101件中 51 - 60件表示
  • 頼近美津子

    頼近美津子から見たB型肝炎B型肝炎

    1984年(昭和59年)、当時フジテレビの副社長だった鹿内春雄と結婚(春雄は再々婚)しフジテレビを退社。これも玉の輿婚とマスコミを賑わせた。2児をもうけるも、結婚からわずか4年後の1988年(昭和63年)、春雄はB型肝炎による急性肝障害のため42歳で病死し、頼近は未亡人となった。頼近美津子 フレッシュアイペディアより)

  • 医療廃棄物

    医療廃棄物から見たB型肝炎B型肝炎

    過去には、使い捨て注射針などを廃棄処分業者が、誤って手に刺したりしてB型肝炎に感染し劇症化したりする感染症被害を受ける事例もあったため、この注射針をプラスチック製の使い捨て注射器ごと電磁波を照射して溶かし、注射針の滅菌を合わせて行ってプラスチック・ブロックに封入、安全に処分する事が出来る装置が開発され普及している。医療廃棄物 フレッシュアイペディアより)

  • 肝硬変

    肝硬変から見たB型肝炎B型肝炎

    ウイルス性肝炎(B型肝炎、C型肝炎など)、アルコール性肝疾患、原発性胆汁性胆管炎、原発性硬化性胆管炎、ヘモクロマトーシス、自己免疫性肝炎、肝レンズ核変性症(Wilson病)などの慢性肝疾患が原因となり、あるいはこれらの疾患が進行した終末像である。日本には40万人の肝硬変患者がおり、60%がC型肝硬変、15%がB型肝硬変、12%がアルコール性肝硬変である(新臨床内科学 第8版)。かつては日本でも日本住血吸虫の有病地において、虫卵と栄養不良を原因とする肝硬変もみられた。最近ではメタボリックシンドロームに関連した非アルコール性脂肪性肝炎 (NASH) が原因として注目されている。肝硬変 フレッシュアイペディアより)

  • ルチアン・スンマルテアン

    ルチアン・スンマルテアンから見たB型肝炎B型肝炎

    その活躍から、2003年1月7日の23歳の時に元主将の後釜として、移籍金25万ユーロでFCラピド・ブカレストと契約した。しかし、トルコのアンタルヤで行われている冬季合宿での親善試合に出場した際に突如60分にベンチに退くと、2月2日にブカレストのスポーツ医学研究所でB型肝炎とD型肝炎を患っていると診断され、ビストリツァへの復帰が決定した。しかし、実際にはこの病気を患っておらず、2クラブ間での金銭面の相違を隠す為の嘘だった。ルチアン・スンマルテアン フレッシュアイペディアより)

  • テノホビル

    テノホビルから見たB型肝炎B型肝炎

    HIV感染症やB型肝炎の治療に用いられる。ギリアド・サイエンシズが開発し、日本では下記の製薬会社へ導出している。ジソプロキシルエステルの製品名は抗HIV薬としてはビリアード(日本たばこ産業製造、鳥居薬品販売), B型肝炎治療薬としては テノゼット錠300 mg(グラクソ・スミスクライン販売)。他にエムトリシタビンとの2剤合剤、リルピビリン・エムトリシタビンとの3剤合剤、エルビテグラビル・コビシスタット・エムトリシタビンとの4剤合剤が承認されている。アラフェナミドはB型肝炎にはベムリディ錠25 mg(ギリアド)が単剤で販売されているのに対し、抗HIV薬としては単剤では製品化されておらず、エルビテグラビル・コビシスタット・エムトリシタビンとの4剤合剤のみが使用できる。テノホビル フレッシュアイペディアより)

  • リツキシマブ

    リツキシマブから見たB型肝炎B型肝炎

    B型肝炎ウイルスキャリアの患者で、本剤の投与での免疫抑制によるウイルス活性化で劇症肝炎または肝炎増悪を生じることがある。リツキシマブ フレッシュアイペディアより)

  • ユルドゥライ・バシュテュルク

    ユルドゥライ・バシュテュルクから見たB型肝炎B型肝炎

    レバークーゼンでの1季目は、執拗なドリブルを武器にミヒャエル・バラックと共に攻撃の軸として3冠目前にまで躍進するチームに大きく寄与し、UEFAチャンピオンズリーグ 2001-02においてはUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦に初となるトルコ人選手としてレアル・マドリード戦に臨み、4-1-4-1システムの攻撃MFの位置で先発を務めたが、最終的に1-2で試合を落とすと、リーグ戦では勝ち点差僅か1でボルシア・ドルトムントの後塵を拝し、DFBポカールではシャルケ04との決勝戦に敗れて失意の無冠に終わった。同年の代表での活躍も相まって多くのクラブから関心を寄せられつつ、翌2002-03シーズンもレバークーゼンに残留することになったが、UEFAチャンピオンズリーグ 2002-03で2次リーグに進出する一方でリーグ戦では低迷し、降格寸前の15位でシーズンを終了した。2003-04シーズンは、リーグ戦で3位と再び躍進するチームとは違い、自身は開幕前にB型肝炎を患ったことで6週間出遅れており、バイエルン・ミュンヘン戦において復帰及びシーズン初得点こそ挙げたものの、離脱中に頭角を現したロブソン・ポンテの存在や後半戦に定期的なふくらはぎの負傷により、出場機会を確保するのに苦戦していた。ユルドゥライ・バシュテュルク フレッシュアイペディアより)

  • 日本大学医学部・大学院医学研究科

    日本大学医学部・大学院医学研究科から見たB型肝炎B型肝炎

    日本大学医学部は1943年(昭和18年)に設置された医科大学である。B型肝炎ワクチン、脳低温療法治療、日大式人工関節の研究開発などが行われている。2000年4月に医学部創立70周年記念事業の一環として、日本大学医学部先端医学総合研究センター(Advanced Medical Research Center)を設立。また、日本大学病院と附属板橋病院を開院しており、両病院には救命救急センターが付設されている。日本大学医学部・大学院医学研究科 フレッシュアイペディアより)

  • LGBTに関連した医療テーマ

    LGBTに関連した医療テーマから見たB型肝炎B型肝炎

    男性間性交渉者(MSM)は性感染症としての肝炎のリスク増加を抱えており、A型肝炎とB型肝炎はワクチンの接種による予防が必要とされる。ワクチンの研究開発中であるC型肝炎は現在のところセーファーセックスが性感染症における唯一の予防手段となる。LGBTに関連した医療テーマ フレッシュアイペディアより)

  • ウッドチャック

    ウッドチャックから見たB型肝炎B型肝炎

    肝癌を誘発するB型肝炎の医学研究に利用される。ウッドチャックがB型肝炎ウイルスに感染すると、肝癌になるリスクは100パーセントであるため、B型肝炎と肝癌治療の試験モデルとなっている。ウッドチャック フレッシュアイペディアより)

101件中 51 - 60件表示