77件中 21 - 30件表示
  • ブラビア

    ブラビアから見たブラウン管

    なお、地上デジタルテレビジョン放送非対応機のみが最後まで生産されていたトリニトロンカラーテレビが2007年4月に生産を終了したため、ソニーはブラウン管テレビおよび地デジ非対応テレビがラインアップから消滅した。また、WEGAブランド時代はプラズマテレビの販売もしていたが、BRAVIAブランドのプラズマテレビはラインアップされていない。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たFacebook

    HX920シリーズ - HX900シリーズ後継。映像を高精度に解析し、映像ソースに合わせた高画質化処理を行う「X-Reality(エックスリアリティ)」に高画質化技術"DRC"をベースに進化させた画質回路「XCA7」を組み合わせて構成された「X-Reality PRO」を搭載。映像本来の鮮鋭感を蘇らせることで、映像表現力を向上した。さらに、ソニー独自の4倍速表示に映像の表示タイミングに合わせてバックライトを高速駆動させる「バックライトブリンキング」を行うことで16倍駆動相当の動画性能を実現させた「モーションフローXR960」を搭載した。バックライトには直下型LED「インテリジェントピークLED」を採用し、3D映像ではより明るく、2D映像でもバックライトの発光を最適制御することで本来の黒の深みを表現した。また、こまめに節電をサポートする「インテリジェント人感センサー(顔認識機能付)」、従来のHX900シリーズでは別売りだった3Dシンクロトランスミッターを搭載し、外付けUSBハードディスクによる録画に対応した。インターネットテレビ機能に関しても「ブラビアネットチャンネル」・Skypeに加え、新たにFacebookなどのアプリが追加され、さらに充実した(3Dメガネは別売り)。2011年11月には現行のブラビアの中で最大サイズとなる65V型を追加発売した。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たNTTドコモ

    ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズがNTTドコモ向け、およびKDDI/沖縄セルラー電話の各auブランド向けに販売している携帯電話。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見た鹿島アントラーズ

    TVCMには女優の川口春奈を起用している。それ以前は女優の篠原涼子とミュージシャンの矢沢永吉を起用しており、篠原はV5およびEX700シリーズ、矢沢はF5、W5シリーズとモデルによって使い分けていた時期もあった。また、2010 FIFAワールドカップオフィシャルテレビということもあって、サッカー日本代表・内田篤人(鹿島アントラーズ)を起用したCMもあった。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たLED

    EX700シリーズ - V5シリーズ後継。ブラビアネットチャンネル対応ハイスタンダードモデル。高画質回路「ブラビアエンジン3」を採用するほか、倍速液晶技術「モーションフロー120Hz」を搭載し、さらに白色LEDをパネルのエッジのみに配置した「エッジ型LEDバックライト」を採用することで、更なる高画質を実現した。またV5シリーズの「人感センサー」、「主電源スイッチ」を継承し、さらにバックライトにLEDを採用することで、さらなる省電力化を実現した。カラーはブラックとホワイトが選べる(KDL-52EX700はブラックのみ)。なお、EX700シリーズは32V型もフルハイビジョンパネルを採用する。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たプラズマテレビ

    なお、地上デジタルテレビジョン放送非対応機のみが最後まで生産されていたトリニトロンカラーテレビが2007年4月に生産を終了したため、ソニーはブラウン管テレビおよび地デジ非対応テレビがラインアップから消滅した。また、WEGAブランド時代はプラズマテレビの販売もしていたが、BRAVIAブランドのプラズマテレビはラインアップされていない。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たワンセグ

    シャープの「亀山モデル」に対抗して「稲沢モデル」を名乗ったり(後述)、ワンセグ対応携帯電話でも「AQUOSケータイ」に対抗して「BRAVIAケータイ」を発表したりと、「AQUOS」を意識している傾向が見られる。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たソニーイーエムシーエス

    BRAVIAは、店頭でメーカーの「稲沢産」というPOPがついているが、これはシャープの「亀山モデル」を意識したものと思われる。BRAVIAの設計、一部電子部品の製造、製品の組み立て、検査、梱包などは、愛知県稲沢市にあるソニーEMCS株式会社稲沢テック(旧ソニー稲沢株式会社)で行われている(そこは、かつてソニーが誇った独自技術であるトリニトロン方式のブラウン管の主力製造工場だったことで知られる)。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見た日立リビングサプライ

    23V型以下の日立リビングサプライ扱いのものは松下電器のOEMである(ブラウン管は三菱電機OEM)。これはWoooを名乗っていない(デザイン・外観・機能は松下ビエラと全く同じ)。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たBOSE

    1985年に登場。高画質・高音質・高機能を両立させ、「キララバッソ」の発売までソニーの最高級カラーテレビとして(クリアビジョン(EDTV)対応のED1/ED2シリーズの販売期間を除く)の役割を担った。後期型ではドルビーサラウンドシステムやBOSE製スピーカーを搭載するなど、特に音質面でのこだわりが見られた。ブラビア フレッシュアイペディアより)

77件中 21 - 30件表示

「BRAVIA」のニューストピックワード