前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
758件中 1 - 10件表示
  • 徳永暁人

    徳永暁人から見たB'zB'z

    ボーカリスト、ベーシスト、作曲家、編曲家(アレンジャー)、作詞家、マニピュレーターとして、ロック、ポップスを主体に、時にはクラシック調を含む「ドラゴンボール」などの映画、テレビの劇伴音楽まで幅広い領域の音楽を制作・発表している。B'zのサポートベーシスト、アレンジャー、ZARDや倉木麻衣等の作・編曲者としても知られている。1990年代は東京(ビーイング)、2000年頃から大阪(GIZA studio)を拠点として活動している。現在はロックバンド「doa」のリーダー、徳永暁人個人としてのライブ、様々なアーティスト等への楽曲提供、若手ミュージシャンの育成など、幅広い活動を行っている。趣味は、バイク、アウトドア。徳永暁人 フレッシュアイペディアより)

  • 黒瀬蛙一

    黒瀬蛙一から見たB'zB'z

    TWINZERのレコーディングに参加する傍ら、1996年に、B'zのギタリスト・松本孝弘のソロアルバム『Rock'n Roll Standard Club』のレコーディングとライブツアーに参加。その後、「B'z LIVE-GYM '98 SURVIVE」「B'z LIVE-GYM '99 Brotherhood」「B'z LIVE-GYM Pleasure 2000“juice”」「B'z LIVE-GYM 2001 ELEVEN」に帯同。1993年には、ZARDが『負けないで』でテレビ朝日系列『ミュージックステーション』の生放送に出演した際に脱退した元メンバー・道倉康介の代理として同行していた。そのプレイ中に誤ってシンバルをドラム台から落としてしまい、落ち込んでいたところ番組終了後にボーカルの坂井泉水が微笑みかけてくれた、というエピソードが坂井の死後に『Music Freak』誌2007年11月号で黒瀬のコメントにより明かされた。黒瀬蛙一 フレッシュアイペディアより)

  • ビーイング

    ビーイングから見たB'zB'z

    日本を代表する大物アーティストのTUBE、B'z、ZARD、倉木麻衣、GARNET CROWなどが所属することで有名。1990年代に一世を風靡した音楽プロダクションの1つ。当初は小さなマンションの中にある音楽事務所であったが、関連小企業約60社を持つ企業に成長した。1993年においては、不況のさなかビーイング系アーティスト(TUBE、B'z、ZARD、WANDS、大黒摩季、DEEN、T-BOLANなど)は450億円前後を売上げ、業界の7%を占めた(俗にビーイングブームと呼ばれる)。ただし、こうした中でも大半のアーティストのテレビへの出演を断っていたという。なお、倉木麻衣が所属するマネジメント会社LOOPが途中より、モデル・タレント部門を設立、モデル・タレント・俳優の育成、マネジメントにも進出したが、現在はその大半の業務をWhite Dreamに移管している。外部プロダクションのスターダストプロモーション、スペースクラフト、ボックスコーポレーション等と親交があり、所属アーティストのサウンドプロデュースを手がけていたが、現在は関係が薄れている。ビーイング フレッシュアイペディアより)

  • ZARD

    ZARDから見たB'zB'z

    バックメンバーをつけたのは、その「Good-bye My Loneliness」がデビュー作ながらオリコン最高位9位と。しかし1992年10月16日に『ミュージックステーション』に出演して「IN MY ARMS TONIGHT」を演奏した際には星の姿がなく、最後の音楽番組出演となった1993年2月5日の『ミュージックステーション』で「負けないで」披露時のドラムは道倉ではなく、黒瀬蛙一(ex.flow-war/1998年 - 2001年B'zのツアーサポートメンバー)だったことが、黒瀬本人の口からB'zの松本孝弘のラジオ番組にゲスト出演した際に語られている。ZARD フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の音楽

    2008年の音楽から見たB'zB'z

    6月23日 - 6月30日付オリコン週間アルバムチャートでB'zの『B'z The Best "ULTRA Pleasure"』が1位を獲得。今作で通算アルバム1位獲得数を22作とし、松任谷由実の21作を抜いて歴代単独1位となった。2008年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 松本孝弘

    松本孝弘から見たB'zB'z

    松本 孝弘(まつもと たかひろ、1961年3月27日 - )は、音楽ユニット・B'zのギタリスト、作曲家、アレンジャー、音楽プロデューサーである。自身のソロ活動では、作詞、ボーカルも担当。クレジットには『TAK MATSUMOTO』(タック・マツモト)という名義を主に使用している。松本孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • ミュージックステーション

    ミュージックステーションから見たB'zB'z

    1992年4月10日 - 現在:『#1090 〜Thousand Dreams〜』(松本孝弘(B'z))ミュージックステーション フレッシュアイペディアより)

  • ベスト・アルバム

    ベスト・アルバムから見たB'zB'z

    また、アーティストの意向ではなく、本人たちの知らぬ間にレコード会社や音楽プロデューサーの独断でリリースされる事もあり、本人達はディスコグラフィーに認めないなど、アーティストとレコード会社の軋轢の原因となる事もある(例:スピッツ『RECYCLE Greatest Hits of SPITZ』、B'z『Flash Back-B'z Early Special Titles-』)。特に、近年アーティストがレコード会社を移籍する際には、それまで所属していたレコード会社が自らが原盤権を持つ音源を利用し、アーティストに半ば無断でベスト・アルバムを制作・発売することが恒例化しており、これに反発するアーティスト側が、ホームページやファンクラブなどを通じてファンに当該アルバムの購入を控えるように呼びかけるケースも多く起こっている(例:YMO商法、DREAMS COME TRUE『BEST OF DREAMS COME TRUE』、宇多田ヒカル『Utada The Best』など)。また、こうした事情を嫌ってベスト・アルバムを出すことを拒否するアーティストもいる(例:椎名林檎)。ベスト・アルバム フレッシュアイペディアより)

  • マーティ・フリードマン

    マーティ・フリードマンから見たB'zB'z

    一方、メガデスのリーダーのデイヴ・ムステインは雑誌「BURRN!」のインタビューで「マーティはメガデスを日本のバンドのB'zみたいにしたがっていたんだよ」と述べ、原因はマーティにあるとしていた。ただ、後のインタビューでは、自分にも落ち度があったと述べている。また、後にTHE SYSTEM HAS FAILED収録時にマーティをMEGADETHに呼び戻そうともしていたが、マーティは日本での活動が多忙のため辞退。アルバムには結果的にクリス・ポーランドが参加することになった。マーティ・フリードマン フレッシュアイペディアより)

  • オリコンチャート

    オリコンチャートから見たB'zB'z

    2003年2月10日付からは、シングルチャートにおいて過去に8cm盤で発売されたシングルが12cm盤で再発された場合も、すべて合算されるようになった。適用第1号はB'zの『BE THERE』 - 『裸足の女神』の再発。オリコンチャート フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
758件中 1 - 10件表示

「B’z」のニューストピックワード