前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
959件中 1 - 10件表示
  • ビーイング

    ビーイングから見たB'zB'z

    TUBE、B'z、ZARD、倉木麻衣、GARNET CROW、小松未歩、大黒摩季、WANDS、DEENなど、最近ではBREAKERZ、新山詩織などの音楽制作をしていることで有名。1990年代初期から中期にかけてオリコンチャート上位を所属アーティストが独占し、業界の7%もの売上を独占するなど一世を風靡した音楽プロダクションの1つ。当初は小さなマンションの中にある音楽事務所であったが、関連小企業約60社を持つ企業に成長した。1993年においては、不況のさなかビーイング系アーティスト(TUBE、B'z、ZARD、WANDS、大黒摩季、DEEN、T-BOLANなど)は450億円前後を売上げ、業界の7%を占めた(俗にビーイングブームと呼ばれる)。ただし、こうした中でも大半のアーティストのテレビへの出演を断っていたという。なお、倉木麻衣が所属するマネジメント会社LOOPが途中より、モデル・タレント部門を設立、モデル・タレント・俳優の育成、マネジメントにも進出したが、現在はその大半の業務をWhite Dreamに移管している。外部プロダクションのスターダストプロモーション、スペースクラフト、ボックスコーポレーション等と親交があり、所属アーティストのサウンドプロデュースを手がけていたが、現在は関係が薄れている。ビーイング フレッシュアイペディアより)

  • 黒瀬蛙一

    黒瀬蛙一から見たB'zB'z

    TWINZERのレコーディングに参加する傍ら、1996年に、B'zのギタリスト・松本孝弘のソロアルバム『Rock'n Roll Standard Club』のレコーディングとライブツアーに参加。その後、「B'z LIVE-GYM '98 SURVIVE」「B'z LIVE-GYM '99 Brotherhood」「B'z LIVE-GYM Pleasure 2000“juice”」「B'z LIVE-GYM 2001 ELEVEN」に帯同。1993年には、ZARDが『負けないで』でテレビ朝日『ミュージックステーション』の生放送に出演した際に脱退した元メンバー・道倉康介の代理として同行していた。そのプレイ中に誤ってシンバルをドラム台から落としてしまい、落ち込んでいたところ番組終了後にボーカルの坂井泉水が微笑みかけてくれた、というエピソードが坂井の死後に『Music Freak』誌2007年11月号で黒瀬のコメントにより明かされた。黒瀬蛙一 フレッシュアイペディアより)

  • ミュージックステーション

    ミュージックステーションから見たB'zB'z

    1位に輝いたのは、B'zの「ultra soul」。ミュージックステーション フレッシュアイペディアより)

  • お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル

    お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャルから見たB'zB'z

    ますだおかだ(増田) (ALONE/B'z) vs 山崎邦正 (WHITE CHRISTMAS/BING CROSBY)お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • ZARD

    ZARDから見たB'zB'z

    1992年10月16日に『ミュージックステーション』に出演して「IN MY ARMS TONIGHT」を演奏した際には星・道倉の姿がなく、坂井・町田・池澤・また、最後の音楽番組出演となった1993年2月5日の『ミュージックステーション』で「負けないで」を披露した際のドラムは黒瀬蛙一(ex.flow-war/1998年 - 2001年B'zのツアーサポートメンバー)だったことが、黒瀬本人の口からB'zの松本孝弘のラジオ番組にゲスト出演した際に語られている。ZARD フレッシュアイペディアより)

  • オリコンチャート

    オリコンチャートから見たB'zB'z

    2003年2月10日付からは、シングルチャートにおいて過去に8cm盤で発売されたシングルが12cm盤で再発された場合も、すべて合算されるようになった。適用第1号はB'zの『BE THERE』 - 『裸足の女神』の再発。オリコンチャート フレッシュアイペディアより)

  • ブリザード (バンド)

    ブリザード (バンド)から見たB'zB'z

    東京都出身。血液型A型。BLIZARDのリードギタリストでありリーダーでありメインソングライター。愛称は“ラン”。アマチュア時代は東京X-RAYのギタリストとして活動。そのルックスから和製ランディ・ローズと言われた。愛称の“ラン”の由来はランディ・ローズから来ている。ソロアルバム「BURNING 〜ランディ・ローズに捧ぐ〜」のゲスト覆面ヴォーカリストMr.CRAZY TIGERはB'zの稲葉浩志であるためにとんでもないプレミアがついている。後に、ZARD「汗の中でCRY」などの作曲をてがける。1991頃、当時のBLIZARDのボーカル水野松也らとHEAVENZ HILLを結成。1994年から1995年までTWINZERのギタリストとして生沢佑一と活動する。1994年X-JAPANのhideのファーストソロツアーにX-JAPANのPATAらと共に参加。1997年にはギタリストのコンピレーションアルバム「GUITAR MONSTER VOL.2」に参加したが、それを最後にシーンから身を引いている。2006年3月のWBCでは試合のTV中継にて「THE ADDLESCENT」が使用された。ブリザード (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の音楽

    2008年の音楽から見たB'zB'z

    6月23日 - 6月30日付オリコン週間アルバムチャートでB'zの『B'z The Best "ULTRA Pleasure"』が1位を獲得。今作で通算アルバム1位獲得数を22作とし、松任谷由実の21作を抜いて歴代単独1位となった。2008年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • ベスト・アルバム

    ベスト・アルバムから見たB'zB'z

    アーティストの意向に反し、もしくは本人たちの知らぬ間にレコード会社や音楽プロデューサーの独断でリリースされる事もあり、本人たちはディスコグラフィーに認めないなど、アーティストとレコード会社の軋轢の原因となることもある(例:スピッツ『RECYCLE Greatest Hits of SPITZ』、B'z『Flash Back-B'z Early Special Titles-』、クリープハイプ『クリープハイプ名作選』)。ベスト・アルバム フレッシュアイペディアより)

  • マーティ・フリードマン

    マーティ・フリードマンから見たB'zB'z

    一方、メガデスのリーダーのデイヴ・ムステインは雑誌「BURRN!」のインタビューで「マーティはメガデスを日本のバンドのB'zみたいにしたがっていたんだよ」と述べ、原因はマーティにあるとしていた(ただし後のインタビューでは、自分にも落ち度があったと述べている)。また、後に『ザ・システム・ハズ・フェイルド』収録時にフリードマンをメガデスに呼び戻そうともしていたが、フリードマンは日本での活動が多忙のため辞退した。アルバムには結果的にクリス・ポーランドが参加することになった。マーティ・フリードマン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
959件中 1 - 10件表示

「B’z」のニューストピックワード