前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
79件中 1 - 10件表示
  • インターフェロン

    インターフェロンから見たB型肝炎B型肝炎

    インターフェロンはかつては希少で高価だったが、遺伝子操作により細菌や培養細胞での大量生産が可能になった。現在医薬品として多くのインターフェロンが承認され、B型肝炎・C型肝炎などのウイルス性肝炎、またいくつかの腫瘍の治療や白血病の治療に用いられている。インターフェロン フレッシュアイペディアより)

  • ウイルス性肝炎

    ウイルス性肝炎から見たB型肝炎B型肝炎

    ほとんどの場合、A型肝炎・B型肝炎・C型肝炎が多く、他のものは極めて少ない。ウイルス性肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 感染経路

    感染経路から見たB型肝炎B型肝炎

    疥癬をはじめ、精液を介した性感染症(梅毒、風疹、トキソプラズマ症、サイトメガロウイルス感染症、ヘルペスウイルス感染症、B型肝炎、AIDSなど)の多くも含まれる。感染経路 フレッシュアイペディアより)

  • 肝癌

    肝癌から見たB型肝炎B型肝炎

    肝細胞癌:肝臓の実質である肝細胞から発生する癌。日本では原発性肝癌の約90%。その原因の多くがC型肝炎(約72%)によるもので、以下B型肝炎(約17%)、NASH、アルコール性肝炎、原因不詳と続く。肝癌 フレッシュアイペディアより)

  • ジャンボ鶴田

    ジャンボ鶴田から見たB型肝炎B型肝炎

    ミュンヘンオリンピック、レスリンググレコローマンスタイル最重量級代表を経て全日本プロレスリング入り、ジャイアント馬場後継の次の時代の大型エースとして期待され順調に成長し、1980年代、トップレスラーとして活躍したが、B型肝炎を発症したことにより第一線を退く。その後、桐蔭横浜大学、中央大学、慶應義塾大学で非常勤講師を務めるなど、教育者としても活躍した。ジャンボ鶴田 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たB型肝炎B型肝炎

    B型肝炎などのように、医療者にとって感染により命にかかわる場合も存在する(あるいはHIVを例に出したほうが分かりやすいかも知れない)。また、特に女性看護師はストーカー行為やセクハラ行為、患者による暴力行為の危険にも晒されており(→モンスターペイシェント)、このような事案のどこまでを医療事故とするかの線引きは難しい。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 大西靖人

    大西靖人から見たB型肝炎B型肝炎

    大西の極真空手競技者としての素質と、懇切丁寧な門下生への指導力を認めた山田は、内弟子入りを勧めたが、大西は「内弟子になる代わりに生活の面倒を見て欲しい」と懇請した。山田は当時、公認会計士補で公認会計士事務所でアルバイトをしており、必ずしも金銭的には恵まれていなかったが「首都圏交流試合で優勝したら喰わせてやる」と応じた。一方、大西には喘息体質があった。中学生の時に腹膜炎の手術を受け、その時の輸血によって慢性B型肝炎も患っていたという。しかし、交流試合で対戦した相手7名全てに一本勝ちし、優勝した。大西は山田の指導下、ひたすら極大負荷のバーベルを上げる筋力トレーニングに励みつつ、コンビネーションを重視した組手の鍛錬を行った。大西靖人 フレッシュアイペディアより)

  • 世界肝炎デー

    世界肝炎デーから見たB型肝炎B型肝炎

    世界肝炎デー(せかいかんえんデー)は、B型肝炎・C型肝炎の世界的認識を高め、予防・検査・治療を促進することを目的とした国際記念日である。毎年7月28日に開催されている。世界肝炎デー フレッシュアイペディアより)

  • 肝細胞癌

    肝細胞癌から見たB型肝炎B型肝炎

    日本や西欧ではC型肝炎が原因として多いが、その他のアジアやアフリカではB型肝炎が多い。肝細胞癌 フレッシュアイペディアより)

  • 肝炎

    肝炎から見たB型肝炎B型肝炎

    B型肝炎 - 垂直(母子感染)、性行為感染(性感染症のひとつとも分類されている)肝炎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
79件中 1 - 10件表示

「B型肝炎訴訟」のニューストピックワード