118件中 21 - 30件表示
  • ブラビア

    ブラビアから見たルイ・アームストロング

    2005年?2006年まではジョン・レジェンドや渡辺美里がカヴァーした「What a Wonderful World(この素晴らしき世界)」を使用した(オリジナルはルイ・アームストロング)。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たアクトビラ

    J5000シリーズ - ソニー10bitカラーパネル、ブラビアエンジンの高画質化にライブカラークリエーションを採用、モーションフロー(倍速駆動)で60フレームから120フレームへの変換、更に業界初の24フレームを120フレームへ変換、DLNA、アクトビラといったネットワークシステムも対応、新スタンダードモデル。初代に搭載されていたXMBも若干仕様(デザインなど)を変更して復活した。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たSkype

    EX720シリーズ - EX700シリーズ後継。新たに高画質技術「X-Reality(エックスリアリティ)」を搭載するとともに、従来の倍速駆動にLEDバックライトを上下2分割にしてON/OFFのバックライト制御を行うことで4倍速駆動相当のなめらかな映像を実現する「モーションフローXR240」を搭載。さらに3Dシンクロトランスミッターを内蔵しており、別売りの3Dメガネをかけることで3D映像も堪能できるスタンダードモデル。「ブラビア ネットチャンネル」・Skype対応。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見た液晶テレビ

    BRAVIAはBest Resolution Audio Visual Integrated Architectureの略称で、2005年8月にソニーの経営不振の主要な原因になっていたテレビ部門の復活をこめて、ブランド変更された。以前のブランド名はWEGAであった。一方、同社の業務用液晶カラービデオモニターのブランド名は「LUMA」(ルーマ)である。韓国サムスン電子との合弁会社S-LCD(韓国牙山市)で生産する液晶パネル及び液晶モジュールを使用することで、短期間で液晶テレビの供給体制を整えた。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たブラウン管

    なお、地上デジタルテレビジョン放送非対応機のみが最後まで生産されていたトリニトロンカラーテレビが2007年4月に生産を終了したため、ソニーはブラウン管テレビおよび地デジ非対応テレビがラインアップから消滅した。また、WEGAブランド時代はプラズマテレビの販売もしていたが、BRAVIAブランドのプラズマテレビはラインアップされていない。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見た有機エレクトロルミネッセンス

    KJ-画面サイズ+シリーズを表す1文字のアルファベットと1桁または3桁、4桁の数字(A1系は4K UHD 有機ELパネル搭載の上位機、Z9系は4K UHDパネル搭載のフラッグシップ機、X9000系は4K UHDパネル搭載の上位機、X8000系は4K UHDパネル搭載の普及機、W800系はハイビジョンの上位機、W700系はハイビジョンの中位機、W500系はハイビジョンの普及機)+世代を表すアルファベット(2013年春モデル以降の型番法則からの続きとなっており、2015年モデルは"C"、2016年モデルは"D"、2017年モデルは"E"である)。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たニュースキャスター

    W900Aシリーズ - 超解像エンジン「X-Reality PRO」とX9200Aシリーズにも採用されている色再現性に優れた「トリルミナスディスプレイ」を搭載したプレミアムモデル。4倍速技術とバックライト制御で動きの速い映像も滑らかに描写する「モーションフローXR960」も搭載するほか、スピーカーには全長約1.2mのダクトを折り畳んで収納し、この長いダクトを通すことで豊かな中低域音を再現するとともに、共鳴による中低域の増幅により歪の少ない音を実現し、ニュース番組のキャスターの声が聞き取りやすい「ロングダクトスピーカー」を搭載。アクティブシャッター方式の3Dに対応するとともに、「Sony Entertainment Network」・「ワンタッチミラーリング」・「TV SideView」にも対応。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たFacebook

    HX920シリーズ - HX900シリーズ後継。映像を高精度に解析し、映像ソースに合わせた高画質化処理を行う「X-Reality(エックスリアリティ)」に高画質化技術"DRC"をベースに進化させた画質回路「XCA7」を組み合わせて構成された「X-Reality PRO」を搭載。映像本来の鮮鋭感を蘇らせることで、映像表現力を向上した。さらに、ソニー独自の4倍速表示に映像の表示タイミングに合わせてバックライトを高速駆動させる「バックライトブリンキング」を行うことで16倍駆動相当の動画性能を実現させた「モーションフローXR960」を搭載した。バックライトには直下型LED「インテリジェントピークLED」を採用し、3D映像ではより明るく、2D映像でもバックライトの発光を最適制御することで本来の黒の深みを表現した。また、こまめに節電をサポートする「インテリジェント人感センサー(顔認識機能付)」、従来のHX900シリーズでは別売りだった3Dシンクロトランスミッターを搭載し、外付けUSBハードディスクによる録画に対応した。インターネットテレビ機能に関しても「ブラビアネットチャンネル」・Skypeに加え、新たにFacebookなどのアプリが追加され、さらに充実した(3Dメガネは別売り)。2011年11月には現行のブラビアの中で最大サイズとなる65V型を追加発売した。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見た発売

    ブラビア(BRAVIA)とは、ソニービジュアルプロダクツ(2014年7月まではソニー)から開発・発売されているデジタルハイビジョンテレビのブランド名。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たNTTドコモ

    ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズがNTTドコモ向け、およびKDDI/沖縄セルラー電話の各auブランド向けに販売している携帯電話。ブラビア フレッシュアイペディアより)

118件中 21 - 30件表示

「BRAVIA」のニューストピックワード