219件中 81 - 90件表示
  • B'z

    B'zから見たDon't Leave Me

    ブレイク以降は様々にスタイルを変え、デジタルダンスビートから生の管楽器や弦楽器を導入したアレンジや、4ピースバンドロックなどという風に時代ごとに特徴がある。11thシングル「ZERO」や14thシングル「Don't Leave Me」の頃からロックサウンドへの移行が顕著になって行き、同時に打ち込み音を使用する割合は徐々に減少傾向になる。近年の楽曲はハードロックを基調とし、ライブ感を重視したものとなっている。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見たBE THERE

    その後1989年にリリースしたミニアルバム『BAD COMMUNICATION』が、ブレイクのきっかけとなる。このアルバムに収録された同名の曲が、タイアップの効果もあり有線で注目され始め、オリコンチャートに(10位以内には入らなかったものの、)163週ランクインするロングヒットを記録した。1990年リリースの3rdアルバム『BREAK THROUGH』が初登場3位となり、B'z初のオリコンTOP10にランクインする。同年リリースの4thシングル「BE THERE」がシングルチャート初登場7位となり、そして続いてリリースされた5thシングル「太陽のKomachi Angel」が初のオリコンチャート1位を記録し、ブレイクを果たした。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見たロック (音楽)

    B'z(ビーズ)は、ギタリストの松本孝弘とボーカリストの稲葉浩志からなる日本のロックユニットである。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見たDVD

    映像作品として、ライブツアー終了後そのライブ映像を収録したものがVHS・DVD・Blu-ray Discでリリースされている。その他、ミュージックビデオ集と、アルバム製作過程を収めたドキュメンタリー作品がそれぞれ1本ずつリリースされている。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見たオールナイトニッポン

    ただし過去には、ラジオ番組のパーソナリティを務めたことがある。東海ラジオ『Come on JTB B'z WAVE-GYM』(両名)、『WAVE-GYM Vol.0』(稲葉)、TOKYO FM『BEAT ZONE』(松本)ではレギュラーを務め、単発ではニッポン放送『オールナイトニッポン』(1992年、1995年、2000年、2001年、2003年、2005年)と、多数のラジオ番組のパーソナリティを務めたことがある。また、デビュー23年目の2011年に、B'z初となるタイアップでのCM出演を果たした。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見たLADY NAVIGATION

    その勢いそのままに、90年代はミリオンセラーを連発する。1991年リリースの8thシングル「LADY NAVIGATION」が初のミリオンセラーを記録する。1993年リリースの12thシングル「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」は、202万枚とダブルミリオンを記録する。その後も、1995年リリースの18thシングル「LOVE PHANTOM」が180万枚の大ヒットを記録するなど、「LADY NAVIGATION」から20thシングル「Real Thing Shakes」まで、13作連続でミリオンセラーを連発する。1998年には、ベストアルバム『B'z The Best "Pleasure"』が500万枚、『B'z The Best "Treasure"』が400万枚と2作のベストアルバムが大ヒットを記録するなど、人気を不動のものとする。2000年にも、27thシングル「今夜月の見える丘に」が、シングル15作目のミリオンセラーを記録した。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見たB'z Party

    また、『LIVE-GYM』と銘打ったライブツアーを積極的に開催し、日本国内外で850回を超える公演数を行っている(2014年末時点)。所属事務所はビーインググループのVERMILLION。所属レコード会社は同じくビーインググループのBeing、レーベルはVERMILLION RECORDS。所属事務所公式ファンクラブは「B'z Party」である。2018年9月21日にデビュー30周年を迎える。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見た音楽評論家

    一方で、ギタリストで音楽評論家のマーティ・フリードマンは、「B'zはあれだけ人気なのに、フォロワー(B'zのスタイルを模倣して音楽をする人)がいない」という点を指摘しており、その理由としては「(B'zは)テクニックがめちゃくちゃあるし、2人とも自分だけの独特なスタイルを確立しているから、マネしたくてもできないんだと思う」と推測している。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見た編曲

    編曲(アレンジ)は、デビューから2ndアルバムまでは明石昌夫が単独で、3rdアルバムから1995年までは松本と明石昌夫が共同で担当していた。1995年リリースの16thシングル「ねがい」から松本・明石に加えて稲葉が編曲に参加するようになり、同年にB+U+Mを解散して以降は、松本と稲葉の他に多くのアレンジャーが編曲を担当している(松本・稲葉の二人だけで編曲をすることもある)。クレジット上は個人名が表記されており、「B'z」の名義は使われていない。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見たC'mon

    デビューした1988年から2009年までシングルは毎年リリースされていた。特に1988年リリースの1stシングル「だからその手を離して」から2008年リリースの45thシングル「BURN -フメツノフェイス-」までの約20年間、シングルのリリース間隔が1年以上開いたことはなかった。加えて、スタジオアルバムも1988年リリースの1stアルバム「B'z」から2011年発売の18thアルバム「C'mon」まで、ほぼ1年半に1作のペースでリリースされていた。B'z フレッシュアイペディアより)

219件中 81 - 90件表示