219件中 61 - 70件表示
  • B'z

    B'zから見た久保こーじ

    初期の作品はギターサウンドを抑え打ち込みを前面に出したTM NETWORKに近いデジタルサウンドであった。これについて松本は「B'zの初期は、確かに(自分がサポートメンバーとして参加していた)TMの流れを汲んでいた」「TMから始まったものが今の僕のスタイルの一部にはなっていると思う」「B'zの初期はテッちゃん(小室哲哉)の影響が大きかった」と語っていたり、メンバーは「デジタルでは絶対に音が作れないギターとボーカルを、デジタルビートと融合させる、というコンセプトで活動している」とも発言していた。松本はライブやレコーディングにTMNのサポートメンバー時代の仲間である阿部薫や久保こーじを招いていた。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見たジャズ

    ハードロック以外にもアコースティック調、ジャズ調、ファンク調、レゲエ調、ブルース調、ラテン調、マーチ調、GS調、昭和歌謡調など様々な曲風の楽曲も制作している。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見た後天性免疫不全症候群

    ユニット名の条件として「現代的な記号のようなものがいい」というものがあり、企業のロゴのように意匠化しやすい名称が求められていた。最初のユニット名の候補としては、英語のアルファベットの最初の文字と最後の文字を用いて、「A to Z」「AからZのすべてをカバーする」という意味を込めて『A'z(アズ)』が挙げられた。ところが、「A'z≒エイズ(AIDS)」と読まれる可能性があることに気付いたため、これを回避。代案として「"A"の次は"B"だろう」という理由で『B'z』とした。その後、「B」から始まる名前のバンドは、非常に力強いバンド(ビートルズ等)が多いことが分かり、また「『B'z』だと憶えやすそう」という意見もあり、現在の名前となった。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見たボーカリスト

    1987年、音楽制作会社ビーイングに所属し、浜田麻里やTM NETWORKなどのツアーサポートやスタジオ・ミュージシャンとして活動していたギタリストの松本が、「自らの音楽を表現できるバンドを創る」という構想のもと、バンド結成へ向けた活動を開始。その間、あるボーカリストとバンドを組むことを音楽雑誌で公表したが、そのボーカリストとデビューすることはなかった。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見た音楽ユニット

    B'z(ビーズ)は、ギタリストの松本孝弘とボーカリストの稲葉浩志からなる日本のロックユニットである。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見たNHK紅白歌合戦

    毎年ライブツアーを主体とした活動を行っており、テレビへの露出は少ない。音楽番組の出演は多いが、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系列)、『COUNT DOWN TV』(TBS系列)などに出演する程度である。年末年始は『NHK紅白歌合戦』などの大晦日・正月の生放送特番には一切出演しない為、年末最後のテレビ出演(仕事納め)は『ミュージックステーションスーパーライブ』(テレビ朝日系列)となることが多い。また、NHKやWOWOWでドキュメンタリーの放送が放送されることもある。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見たブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜

    近年になってはテレビ出演の機会は減少の傾向にあり、2007年の『ミュージックステーションスーパーライブ』にて「SUPER LOVE SONG」を披露したのを最後に、音楽番組での演奏披露は2011年3月まで行われておらず、テレビ出演自体も2009年に『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』(フジテレビ系列)の宣伝番組にコメントを寄せて以来出演していない状態が続いていた。その後、2011年4月1日放送の『ミュージックステーション3時間スペシャル』に3年4カ月ぶりに出演して以降、翌年の『ミュージックステーションスーパーライブ2012』に出演、デビュー25周年となる2013年には6月14日放送回の『ミュージックステーション』で『B'zスペシャル』と題し4曲を披露、さらに翌年の2014年には互いのソロ作品で『ミュージックステーション』に出演し、B'zとしても年末年始に数本のテレビ番組に出演するなど、以前ほどではないがメディア露出の機会が増えてきている。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見たCOUNT DOWN TV

    毎年ライブツアーを主体とした活動を行っており、テレビへの露出は少ない。音楽番組の出演は多いが、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系列)、『COUNT DOWN TV』(TBS系列)などに出演する程度である。年末年始は『NHK紅白歌合戦』などの大晦日・正月の生放送特番には一切出演しない為、年末最後のテレビ出演(仕事納め)は『ミュージックステーションスーパーライブ』(テレビ朝日系列)となることが多い。また、NHKやWOWOWでドキュメンタリーの放送が放送されることもある。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見たミリオンセラー

    その勢いそのままに、90年代はミリオンセラーを連発する。1991年リリースの8thシングル「LADY NAVIGATION」が初のミリオンセラーを記録する。1993年リリースの12thシングル「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」は、202万枚とダブルミリオンを記録する。その後も、1995年リリースの18thシングル「LOVE PHANTOM」が180万枚の大ヒットを記録するなど、「LADY NAVIGATION」から20thシングル「Real Thing Shakes」まで、13作連続でミリオンセラーを連発する。1998年には、ベストアルバム『B'z The Best "Pleasure"』が500万枚、『B'z The Best "Treasure"』が400万枚と2作のベストアルバムが大ヒットを記録するなど、人気を不動のものとする。2000年にも、27thシングル「今夜月の見える丘に」が、シングル15作目のミリオンセラーを記録した。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見たギター

    初期の作品はギターサウンドを抑え打ち込みを前面に出したTM NETWORKに近いデジタルサウンドであった。これについて松本は「B'zの初期は、確かに(自分がサポートメンバーとして参加していた)TMの流れを汲んでいた」「TMから始まったものが今の僕のスタイルの一部にはなっていると思う」「B'zの初期はテッちゃん(小室哲哉)の影響が大きかった」と語っていたり、メンバーは「デジタルでは絶対に音が作れないギターとボーカルを、デジタルビートと融合させる、というコンセプトで活動している」とも発言していた。松本はライブやレコーディングにTMNのサポートメンバー時代の仲間である阿部薫や久保こーじを招いていた。B'z フレッシュアイペディアより)

219件中 61 - 70件表示