79件中 21 - 30件表示
  • 乙女のホゾシタ

    乙女のホゾシタから見たB型肝炎B型肝炎

    校庭でサッカー練習中にボールが熊太郎のもとに転がり、それを熊太郎が蹴り返そうとした所、失敗して熊太郎の履いていたサンダルが菊地の股間に直撃し、心配した熊太郎が真央達女生徒の面前でサッカーパンツを降ろして陰部を診察しかけ、恥をかかされたと母親に告げ口。モンスターペアレントの母親は教頭に性教育の公開授業を提案(結果によっては熊太郎を解雇)する。すると隙を見て性教育用のDVDをアダルトDVDにすり替え、当日それがそのまま生徒や他の母親に流されるが、熊太郎は怯まずそれを逆手に取って授業を続ける。我が息子の仕業だと分かった母親は菊地に対し激昂するが、その場に倒れる。原因は夫(菊地の父)が不倫でどこかから貰ってきたB型急性肝炎で、このことにより家庭不和を招いて夏休み恒例のハワイ旅行が流れ、熊太郎に深い怨念を抱く。そこで熊太郎に懐いている真央を偽メールで体育館裏倉庫におびき出し、次いで熊太郎も呼び、倉庫内に2人を閉じ込めて男女の関係になった現場を押さえて彼を追い出す、という企みを思いつくが、その結果真央が熱中症に陥り、危険な状態で搬送される事態になった(真央と熊太郎が脱出出来たのは、菊地の母親が提供した火災報知器を作動させたから)。熊太郎に殴りかかられるが、「人の気持ちを分からない奴が医者なんかやってていいのか?」と熊太郎を逆に罵倒し、熊太郎が校医を辞任する遠因となる。乙女のホゾシタ フレッシュアイペディアより)

  • エタネルセプト

    エタネルセプトから見たB型肝炎B型肝炎

    B型肝炎…活動性のあるものはもちろん、健常キャリアも再燃することがある。エタネルセプト フレッシュアイペディアより)

  • 感染管理

    感染管理から見たB型肝炎B型肝炎

    作業中に感染症に曝露される可能性のある医療従事者には、ワクチンを活用して感染から身を守ることができる。通常用いられるのはB型肝炎・インフルエンザ・三種混合(麻疹/水痘/風疹)・新三種混合(ジフテリア/破傷風/百日咳)・髄膜炎菌・帯状疱疹ウイルスなどのワクチンで、施設の規則や勧奨・職種・個人の希望などに応じて医療従事者や救急隊員などが接種を受けている。一般的にワクチンの予防効果は完全とは言えず、一方で副作用も見られるため、十分な情報を元に接種の判断を行うべきである。感染管理 フレッシュアイペディアより)

  • 医原病

    医原病から見たB型肝炎B型肝炎

    ウイルス汚染による肝炎。(C型肝炎、B型肝炎も参照)医原病 フレッシュアイペディアより)

  • 肝不全

    肝不全から見たB型肝炎B型肝炎

    慢性肝不全は一般に肝硬変を背景に出現する。肝硬変自体は過度のアルコール摂取、B型肝炎、C型肝炎、自己免疫疾患、遺伝性や代謝性(鉄や銅の過負荷や非アルコール性脂肪肝疾患)のように種々の原因で引き起こされる。肝不全 フレッシュアイペディアより)

  • テノフォビル

    テノフォビルから見たB型肝炎B型肝炎

    HIVやB型肝炎の治療に用いられる。テノフォビル フレッシュアイペディアより)

  • 鶴田軍

    鶴田軍から見たB型肝炎B型肝炎

    しかし、鶴田が1992年にB型肝炎疾病による長期離脱をせざるを得なくなったため、これ以後、鶴田軍の2番手であった田上が鶴田軍をリード。1993年に超世代軍の2枚看板の一人だった川田が三沢越えを目指してそれを離脱し田上と共闘し「聖鬼軍(せいきぐん)」が結成、鶴田軍の機能を事実上移す形となった。鶴田軍 フレッシュアイペディアより)

  • 「楓」〜if trans…〜

    「楓」〜if trans…〜から見たB型肝炎B型肝炎

    Dir en grey初の映像作品、グロテスクかつ過激な内容となっているため注意書きがなされている。手術シーン等は実際のB型肝炎の手術現場を撮影したものを使用している。「楓」〜if trans…〜 フレッシュアイペディアより)

  • ペ英洙

    ペ英洙から見たB型肝炎B型肝炎

    2010年オフ、シーズン中に取得したフリーエージェント権を行使し、日本プロ野球・東京ヤクルトスワローズとの移籍交渉を進めたが、メディカルチェックでB型肝炎に感染している事が発覚し、これが球団側の基準を満たしておらず破談となり、三星と2年契約を結び残留した。2011年も6勝止まりで防御率5点台と、2008年以降は手術前ほどの成績を残すことはできなくなっている。しかし三星が韓国シリーズで優勝したため出場したアジアシリーズ2011の台湾代表統一ライオンズ戦では、5回を1失点と好投しチームの勝利に貢献した。ペ英洙 フレッシュアイペディアより)

  • サテライトウイルス

    サテライトウイルスから見たB型肝炎B型肝炎

    サテライト(Satellite)とは、感染性の核酸(DNAまたはRNA)で、その増殖のために他のウイルス(ヘルパーウイルス)が同じ細胞に感染していることを要するもの。サテライトのうち、コート蛋白質をコードし、その蛋白質に包まれて独立のビリオンを形成するものを特にサテライトウイルスという。現在、植物に寄生するものが多数知られるほか、微生物や昆虫に寄生するものが知られている。またヒトに病原性を有するサテライトとして、D型肝炎ウイルス(B型肝炎ウイルス感染下にのみ共感染する)がある。サテライトウイルス フレッシュアイペディアより)

79件中 21 - 30件表示

「B型肝炎訴訟」のニューストピックワード