロボットASIMOは名前の綴りがアシモフと似ているが(最後の "V" がない)、開発者はまったく関係はないとしている。アシモフはロボット工学を造語したが、「ロボット工学の父」と呼ばれることもあるジョセフ・F・エンゲルバーガー博士はアシモフに影響を受けていた。アイザック・アシモフ フレッシュアイペディアより)

  • サッカーマガジン

    サッカーマガジンから見たASIMOASIMO

    800号 ASIMO(本田技研工業) 2001年2月14日号サッカーマガジン フレッシュアイペディアより)

46件中 21 - 30件表示