51件中 31 - 40件表示
  • B型肝炎

    B型肝炎から見た性行為感染

    水平感染:性行為感染・輸血・臓器移植・刺青・針刺し事故等B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た肝生検

    肝生検により肝臓の傷害について、リンパ球浸潤や線維化などの組織学的評価ができる。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見たHIV

    核酸アナログ製剤の次世代薬。日本ではB型肝炎には未承認。抗HIV薬としては日本・海外で広く使用されている。B型肝炎ウイルスに対しても海外では良好な成績が報告されている。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た抗ウイルス治療

    抗ウイルス治療はB型肝炎ウイルスを排除する治療である。B型肝炎ウイルスは自然経過において排除抗体(HBs抗体ないしHBe抗体)を取得し、ウイルスの活性化が沈静化していき、これを「セロコンバージョン(seroconversion)」と呼ばれているが、抗ウイルス治療はこれを促していくことを目標としていく。治療適応は「HBe抗原陽性無症候性キャリア」・「慢性B型肝炎」・「B型肝硬変」である。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た感度

    従前はbranched DNA probe, TMA, PCR が用いられていたが、感度の優れたリアルタイムPCRが現在は主である。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見たD型肝炎

    B型肝炎ウイルスに感染した場合、多くは無症状で経過するが、20?30%が急性肝炎を発症し、1?2%が劇症肝炎化する。D型肝炎の混合感染が生じる場合もある。成人の初感染の多くは、免疫応答でウイルスを排除しての一過性感染であるが、近年成人感染のキャリア化が報告されている。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見たコンドーム

    VD(性行為感染症)としては、コンドームの着用である程度予防することができる。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見たリツキシマブ

    近年、さまざまな免疫抑制剤・抗癌剤・分子標的治療薬が開発され、それらの使用により沈静化していたB型肝炎か再燃するもの。劇症肝炎への移行率が高く、注意を要する。2001年リツキシマブとステロイドの併用により加療していた悪性リンパ腫患者が、B型肝炎を発症したことが報告されてからクローズアップされている。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た悪性リンパ腫

    近年、さまざまな免疫抑制剤・抗癌剤・分子標的治療薬が開発され、それらの使用により沈静化していたB型肝炎か再燃するもの。劇症肝炎への移行率が高く、注意を要する。2001年リツキシマブとステロイドの併用により加療していた悪性リンパ腫患者が、B型肝炎を発症したことが報告されてからクローズアップされている。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た血小板

    血小板(Plt)、プロトロンビン時間(PT)、アルブミン (Alb)、コリンエステラーゼ (ChE) などB型肝炎 フレッシュアイペディアより)

51件中 31 - 40件表示

「B型肝炎訴訟」のニューストピックワード