68件中 51 - 60件表示
  • ECMAScript for XML

    ECMAScript for XMLから見たAdobe AcrobatAdobe Acrobat

    アドビの ActionScript 3 でも E4X を完全サポートしている。これが公式にリリースされたのは、2006年の Adobe Flex 2.0 と Flash Player 9 の一部としてである。他に、Flash CS3、Adobe AIR、Adobe Acrobat/Reader(8.0以降)でもサポートされている。ECMAScript for XML フレッシュアイペディアより)

  • Adobe Creative Cloud

    Adobe Creative Cloudから見たAdobe AcrobatAdobe Acrobat

    CC移行後もAdobe Photoshop Elements、Adobe Photoshop Lightroom、Adobe Premiere Elements、Adobe Acrobatは単品の永久ライセンス版が販売されている。Adobe Creative Cloud フレッシュアイペディアより)

  • SUSE Linux Enterprise Desktop

    SUSE Linux Enterprise Desktopから見たAdobe ReaderAdobe Acrobat

    SLEDの現在のバージョンは12であり、SUSE Linux Enterprise Serverや他のSUSE Linux Enterprise製品と同じコードベースから開発されている。SLEDにはいくつかのAdobe AcrobatやRealPlayerなどのプロプライエタリ・ソフトウェアと同様に、Evolution 2.6やその他有名なオープンソースパッケージが多く含まれる。SUSE Linux Enterprise Desktop フレッシュアイペディアより)

  • Contemporary and Applied Philosophy

    Contemporary and Applied Philosophyから見たAcrobat ReaderAdobe Acrobat

    「CAP」 巻号一覧 - 巻数、PDF、の順でクリックすると本文が読める(要Acrobat Reader)。Contemporary and Applied Philosophy フレッシュアイペディアより)

  • PDFの歴史

    PDFの歴史から見たAdobe AcrobatAdobe Acrobat

    PDFの初期の普及の足取りは緩やかなものであった。アドビのPDF閲覧・作成ソフトAdobe Acrobatは無償ではなく、また初代バージョンのPDFは文書外部へのハイパーリンクを提供しないためインターネットの特長を活かしていなかった。またプレーンテキストと比べてサイズは大きいためモデムによるダウンロードは時間がかかり、また当時ハイスペックだったPCでも表示は遅かった。PDFの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • QuarkXPress

    QuarkXPressから見たAdobe AcrobatAdobe Acrobat

    2004年に発表されたバージョン6.0でMac OS Xにネイティブ対応した(Classic環境から起動する必要がない)。レイヤーやテーブル(表)機能の搭載、複数回のアンドゥ(操作の取り消し)・リドゥ(取り消した操作のやり直し)やコンテキストメニューの強化のほか、「プロジェクト」という新しい概念を導入し、書籍とWebを同時製作するなどの作業が簡略化された。しかしいずれもInDesignに搭載されている機能の後追いであった上、28万円強という高価格(アドビ製品ではInDesignだけでなくPhotoshopやIllustratorに加えAcrobatのProfessional版もバンドルされたAdobe Creative Suite Premiumパッケージが買えた)もあり、普及したとは言い難い。QuarkXPress フレッシュアイペディアより)

  • Ghostscript

    Ghostscriptから見たAdobe AcrobatAdobe Acrobat

    Ghostscript を使用して PostScript を PDF に変換するためのグラフィカルなフロントエンドである。Linux 上で Adobe Acrobat のそっくり製品になることを目指している。Ghostscript フレッシュアイペディアより)

  • JavaScript

    JavaScriptから見たAdobe AcrobatAdobe Acrobat

    JavaScriptはプロトタイプベースのオブジェクト指向プログラミング言語で、それに分類される言語同様、静的にクラスを定義すること無くオブジェクトを利用する。多くの場合はC言語に似た手続き型言語のようなスタイルで書かれるが、第一級関数をサポートしており関数を第一級オブジェクトとして扱えるなど、関数型言語の性質も持ち合わせている。そのような柔軟な設計から、いくつかのアプリケーションではマクロ言語としても採用されている。例えばAdobe Acrobatは、JavaScriptによるマクロ機能を搭載している。JavaScript フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Word

    Microsoft Wordから見たAdobe AcrobatAdobe Acrobat

    Word 2007から標準でPDF形式のファイルを書き出せるようになった。ただし、機能はAdobe Acrobatなどと比較して限定されたもので、複雑な図形などを使うと出力がおかしくなる。なお、macOSはもともとOS自体がPDF作成機能を持っている。Microsoft Word フレッシュアイペディアより)

  • アドビシステムズ

    アドビシステムズから見たAdobe AcrobatAdobe Acrobat

    1989年にはPhotoshopを発売。このころまで、アドビのビジネスは「紙に印刷すること」を目指していたが、動画編集ソフトのPremiereの開発・発売、さらにAcrobat・PDFを開発することで、ビジネスの方向をディジタルデータのオーサリングに向けることになる。アドビシステムズ フレッシュアイペディアより)

68件中 51 - 60件表示

「Acrobat」のニューストピックワード

  • ファビュラス 叶 コスプレアート写真集 FABULOUS COSPLAY WORLD

  • SIGMA X3F Plug−in for Photoshop

  • ウィンターミーティング