55件中 11 - 20件表示
  • B型肝炎

    B型肝炎から見たC型肝炎

    母子感染の90%以上は、C型肝炎と同様、B型肝炎ウイルスに持続的感染を呈する場合が多い。1986年から母子間ブロックが行われるようになってからは感染はほとんど防げている。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た輸血

    血液を介して感染するため、従来の検査体制が確立されない時期に輸血を介して、または1986年に母子間ブロックが実施されるようになる前には母子感染で感染した。感染の予防策としては、注射器を共用しない、性行為時にコンドームの着用といったことがある。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た母子感染

    血液を介して感染するため、従来の検査体制が確立されない時期に輸血を介して、または1986年に母子間ブロックが実施されるようになる前には母子感染で感染した。感染の予防策としては、注射器を共用しない、性行為時にコンドームの着用といったことがある。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た劇症肝炎

    B型肝炎ウイルスに感染した場合、多くは無症状で経過するが、20?30%が急性肝炎を発症し、1?2%が劇症肝炎化する。D型肝炎の混合感染が生じる場合もある。成人の初感染の多くは、免疫応答でウイルスを排除しての一過性感染であるが、近年成人感染のキャリア化が報告されている。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た予防接種

    水平感染予防の観点から、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会は定期接種化が必要としていて、厚生労働省は2016年10月に予防接種法に基づく「定期接種」にする方針を決めた。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た血液

    血液を介して感染するため、従来の検査体制が確立されない時期に輸血を介して、または1986年に母子間ブロックが実施されるようになる前には母子感染で感染した。感染の予防策としては、注射器を共用しない、性行為時にコンドームの着用といったことがある。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見たコンドーム

    血液を介して感染するため、従来の検査体制が確立されない時期に輸血を介して、または1986年に母子間ブロックが実施されるようになる前には母子感染で感染した。感染の予防策としては、注射器を共用しない、性行為時にコンドームの着用といったことがある。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た性感染症

    水平感染:性感染症・輸血・臓器移植・刺青・針刺し事故等B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た急性肝炎

    B型肝炎ウイルスに感染した場合、多くは無症状で経過するが、20?30%が急性肝炎を発症し、1?2%が劇症肝炎化する。D型肝炎の混合感染が生じる場合もある。成人の初感染の多くは、免疫応答でウイルスを排除しての一過性感染であるが、近年成人感染のキャリア化が報告されている。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た抗ウイルス治療

    B型肝炎における抗ウイルス治療は、B型肝炎ウイルスの活動を抑制する治療である。B型肝炎ウイルスは自然経過において、ウイルスに対する抗体(HBs抗体ないしHBe抗体)が取得されることで、ウイルスの活性化が沈静化していくが、これを「セロコンバージョン(seroconversion)」と呼ぶ。抗ウイルス治療はこの状態を促していくことと、この状態に近いウイルスの活動性の鎮静が目標である。よって、現在の医療では「B型肝炎ウイルスの完全排除」は困難である。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

55件中 11 - 20件表示