前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
101件中 1 - 10件表示
  • インターフェロン

    インターフェロンから見たB型肝炎B型肝炎

    インターフェロンはかつては希少で高価だったが、遺伝子操作により細菌や培養細胞での大量生産が可能になった。現在医薬品として多くのインターフェロンが承認され、B型肝炎・C型肝炎などのウイルス性肝炎、またいくつかの腫瘍の治療や白血病の治療に用いられている。インターフェロン フレッシュアイペディアより)

  • ウイルス性肝炎

    ウイルス性肝炎から見たB型肝炎B型肝炎

    ほとんどの場合、A型肝炎・B型肝炎・C型肝炎が多く、E型肝炎は発展途上国を中心に流行しているが、その他の肝炎は少ない。ウイルス性肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 肝癌

    肝癌から見たB型肝炎B型肝炎

    肝細胞癌:肝臓の実質である肝細胞から発生する癌。日本では原発性肝癌の約90%。その原因の多くがC型肝炎(約72%)によるもので、以下B型肝炎(約17%)、NASH、アルコール性肝炎、原因不詳と続く。肝癌 フレッシュアイペディアより)

  • 感染経路

    感染経路から見たB型肝炎B型肝炎

    疥癬をはじめ、精液を介した性感染症(梅毒、風疹、トキソプラズマ症、サイトメガロウイルス感染症、ヘルペスウイルス感染症、B型肝炎、AIDSなど)の多くも含まれる。感染経路 フレッシュアイペディアより)

  • 肝炎

    肝炎から見たB型肝炎B型肝炎

    B型肝炎 - 垂直(母子感染)、性行為感染(性感染症のひとつとも分類されている)肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 血清

    血清から見たB型肝炎B型肝炎

    HBs抗原HBs抗体(いずれもB型肝炎ウイルス)、HCV抗体(C型肝炎ウイルス)、HIV抗体、ATLなど。血清 フレッシュアイペディアより)

  • ジャンボ鶴田

    ジャンボ鶴田から見たB型肝炎B型肝炎

    ミュンヘンオリンピックのレスリンググレコローマンスタイル最重量級代表を経て全日本プロレスに入り、ジャイアント馬場後継の次の時代の大型エースとして期待され順調に成長して1980年代、トップレスラーとして活躍したがB型肝炎を発症したことにより第一線を退いた。その後、桐蔭横浜大学、中央大学、慶應義塾大学で非常勤講師を務めるなど教育者としても活躍した。ジャンボ鶴田 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たB型肝炎B型肝炎

    B型肝炎などのように、医療者にとって感染により命にかかわる場合も存在する(あるいはHIVを例に出したほうが分かりやすいかも知れない)。また、特に女性看護師はストーカー行為やセクハラ行為、患者による暴力行為の危険にも晒されており(→モンスターペイシェント)、このような事案のどこまでを医療事故とするかの線引きは難しい。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 化学及血清療法研究所

    化学及血清療法研究所から見たB型肝炎B型肝炎

    国内製造シェアは2015年(平成27年)時点で、A型肝炎ワクチンが100%、B型肝炎ワクチンが約80%、日本脳炎ワクチンが約40%、インフルエンザワクチンが約30%。化学及血清療法研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 世界肝炎デー

    世界肝炎デーから見たB型肝炎B型肝炎

    世界肝炎デー(せかいかんえんデー)は、B型肝炎・C型肝炎の世界的認識を高め、予防・検査・治療を促進することを目的とした国際記念日である。毎年7月28日に開催されている。世界肝炎デー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
101件中 1 - 10件表示