79件中 51 - 60件表示
  • アレルギー

    アレルギーから見たB型肝炎B型肝炎

    IgGというタイプの免疫グロブリンが、抗原を有する自己の細胞に結合し、それを認識した白血球が細胞を破壊する反応である。代表的にはB型肝炎やC型肝炎などのウイルス性肝炎が挙げられる。ウイルスを体内から除去しようとする結果、肝細胞が破壊されるため症状を来している。ペニシリンアレルギーも、II型アレルギーの一種である。この種のアレルギーの有無は、クームス試験などの検査によって調べる。アレルギー フレッシュアイペディアより)

  • 遺伝子組み換え作物

    遺伝子組み換え作物から見たB型肝炎B型肝炎

    第二世代組換え食品とは、ワクチン等の有用タンパク質の工場として利用することができたり、栄養素を多く含ませたり、食品中の有害物質を低減させたり、消費者にとって利益が目に見えるものである。例えば、B型肝炎予防の食べるワクチンとしてB型肝炎ウイルスの表面抗原をバナナで発現させ経口免疫によってB型肝炎感染を防除する試みがある。油糧種子中の油脂の脂肪酸残基組成を改変することは、第二世代組換え食品開発の初期からの目標であった。また、日本においてはインシュリンを分泌誘導して糖尿病になりにくくするコメや経口免疫寛容によるスギ花粉症を低減するコメの開発が先行している。また、鉄分を多く含むコメも開発中である。遺伝子組み換え作物 フレッシュアイペディアより)

  • ワクチン

    ワクチンから見たB型肝炎B型肝炎

    B型肝炎ウイルスワクチン(C型肝炎その他は開発中)ワクチン フレッシュアイペディアより)

  • 輸血

    輸血から見たB型肝炎B型肝炎

    輸血後肝炎:献血者の血液が持つB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスがスクリーニングをすり抜けて受血者に感染する。頻度は1万〜10万に1回の割合で発生する。輸血 フレッシュアイペディアより)

  • 予防接種

    予防接種から見たB型肝炎B型肝炎

    流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、水痘(みずぼうそう)、A型肝炎、B型肝炎、成人用肺炎球菌、狂犬病、ワイル病秋やみ等の他、定期接種の対象年齢層以外に対する1類疾病/2類疾病も任意接種となる。予防接種 フレッシュアイペディアより)

  • チンパンジー

    チンパンジーから見たB型肝炎B型肝炎

    チンパンジーは人間に近いため、動物実験によく用いられた。ポリオや、A型肝炎、B型肝炎のワクチン開発などに役立った。もっとも多くのチンパンジーを飼育したのは米国である。しかし20世紀の終わりごろから動物実験に廃止する立場から批判・攻撃をうけ、21世紀になると、動物実験用のチンパンジーの飼育頭数が徐々に減っていき、米国でさえ、C型肝炎のワクチン開発と、がん性腫瘍の治療法開発に限って実験を行う方向に大きく舵を切った。動物実験から引退したチンパンジーは、野生復帰は難しいため、人為的な保護区で余生を送っている。チンパンジー フレッシュアイペディアより)

  • 血友病

    血友病から見たB型肝炎B型肝炎

    濃縮血液製剤(非加熱製剤)の中にHIVやHCV、HBVが混入していたため、血友病患者がエイズに感染した薬害エイズ事件、C型肝炎、B型肝炎に感染した薬害肝炎事件が発生した。血友病 フレッシュアイペディアより)

  • 遺伝子工学

    遺伝子工学から見たB型肝炎B型肝炎

    最初の遺伝子組換え医薬はヒトのインスリンで、アメリカで1982年に承認された。もう一つの初期の応用例にはヒト成長ホルモンがあるが、これは以前には遺体から抽出されていたものである。1986年には最初のヒト用組換えワクチンであるB型肝炎ワクチンが承認された。これ以後、多くの遺伝子組換えによる医薬・ワクチンが導入されている。遺伝子工学 フレッシュアイペディアより)

  • ウイルスの分類

    ウイルスの分類から見たB型肝炎B型肝炎

    B型肝炎ウイルス (hepatitis B virus)ウイルスの分類 フレッシュアイペディアより)

  • 第五福竜丸

    第五福竜丸から見たB型肝炎B型肝炎

    重度の肝機能障害を起こす肝炎、肝癌、肝硬変の原因因子はそのほとんどが肝炎ウイルスの感染であり、アルコールやNASHは肝癌、肝硬変の原因としては全体から見れば少数派であり、放射線被曝での発症率はアルコールよりも低く放射線被曝が原因での肝炎肝癌発症の症例ほぼ皆無である。また、事件当時は医療器具、特に注射針に関してはディスポは殆ど行われず、消毒して使い回しされることもしばしばであり、各種法定予防ワクチンの集団接種で使い回しされた注射針が原因でB型肝炎ウィルス感染が引き起こされ集団訴訟になったのは周知の事実である。第五福竜丸乗組員17名が重度の肝機能障害を引き起こした原因は、ウィルス感染した売血による輸血であるという指摘も存在する。第五福竜丸 フレッシュアイペディアより)

79件中 51 - 60件表示