98件中 41 - 50件表示
  • MotorStorm2 〜モーターストーム2〜

    MotorStorm2 〜モーターストーム2〜から見たBRAVIAブラビア

    特販キャンペーンで「MotorStorm2 3D体験版 BRAVIA」が付属されているSONY製液晶テレビ「BRAVIA」を購入。MotorStorm2 〜モーターストーム2〜 フレッシュアイペディアより)

  • ベガ (テレビ)

    ベガ (テレビ)から見たBRAVIAブラビア

    WEGA (ベガ) は、1975年にソニーが買収したドイツの音響・映像機器メーカー。その後、一時期発売していたテレビのブランド名。表示素子はブラウン管のほか、BRAVIA(ブラビア)の発売までは、液晶テレビ・プラズマテレビにもこの名称が使われ、リアプロジェクションテレビは「グランドベガ」と名付けられていた。ベガ (テレビ) フレッシュアイペディアより)

  • S-LCD

    S-LCDから見たブラビアブラビア

    ソニーの液晶テレビ「BRAVIA」のカタログには「ソニーパネル」を使用している旨の記載があった。だが実際、液晶パネルはソニーではなくS-LCDが生産していた。よってカタログやWebなどの「ソニーパネル」という単語には脚注がついており「ソニーパネルはS-LCD社製です」、もしくは「S-LCD商標を付したソニー仕様パネルです」と記載されていた。S-LCD フレッシュアイペディアより)

  • スマートテレビ

    スマートテレビから見たBRAVIAブラビア

    BRAVIA (ソニー)、ネットワーク対応モデルはYouTube、Music Unlimited、Skypeなど、多数のアプリを搭載する。スマートテレビ フレッシュアイペディアより)

  • PSX

    PSXから見たブラビアブラビア

    メニュー画面にクロスバーと言われる横列の機能別メニューと縦列の項目ボタンを交差させて機能選択する、新感覚のGUI「クロスメディアバー(XMB)」を導入した最初の機種でもある。PlayStation Portable・VAIO(Do VAIO・VAIO Media)・PlayStation 3・ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(現ソニーモバイルコミュニケーションズ)製携帯電話やブラビア・BDレコーダーに装備されている。PSX フレッシュアイペディアより)

  • トリルミナス

    トリルミナスから見たブラビアブラビア

    広色域での静止画と動画の表示が可能な液晶テレビ「ブラビア」やビデオプロジェクターなどの映像表示機器に用いられている。トリルミナス フレッシュアイペディアより)

  • コクーン (チャンネルサーバー)

    コクーン (チャンネルサーバー)から見たブラビアブラビア

    その後、コクーンの後継機は出なかったが、当時のWEGAやデジタルチューナーなどとiLINK(TS)接続して伝送するチューナー非搭載のHDDレコーダーとしてVRP-T3(2004年10月3日発売)、VRP-T5(2004年10月1日発売)が販売された。その後、ブラビアのオプション機器としてHDDレコーダーのBRX-A250(2007年11月20日発売)、BRX-A320(2009年2月20日発売)が発売されている。コクーン (チャンネルサーバー) フレッシュアイペディアより)

  • Digital Living Network Alliance

    Digital Living Network Allianceから見たブラビアブラビア

    BRAVIA(液晶テレビ、X1000シリーズ・J5000シリーズ・J3000シリーズ以降)、コクーン(HDDレコーダー)、スゴ録(DVDレコーダー)、VAIO (PC)、NETJUKE(ミニコンポ)、BDZシリーズ(BDレコーダー)、Sony Tablet(タブレット端末)Digital Living Network Alliance フレッシュアイペディアより)

  • SO-01C

    SO-01Cから見たブラビアブラビア

    ディスプレイにはブラビアにも採用されている「クリアブラックパネル」を採用し、光の乱反射と拡散を低減させているため大きな視野角をもっている。また、コントラスト向上技術と輪郭強調技術を組み合わせた「モバイルブラビアエンジン」を搭載しているため、動画や写真などのくっきりとあざやかな表現を可能にしている。SO-01C フレッシュアイペディアより)

  • Xperia Tablet S

    Xperia Tablet Sから見たブラビアブラビア

    液晶もブラビアにも使われている『オプティコントラストパネル』に変更。バッテリーの容量も5000mAhから6000mAhに強化され、駆動時間もスタンバイ時で約430時間から約1050時間に、Web閲覧時で約6.2時間から10時間に伸びている。新たに防水にも対応し、IPX4相当の防滴構造になった。端子も変更され、microUSB端子が廃止され、充電やデータ転送に対応する『マルチポート』が代わりに搭載された。先代モデルに引き続き『サクサク・エクスペリエンス』に対応している。Xperia Tablet S フレッシュアイペディアより)

98件中 41 - 50件表示

「BRAVIA」のニューストピックワード