118件中 51 - 60件表示
  • ブラビア

    ブラビアから見た倍速液晶

    大部分のモデルでは倍速液晶技術『モーションフロー』を搭載する。『モーションフロー』は、1/60秒(60i)のコマとコマとの間に発生する「ぼやけ」を補正して補間映像を生成する『IBリダクション機能』を業界で初めて搭載した。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見た携帯電話

    全シリーズ共通のユーザーインターフェイスとしては、クロスメディアバー(XMB)の採用が特徴。当初は2005年9月に発売されたXシリーズのみに採用され、携帯電話のような折りたたみ形のリモコンも特徴であったが、2006年9月に発売されたX2500シリーズではこれらのものを廃止し、使いやすさや見やすさを重視した新シンプルリモコンが採用されている。その後、2007年4月に発売されたJ3000/J5000シリーズからクロスメディアバーが復活し全シリーズに採用されるようになったが、2011年春モデルからは再び廃止され、新しいUIが採用された。2007年9月以降に発売された一部機種には、無線通信を使用し画面に向けなくても操作できる「おき楽リモコン」が付属している。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たトリルミナス

    X7000シリーズ - フラッグシップモデル。機能面は当時のX5000シリーズと同等でバックライトを蛍光管からトリルミナスへ変更し色再現性を高めている。市販されている液晶テレビとしては最大の70V型のみで受注生産、市場価格は400万円。2007年9月より販売開始。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たトリニトロン

    なお、地上デジタルテレビジョン放送非対応機のみが最後まで生産されていたトリニトロンカラーテレビが2007年4月に生産を終了したため、ソニーはブラウン管テレビおよび地デジ非対応テレビがラインアップから消滅した。また、WEGAブランド時代はプラズマテレビの販売もしていたが、BRAVIAブランドのプラズマテレビはラインアップされていない。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見た音圧

    X9200Aシリーズ - 「ブラビア」の4K対応モデル1号機であるKD-84X9000の技術をベースに、設置しやすいサイズとより購入しやすい価格とした4K対応フラッグシップモデル。KD-84X9000と同様、HD解像度は4K映像にアップコンバートして超解像処理を行い、アップコンバート不要の4K映像にも超解像処理を施すことでより美しい映像に変換して表示する「4K X-Reality PRO」を搭載。さらに、アメリカのQD Vision社が開発した発光半導体技術を取り入れることで従来のLEDバックライトディスプレイよりも色の再現領域を大幅に拡大した「トリルミナスディスプレイ」を採用し、「トリルミナスカラー」に対応したソニー製ビデオカメラ・デジタルスチルカメラで撮影した映像を撮影時の色合いのまま大画面で楽しむことができる。音質面では液晶テレビとしては初となる磁性流体スピーカーを採用。ダンパーレス構造としているので歪みの原因となる2次音圧を発生せず、ボイスコイルから振動板までの伝達経路を短くしたことでスリム化と伝達ロスの軽減を実現。この磁性流体スピーカーをウーファーに採用し、パッシブブラジエーター、ツィーターと共に「オプティコントラストパネル」と融合したデザインのフロントサイドスピーカーとして装備し、さらに、背面にはサブウーハーも装備。実用最大出力65Wのハイパワーアンプで駆動することで映像と一体化した迫力のあるサウンドを実現した。「Sony Entertainment Network」に対応するとともに、NFC技術を搭載した「Xperia」を付属のワンタッチリモコンにタッチするだけですぐに接続できる「ワンタッチミラーリング」やあらかじめ専用ソフトをインストールしたスマートフォンやタブレット端末でテレビ番組の関連情報などを楽しむことができる「TV SideView」に対応。また、本体下部にはイルミネーションLEDの色で動作状況が確認できる「インテリジェントコア」も搭載した。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たリアプロジェクションテレビ

