118件中 41 - 50件表示
  • ブラビア

    ブラビアから見た日立リビングサプライ

    23V型以下の日立リビングサプライ扱いのものは松下電器のOEMである(ブラウン管は三菱電機OEM)。これはWoooを名乗っていない(デザイン・外観・機能は松下ビエラと全く同じ)。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たDXアンテナ

    ソニーは当初から37型及び42型の液晶テレビは販売せず、その代わりに40型を販売している(近年は競合他社も37型と42型を廃止して40型に統合するメーカーが増加している)。またかつては衛星アンテナとアンテナ周辺部品(アンテナプラグ・分配器など)を自社生産しており、ブラビアカタログにもソニーブランドの衛星アンテナと分配器などが掲載されていた。しかし赤字拡大などによるリストラや組織再編の一環として2014年までにソニーはアンテナとその周辺部品生産より撤退。ブラビアカタログからソニーブランドアンテナは消え、ソニーショップへ供給される衛星アンテナとアンテナ周辺部品は(マスプロ電工・日本アンテナ・サン電子・DXアンテナなどの)他社製品へと変わっている。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ

    BRAVIAは、店頭でメーカーの「稲沢産」というPOPがついている。BRAVIAの設計、一部電子部品の製造、製品の組み立て、検査、梱包などは、愛知県稲沢市にあるソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ株式会社稲沢サイト(旧ソニー稲沢株式会社)で行われている(そこは、かつてソニーが誇った独自技術であるトリニトロン方式のブラウン管の主力製造工場だったことで知られる)。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たソニービジュアルプロダクツ

    ブラビア(BRAVIA)とは、ソニービジュアルプロダクツ(2014年7月まではソニー)から開発・発売されているデジタルハイビジョンテレビのブランド名。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たソニーショップ

    ソニーは当初から37型及び42型の液晶テレビは販売せず、その代わりに40型を販売している(近年は競合他社も37型と42型を廃止して40型に統合するメーカーが増加している)。またかつては衛星アンテナとアンテナ周辺部品(アンテナプラグ・分配器など)を自社生産しており、ブラビアカタログにもソニーブランドの衛星アンテナと分配器などが掲載されていた。しかし赤字拡大などによるリストラや組織再編の一環として2014年までにソニーはアンテナとその周辺部品生産より撤退。ブラビアカタログからソニーブランドアンテナは消え、ソニーショップへ供給される衛星アンテナとアンテナ周辺部品は(マスプロ電工・日本アンテナ・サン電子・DXアンテナなどの)他社製品へと変わっている。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見た堺ディスプレイプロダクト

    しかしながら、シャープの「亀山モデル」とは違い、ソニーの場合は液晶テレビの重要デバイスであるアモルファスTFT液晶ディスプレイパネルをS-LCDなどの海外や、堺市の堺ディスプレイプロダクトで生産している。S-LCDはサムスン電子とソニーの合弁会社であり、堺ディスプレイプロダクトはシャープが約46%出資して、ソニーが約7%出資している会社である。そこで生産されているパネルはサムスン電子もしくはシャープの基礎技術がベースとなっている。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たBOSE

    1985年に登場。高画質・高音質・高機能を両立させ、「キララバッソ」の発売までソニーの最高級カラーテレビとして(クリアビジョン(EDTV)対応のED1/ED2シリーズの販売期間を除く)の役割を担った。後期型ではドルビーサラウンドシステムやBOSE製スピーカーを搭載するなど、特に音質面でのこだわりが見られた。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たシャープ堺工場

    2008年2月26日にはソニーは、シャープが堺市の堺泉北臨海工業地帯に建設する液晶パネル工場(→シャープ堺工場)にソニーが資本参加すると発表した。新工場の建設と運営をシャープとソニーの合弁会社が行なう形となる。ソニーは、サムスンからの提携から撤退し、シャープとの合弁会社から液晶パネルの供給を受ける。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たBlu-ray Disc

    2010年春モデル?:KDL-画面サイズ+シリーズを表すアルファベット(LXは3D対応4倍速機、HXは3Dメガネは付属しない3D対応高画質4倍速機、NXはモノリシックデザイン4倍速機、EXは普及機、BXは32型以下のHDD搭載機、CXは小型機)+シリーズを表す数字(9は最上位機、8は上位機、7はLED搭載の普及機、5は普及機、4は2011年春モデルの小型機、3は2010年春モデルの小型機)+世代を表す数字(2010年春?夏発売のモデルは0、2010年秋発売のモデルは1、2011年春発売のモデルは2、2012年春発売のモデルは5)+録画機能、スピーカーを表す数字(0は録画非対応またはUSBHDD録画対応モデル、HはHDD搭載モデル、RはHDD+BD搭載モデル、Sは大型スピーカー搭載モデル)ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たアルゴリズム

    A1シリーズ - 2017年春モデルで投入される「ブラビア」初の4K UHD・有機ELモデル。後述するフラッグシップモデルのZ9Dシリーズにも搭載されている4K高画質プロセッサー「X1 Extreme(エックスワン エクストリーム)」や4K対応超解像エンジン「4K X-Reality PRO」を搭載し、「トリルミナスディスプレイ」も採用されている。音質面ではパネルの背面左右にアクチュエーターを配して画面を振動させ、スタンドに内蔵したサブウーファーと信号処理技術によって音を出す音響システム「アコースティック サーフェス」を搭載。この音響システムとスタンドを背面に配置したことによってスピーカーやスタンドが正面からは見えない構造となり、ベゼルも極限まで薄くした。また、ケーブル類も背面スタンドに収納できるようになっている。Android TV機能は改良が加えられ、音声検索機能にアルゴリズム解析が加わったことで、放送や録画番組を曜日や時間帯・アクションを含めた自然な文章での検索が可能となり、放送中の番組などを画面右上に表示しながら次のコンテンツの検索やアプリ操作が可能な子画面表示、アプリの切り替えや終了をスマートフォンのように操作可能なタスク切替、テレビの基本機能を1つの画面上にまとめて表示するかんたんメニューを追加した。2017年8月5日に77V型が追加された。ブラビア フレッシュアイペディアより)

118件中 41 - 50件表示

「BRAVIA」のニューストピックワード