101件中 61 - 70件表示
  • 松村外志張

    松村外志張から見たB型肝炎B型肝炎

    2. ヒト細胞を生産基質とするB型肝炎ワクチンの開発。松村外志張 フレッシュアイペディアより)

  • 悪性腫瘍

    悪性腫瘍から見たB型肝炎B型肝炎

    子宮頸癌は発癌リスクを軽減できるHPVワクチンが日本でも認可された。胃癌はヘリコバクター・ピロリを除菌することにより、発癌リスクを軽減できることが報告されている。B型肝炎はエンテカビルによりHBVウイルスを減少させることで、C型肝炎はインターフェロン療法によりHCVを駆除することにより、発癌リスクを軽減できることがわかっている。悪性腫瘍 フレッシュアイペディアより)

  • 先天性

    先天性から見たB型肝炎B型肝炎

    もっともよく調べられている動物であるヒトの例では、母体がダイエットや飢餓などで栄養不良に陥っている場合に血流不足などから胎児の発達が影響を受ける。これは子の糖尿病の発症のしやすいさにも影響を与える。また母親の喫煙によるニコチンや、食物に含まれる環境ホルモン、サリドマイドの催奇性事件が示すように、母体が摂取した薬物が、胎盤を通じて胎児の発生と成長に影響を及ぼすことが知られている。また母体におけるトキソプラズマ、風疹などの感染や、垂直感染としての性病・性感染症、例えば、梅毒、淋菌性感染症、クラミジア、B型肝炎、単純ヘルペスウイルス、そして近年問題となっているHIVなどが経胎盤感染で胎児に感染することがある。先天性 フレッシュアイペディアより)

  • H7N9鳥インフルエンザの流行

    H7N9鳥インフルエンザの流行から見たB型肝炎B型肝炎

    中国国外で初めてのH7N9感染者が中華民国(台湾)で発見された。53歳男性で、江蘇省蘇州市で働き、上海経由で台湾に帰国した。B型肝炎のキャリアーである(4月上旬に蘇州市のゴルフ場で生きている鳥類に接触した可能性が指摘されている)。H7N9鳥インフルエンザの流行 フレッシュアイペディアより)

  • アフラトキシン

    アフラトキシンから見たB型肝炎B型肝炎

    B型肝炎感染者がアフラトキシンを摂取すると肝臓癌リスクが上昇する。アフラトキシン フレッシュアイペディアより)

  • 岩瀬順三

    岩瀬順三から見たB型肝炎B型肝炎

    野坂昭如を尊敬しよく行動を共にし、野坂の小説『水虫魂』のモデルといわれている。野坂の小説『火垂るの墓』の実写映画化を企図し、アメリカに戦前の神戸の街並みを再現して実物のB-29から本物の焼夷弾を投下するなどの壮大なプランを立てていた。キックボクシングに熱中した野坂の関係からかプロボクシングの名門で立教の後輩本田明彦が経営する帝拳のスポンサーになり、フェザー級全日本高校王者の実績を引っ下げ沖縄から帝拳入りした浜田剛を社員として雇用した。1973年には日本のヒュー・ヘフナーを目指し、女を口説こうと別会社で美人を揃えたファッションモデルの会社を作ったが2ヶ月で潰した。野坂に「お前はもっと飲まなきゃダメだ」と言われて実行し肝臓は40代でボロボロになったといわれB型肝炎により52歳で早世した。岩瀬順三 フレッシュアイペディアより)

  • 板垣恵介

    板垣恵介から見たB型肝炎B型肝炎

    その後、B型肝炎を患って自衛隊を除隊。1年近い入院生活を送った後、職を転々としながらの生活を送っていた。1987年、格闘技と並ぶ少年時代からの趣味だったイラストの腕を生かし漫画家として身を立てようと、小池一夫主催の漫画教室『劇画村塾』に入塾(東京第六期生)。小池一夫原作の漫画『傷追い人』の主人公・茨城圭介と自身の妻・惠子の名前からペンネームを取って『板垣恵介』とし、1989年、『メイキャッパー』でデビュー。1991年、週刊少年チャンピオンに『グラップラー刃牙』の連載を開始。その後シリーズ第2部『バキ』、第3部『範馬刃牙』を経て、週刊少年チャンピオン2014年16号より第4部『刃牙道』を連載している。板垣恵介 フレッシュアイペディアより)

  • 松田めぐみ (弁護士)

    松田めぐみ (弁護士)から見たB型肝炎B型肝炎

    2013年、B型肝炎訴訟に携わる。松田めぐみ (弁護士) フレッシュアイペディアより)

  • ウイルスキャリア

    ウイルスキャリアから見たB型肝炎B型肝炎

    B型肝炎ウイルスは典型的で、母子感染により免疫の未発達な新生児期に感染するため、免疫機構によって排除されず、肝臓細胞に潜在する。C型肝炎ウイルスは成人期の水平感染であっても、免疫機構に排除されずいつくことが多い。また、HIVは感染から5-20年にわたって無症候でこの時代をキャリアとよぶ。HTLV-1(ヒト成人白血病ウイルス)では、数十年の潜伏期を経て5%がATLを発症する。ウイルスキャリア フレッシュアイペディアより)

  • チンパンジー

    チンパンジーから見たB型肝炎B型肝炎

    チンパンジーは人間に近いため、動物実験によく用いられた。ポリオや、A型肝炎、B型肝炎のワクチン開発などに役立った。もっとも多くのチンパンジーを飼育したのは米国である。しかし20世紀の終わりごろから動物実験に廃止する立場から批判・攻撃をうけ、21世紀になると、動物実験用のチンパンジーの飼育頭数が徐々に減っていき、米国でさえ、C型肝炎のワクチン開発と、がん性腫瘍の治療法開発に限って実験を行う方向に大きく舵を切った。。チンパンジー フレッシュアイペディアより)

101件中 61 - 70件表示