    リアプロジェクションテレビ(リアプロ)はフルスペックハイビジョンのSXRDパネルを採用し、色域や応答速度、コントラストを従来モデルより引き上げたAシリーズと透過型小型液晶パネルを使用した廉価版のEシリーズがあるが、2007年11月までに全機種生産終了し、ソニーは長年生産してきたリアプロから撤退した(2008年9月には、大手メーカーで最後までリアプロを製造していたビクターも撤退し、事実上日本国内からリアプロが消滅した。)。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見た大韓民国

    BRAVIAはBest Resolution Audio Visual Integrated Architectureの略称で、2005年8月にソニーの経営不振の主要な原因になっていたテレビ部門の復活をこめて、ブランド変更された。以前のブランド名はWEGAであった。一方、同社の業務用液晶カラービデオモニターのブランド名は「LUMA」(ルーマ)である。韓国サムスン電子との合弁会社S-LCD(韓国牙山市)で生産する液晶パネル及び液晶モジュールを使用することで、短期間で液晶テレビの供給体制を整えた。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見た振動板

    X9200Aシリーズ - 「ブラビア」の4K対応モデル1号機であるKD-84X9000の技術をベースに、設置しやすいサイズとより購入しやすい価格とした4K対応フラッグシップモデル。KD-84X9000と同様、HD解像度は4K映像にアップコンバートして超解像処理を行い、アップコンバート不要の4K映像にも超解像処理を施すことでより美しい映像に変換して表示する「4K X-Reality PRO」を搭載。さらに、アメリカのQD Vision社が開発した発光半導体技術を取り入れることで従来のLEDバックライトディスプレイよりも色の再現領域を大幅に拡大した「トリルミナスディスプレイ」を採用し、「トリルミナスカラー」に対応したソニー製ビデオカメラ・デジタルスチルカメラで撮影した映像を撮影時の色合いのまま大画面で楽しむことができる。音質面では液晶テレビとしては初となる磁性流体スピーカーを採用。ダンパーレス構造としているので歪みの原因となる2次音圧を発生せず、ボイスコイルから振動板までの伝達経路を短くしたことでスリム化と伝達ロスの軽減を実現。この磁性流体スピーカーをウーファーに採用し、パッシブブラジエーター、ツィーターと共に「オプティコントラストパネル」と融合したデザインのフロントサイドスピーカーとして装備し、さらに、背面にはサブウーハーも装備。実用最大出力65Wのハイパワーアンプで駆動することで映像と一体化した迫力のあるサウンドを実現した。「Sony Entertainment Network」に対応するとともに、NFC技術を搭載した「Xperia」を付属のワンタッチリモコンにタッチするだけですぐに接続できる「ワンタッチミラーリング」やあらかじめ専用ソフトをインストールしたスマートフォンやタブレット端末でテレビ番組の関連情報などを楽しむことができる「TV SideView」に対応。また、本体下部にはイルミネーションLEDの色で動作状況が確認できる「インテリジェントコア」も搭載した。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たクロスメディアバー

    全シリーズ共通のユーザーインターフェイスとしては、クロスメディアバー(XMB)の採用が特徴。当初は2005年9月に発売されたXシリーズのみに採用され、携帯電話のような折りたたみ形のリモコンも特徴であったが、2006年9月に発売されたX2500シリーズではこれらのものを廃止し、使いやすさや見やすさを重視した新シンプルリモコンが採用されている。その後、2007年4月に発売されたJ3000/J5000シリーズからクロスメディアバーが復活し全シリーズに採用されるようになったが、2011年春モデルからは再び廃止され、新しいUIが採用された。2007年9月以降に発売された一部機種には、無線通信を使用し画面に向けなくても操作できる「おき楽リモコン」が付属している。ブラビア フレッシュアイペディアより)

  • ブラビア

    ブラビアから見たAQUOSケータイ

    シャープの「亀山モデル」に対抗して「稲沢モデル」を名乗ったり(後述)、ワンセグ対応携帯電話でも「AQUOSケータイ」に対抗して「BRAVIAケータイ」を発表したりと、「AQUOS」を意識している傾向が見られる。ブラビア フレッシュアイペディアより)

118件中 51 - 60件表示

「BRAVIA」のニューストピックワード