55件中 31 - 40件表示
  • B型肝炎

    B型肝炎から見た抗ウイルス療法

    主な治療法は、インターフェロンや核酸アナログ製剤を用いた抗ウイルス療法などがある。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た悪性リンパ腫

    近年、さまざまな免疫抑制剤・抗がん剤・分子標的治療薬が開発され、それらの使用により沈静化していたB型肝炎か再燃するもの。劇症肝炎への移行率が高く、注意を要する。2001年リツキシマブとステロイドの併用により加療していた悪性リンパ腫患者が、B型肝炎を発症したことが報告されてからクローズアップされている。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た肝癌

    B型肝炎と、将来の肝がんを予防するため、不活化ワクチンを接種する。世界180か国以上で行われている、ワクチンの中でも最も安全なものの一つ。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た肝細胞

    HBc抗体:陽性であれば現在・過去のHBV感染を示す。現在ないし過去も含めて一度でもHBV感染すれば生涯に渡りHBc抗体陽性である。これはHBs抗体(中和抗体)取得されていてウイルスの抑制排除が行われていて、他人への感染力も低く、体内でのウイルス活動は十分に抑えられていても、生体内の肝細胞においてウイルス自体の潜伏は続いているからと言える。ワクチン接種後のみの場合はHBc抗体陰性である。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た移植 (医療)

    水平感染:性感染症・輸血・臓器移植・刺青・針刺し事故等B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た小柴胡湯

    小柴胡湯(漢方):IFNとの併用は間質性肺炎のリスクが高まるとのことで併用禁忌薬B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た予防接種法

    水平感染予防の観点から、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会は定期接種化が必要としていて、厚生労働省は2016年10月に予防接種法に基づく「定期接種」にする方針を決めた。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見たヒト免疫不全ウイルス

    元々HIV治療薬として開発された。耐性ウイルス出現が多く、近年は新規使用には用いられていない。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見た労働安全衛生法

    労災事故防止(対象 医療関係者・救急関係者等)の観点から実習前の段階からB型肝炎ワクチンの接種が望ましいとされているが、日本では労働安全衛生法上の義務にも関わらず一部の医療機関でB型肝炎ワクチンの予防接種の未実施や接種費用の一部の自己負担を請求している等の問題がある。B型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • B型肝炎

    B型肝炎から見たプロトロンビン時間

    血小板(Plt)、プロトロンビン時間(PT)、アルブミン (Alb)、コリンエステラーゼ (ChE) などB型肝炎 フレッシュアイペディアより)

55件中 31 - 40件表示