前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示
  • B型肝炎

    B型肝炎から見た肝硬変

    日本においてB型肝炎ウイルス保有者(キャリア)は、150万人程度といわれている。その内の約95%は自然治癒するが、約5%は肝炎発症となり、慢性肝炎、肝硬変、肝臓ガンへと進行することがある。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見たワクチン

    HBs抗体:中和抗体であり、陽性であれば既往感染・ワクチン接種後を示す。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た覚醒剤

    かつては幼児期(7歳まで)の輸血による感染が多かったが、現在では先進国では検査体制が確立したためほとんど見られない。針刺し事故や覚醒剤注射の回し打ち・刺青での針の再使用などもある。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た免疫抑制剤

    近年、さまざまな免疫抑制剤・抗がん剤・分子標的治療薬が開発され、それらの使用により沈静化していたB型肝炎か再燃するもの。劇症肝炎への移行率が高く、注意を要する。2001年リツキシマブとステロイドの併用により加療していた悪性リンパ腫患者が、B型肝炎を発症したことが報告されてからクローズアップされている。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た漢方

    小柴胡湯(漢方):IFNとの併用は間質性肺炎のリスクが高まるとのことで併用禁忌薬B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見たウイルス性肝炎

    B型肝炎(Bがたかんえん、)とは、B型肝炎ウイルス (HBV) に感染することで発症するウイルス性肝炎の一つ。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た抗がん剤

    近年、さまざまな免疫抑制剤・抗がん剤・分子標的治療薬が開発され、それらの使用により沈静化していたB型肝炎か再燃するもの。劇症肝炎への移行率が高く、注意を要する。2001年リツキシマブとステロイドの併用により加療していた悪性リンパ腫患者が、B型肝炎を発症したことが報告されてからクローズアップされている。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見たB型肝炎ウイルス

    B型肝炎(Bがたかんえん、)とは、B型肝炎ウイルス (HBV) に感染することで発症するウイルス性肝炎の一つ。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見たアラニントランスアミナーゼ

    血液検査にて、HBe抗原陽性を示し、ALT高値を示さない状態。B型肝炎ウイルスが増殖しているが、肝障害は呈していない状態のこと。多くの場合、自然経過でHBe抗原陰性・HBe抗体陽性を生じ、HBe抗体陽性無症候性キャリアへ移行する(HBeセロコンバージョン:HBe seroconversionという)が、一部は慢性肝炎へと移行する。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た肝細胞癌

    B型肝炎ウイルスが増殖し、血液検査においてALT高値持続認め、肝障害を呈している状態。肝硬変への移行・肝細胞癌の発症を生じてくる。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示