79件中 61 - 70件表示
  • 肝硬変

    肝硬変から見たB型肝炎B型肝炎

    ウイルス性肝炎(B型肝炎、C型肝炎など)、アルコール性肝障害、原発性胆汁性肝硬変、原発性硬化性胆管炎、ヘモクロマトーシス、自己免疫性肝炎、Wilson病などの慢性肝疾患が原因となり、あるいはこれらの疾患が進行した終末像である。 日本には40万人の肝硬変患者がおり、60%がC型肝硬変、15%がB型肝硬変、12%がアルコール性肝硬変である(新臨床内科学 第8版)。かつては日本でも日本住血吸虫の有病地において、虫卵と栄養不良を原因とする肝硬変もみられた。最近ではメタボリックシンドロームに関連した非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)が原因として注目されている。肝硬変 フレッシュアイペディアより)

  • 明治乳業

    明治乳業から見たB型肝炎B型肝炎

    2008年(平成20年)、B型肝炎ワクチン製造工場に行政査察が入り、無菌充填機の清浄度区分が2006年(平成18年)7月に発信された無菌操作ガイドラインの基準を満たさないので、改善するように命令を受けた。明治乳業は、ワクチンの安全性に問題はないものの改善が終了するまでの間、ワクチンの自主回収を実施した。現在では、その改善終了後の行政査察で問題はなかったが、事業性の観点から、ワクチン事業の終了を決定した。明治乳業 フレッシュアイペディアより)

  • グラクソ・スミスクライン

    グラクソ・スミスクラインから見たB型肝炎B型肝炎

    主成分: ラミブジン。抗HBV化学療法剤 B型肝炎・肝硬変等に使用される。グラクソ・スミスクライン フレッシュアイペディアより)

  • 日本大学

    日本大学から見たB型肝炎B型肝炎

    日本大学医学部は、世界でトップとなる「脳低温療法」や「B型肝炎ワクチンの開発」、「日大式人工関節の開発」などで知られ、先進医療に先駆け先端医学総合研究センターが設置されている。3つの付属病院(板橋・駿河台・練馬光が丘)と医学部総合健診センターを持ち、医学部附属板橋病院および駿河台日本大学病院には救命救急センターが設置されている。医学部は旧設(旧設八医科大学)であり、自校出身の教授が多数いる。医学教育の面では日本で最も早くOSCE(客観的臨床能力試験)を導入した。日本大学 フレッシュアイペディアより)

  • アナルセックス

    アナルセックスから見たB型肝炎B型肝炎

    肛門は本来、排泄を行うためのものであり、必ずしも性交に適切であるわけではない。そのため、異物の挿入によって裂傷や擦過傷とそれによる出血、裂肛(切れ痔)、直腸脱、炎症性腸疾患までを引き起こすことがある。また、挿入側にも様々な性感染症(B型肝炎、HIV感染を含む)、腸内の大腸菌などの細菌による尿道炎等の尿路感染症を引き起こす恐れがある。大きな異物や鋭利なものを挿入した場合は、直腸穿孔を合併することがある。またビン、ペットボトル、大人の玩具を挿入した場合などに、抜去不可能となり、医療機関にて腰椎麻酔の上、肛門鏡を使用して摘出したり、開腹手術が必要になることもある。アナルセックス フレッシュアイペディアより)

  • 除斥期間

    除斥期間から見たB型肝炎B型肝炎

     乳幼児期に受けた集団予防接種等によってB型肝炎ウイルスに感染しB型肝炎を発症したことによる損害につき、B型肝炎を発症した時が724条後段所定の除斥期間の起算点となるとされた事例除斥期間 フレッシュアイペディアより)

  • プロボクサー

    プロボクサーから見たB型肝炎B型肝炎

    また、ライセンスの有効期限内であっても、網膜剥離など重度の眼疾が発見された場合や、脳疾患の発覚および開頭手術を伴う外科手術を受けた場合、またB型肝炎などの血液を介して感染する可能性のある疾病の罹患が発覚した場合など、健康上重大な問題が発覚した場合はJBCから引退勧告の対象となり、現役続行が事実上不可能となる(ただし、網膜剥離の完治者については、この眼疾を克服した辰吉丈一郎が強く復帰を望んだ結果、厳重な医療診断の上で、世界タイトルマッチまたはこれに準じる試合のみ国内での試合出場が可能となった)。プロボクサー フレッシュアイペディアより)

  • クラミジア

    クラミジアから見たB型肝炎B型肝炎

    細胞壁にペプチドグリカンがないため、ペニシリン系・セフェム系のβラクタム抗生物質は無効であり、マクロライド系・テトラサイクリン系・ニューキノロン系といった抗菌剤が治療には用いられる。女性のクラミジア感染が蔓延しつつあり、不妊症の原因となる骨盤腔内の感染が問題となりつつある。また不特定多数との性交渉によりキャッチボールと呼ばれる感染パターンのため男性も危険に曝されている。クラミジア感染は、同時にHPV→子宮頸癌、B型肝炎→肝硬変・肝癌、エイズの同時感染という問題もはらんでいる。クラミジア フレッシュアイペディアより)

  • 男性間性交渉者

    男性間性交渉者から見たB型肝炎B型肝炎

    B型肝炎は人間を含むヒト上科の動物の肝臓に感染するB型肝炎ウイルス(HBV)によって起こされる疾患で、肝炎と呼ばれる炎症を引き起こす。この病気はアジアやアフリカの一部で伝染病を引き起こし、中国ではエピデミック(急激な流行拡大)を引き起こした(英語版の記事)。男性間性交渉者 フレッシュアイペディアより)

  • クンニリングス

    クンニリングスから見たB型肝炎B型肝炎

    クンニリングスには、フェラチオと同様、危険性がないわけではない――陰部を清潔に保った健康体であれば性感染症に感染することはないが、そうでなければクラミジア、淋病、ヘルペス、尖形コンジローム、梅毒、B型肝炎のような性感染症の大部分が、行為を通じ感染する可能性がある。ただしエイズ感染の可能性は低く、例えば両者が共に出血したような場合に偶発的に起こるのみである。また近くに位置する肛門を舐めれば(アニリングス)、便を媒介してA型肝炎、アメーバ赤痢などに感染する可能性がある。クンニリングス フレッシュアイペディアより)

79件中 61 - 70件表示

「B型肝炎訴訟」のニューストピックワード