前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示
  • B型肝炎

    B型肝炎から見た肝硬変

    B型肝炎ウイルスが増殖し、血液検査においてALT高値持続認め、肝障害を呈している状態。肝硬変への移行・肝細胞癌の発症を生じてくる。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見たワクチン

    スクリーニング検査でHBs抗体陽転の際に測定する。HBV感染であればHBc抗体陽性となり、ワクチンによるものであればHBc抗体は陰性である。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た抗癌剤

    近年、さまざまな免疫抑制剤・抗癌剤・分子標的治療薬が開発され、それらの使用により沈静化していたB型肝炎か再燃するもの。劇症肝炎への移行率が高く、注意を要する。2001年リツキシマブとステロイドの併用により加療していた悪性リンパ腫患者が、B型肝炎を発症したことが報告されてからクローズアップされている。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た免疫抑制剤

    近年、さまざまな免疫抑制剤・抗癌剤・分子標的治療薬が開発され、それらの使用により沈静化していたB型肝炎か再燃するもの。劇症肝炎への移行率が高く、注意を要する。2001年リツキシマブとステロイドの併用により加療していた悪性リンパ腫患者が、B型肝炎を発症したことが報告されてからクローズアップされている。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た漢方

    小柴胡湯(漢方):IFNとの併用は間質性肺炎のリスクが高まるとのことで併用禁忌薬B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見たウイルス性肝炎

    B型肝炎(Bがたかんえん、)とは、B型肝炎ウイルス (HBV) に感染することで発症するウイルス性肝炎の一つ。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見たB型肝炎ウイルス

    B型肝炎(Bがたかんえん、)とは、B型肝炎ウイルス (HBV) に感染することで発症するウイルス性肝炎の一つ。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見たアラニントランスアミナーゼ

    血液検査にて、HBe抗原陽性を示し、ALT高値を示さない状態。B型肝炎ウイルスが増殖しているが、肝障害は呈していない状態のこと。多くの場合、自然経過でHBe抗原陰性・HBe抗体陽性を生じ、HBe抗体陽性無症候性キャリアへ移行する(HBeセロコンバージョン:HBe seroconversionという)が、一部は慢性肝炎へと移行する。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た肝細胞癌

    B型肝炎ウイルスが増殖し、血液検査においてALT高値持続認め、肝障害を呈している状態。肝硬変への移行・肝細胞癌の発症を生じてくる。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見たC型肝炎

    母子感染の90%以上は、C型肝炎と同様、B型肝炎ウイルスに持続的感染を呈する場合が多い。1986年から母子間ブロックが行われるようになってからは感染はほとんど防げている。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示

「B型肝炎訴訟」のニューストピックワード