98件中 11 - 20件表示
  • ソニーモバイルコミュニケーションズ

    ソニーモバイルコミュニケーションズから見たブラビアブラビア

    ソニー・エリクソン誕生後、ソニーの代表的なブランドであるウォークマン(オーディオプレーヤー)、サイバーショット(デジタルカメラ)、ブラビア(液晶テレビ)などを冠した、特徴的な端末を出して好評を得て、近年はスマートフォンの「Xperia(エクスペリア)」シリーズが主力になっている。ウォークマン携帯は世界各国で販売され、2007年第1四半期だけで1890万台販売し、「音楽携帯をリード」(同社CEOマイルス・フリント)していた。ソニーモバイルコミュニケーションズ フレッシュアイペディアより)

  • ソニー

    ソニーから見たBRAVIAブラビア

    7月を目処に、9期連続で営業赤字が続く「BRAVIA」などを展開するTV事業を設立する完全子会社に分社。ソニー フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見たBRAVIAブラビア

    face以前に採用されていたブランドである。BSアナログチューナーを内蔵した大画面テレビのブームに乗って1989年に登場した。ライバル機種は「プロフィール・スター」「ドラマゾーン」「キララバッソ」(ソニー)、「パナカラーイクス」「画王」(パナソニック)、「CZ」(三菱電機)、「帝王」(三洋電機)など。特に音質にこだわり、以降の東芝製ハイエンドテレビに多く搭載された重低音専用スピーカー「バズーカウーハー」を特徴とした。また、リモコンのボタン1つで白黒の映像を鮮やかに映し出す「モノトーンモード」を搭載したモデルも存在した。ワイドテレビは「ワイドバズーカ」というブランドで販売していた。faceブランドが採用された後も、球面ブラウン管テレビのブランド名として採用されていた。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • 梶浦花

    梶浦花から見たブラビアブラビア

    Sony『BRAVIA』ビリヤード篇(2007年)梶浦花 フレッシュアイペディアより)

  • W43S

    W43Sから見たBRAVIAブラビア

    また、本機種は2.7インチ、432×240ドットの「フルワイド液晶」という、これまでにないサイズ、解像度のメインディスプレイを採用している。これは、カシオ製端末などで採用されているワイドQVGA(240×400ドット)よりも大きく、縦横比はワイドテレビの16:9よりも細長い9:5である。また、同社の液晶テレビ「BRAVIA」に搭載されている高画質エンジンを携帯向けにした「RealityMAX」を搭載している。RealityMAXはW44S、NTTドコモ向けのSO903iにも搭載されている。W43S フレッシュアイペディアより)

  • SO905iCS

    SO905iCSから見たブラビアブラビア

    メインディスプレイは新開発のソニー製2.7インチフルワイドVGA液晶を搭載。液晶テレビBRAVIAの技術を応用したRealityMAXも搭載した。また表示色数も1,677万色となった。またサイズは小さいものの、Apple社のiPhone 4よりも高精細なディスプレーを持つ。SO905iCS フレッシュアイペディアより)

  • RealityMAX

    RealityMAXから見たBRAVIAブラビア

    (※SO903iTVはRealityMAXではなくモバイルBRAVIAエンジンとなり、別物である。)RealityMAX フレッシュアイペディアより)

  • VA方式

    VA方式から見たブラビアブラビア

    日本国内シェアで上位に居るシャープ(アクオス)や、東芝(レグザ)の一部機種、世界シェアで上位に居るサムスン電子、ソニー(ブラビア)、CMO、AUO(共に台湾)等が採用しているため量的比率も非常に高い。VA方式 フレッシュアイペディアより)

  • URBANO BARONE

    URBANO BARONEから見たBRAVIAブラビア

    BRAVIAポストカード対応URBANO BARONE フレッシュアイペディアより)

  • BRAVIAケータイ

    BRAVIAケータイから見たBRAVIAブラビア

    シャープが905SH等に、同社の液晶テレビ「AQUOS」ブランドを載せて「AQUOSケータイ」と銘打って販売しているのと同様、ソニーのデジタルハイビジョンテレビ「BRAVIA」のブランドを銘打ったものである。BRAVIAケータイ フレッシュアイペディアより)

98件中 11 - 20件表示

「BRAVIA」のニューストピックワード