前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示
  • CIVETS

    CIVETSから見たBRICsBRICs

    CIVETS(シベッツ)は、HSBCが、BRICsに次ぐ経済発展が期待されている新興国として提唱した造語。CIVETS フレッシュアイペディアより)

  • ウゴ・チャベス

    ウゴ・チャベスから見たBRICsBRICs

    中国と並ぶ反米連合の雄であるロシアとの関係は友好的であった。ロシアは中国とともにBRICsの中で経済成長率が高く、ロシアは大幅な物価上昇でいずれに先進国並みの物価とヨーロッパ一番の経済力を持つとも予想される。2006年にロシアとベラルーシに訪問し、ウラジーミル・プーチン大統領と会談した。ロシアとの間でスホーイ30多用途戦闘機24機の購入契約を結び、ベネズエラ軍の制式自動小銃をベルギーのFN FALからロシアのAK-103に替えた。「スホーイ(Sukhois)戦闘機24機とヘリコプター53機も含め、ここ1年半で約30億ドル(約3500億円)の契約が交わされた」と述べた。2008年にはドミトリー・メドヴェージェフ大統領がカラカスに訪問し合同軍事演習をベネズエラ国内で行った。両国は平和利用目的の原子力エネルギー開発協定を締結した。2009年にロシア訪問の際にチャベスはグルジアからの独立を宣言した南オセチアとアブハジア自治共和国の主権を承認すると発表、さらに自衛目的のためにロシア製の短距離ミサイルを購入しており、チャベスは大国との関係を最重視して、共にアメリカに牽制する傾向がある。ウゴ・チャベス フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済史

    日本の経済史から見たBRICsBRICs

    2000年(平成12年)前後になり、BRICs諸国が台頭し、貿易相手国の第一位はアメリカから中国に代わった。それらの経済発展に牽引される形で外需が伸びたこと、規制緩和や金融緩和による経済活性化、IT化の普及による企業経営の効率化やIT関連産業に代表される新興産業の隆盛、及び、公的資金注入による金融機関の財務健全化により、不良債権処理が進み、民間企業の過剰な設備・雇用・負債が解消されたことも相俟って、不況時に生まれた諸問題を解消した。また、世界的にインターネット関連の株が急上昇し、インターネット・バブル(ITバブル)が発生し、日本でも1998年(平成10年)ごろからIT関連の株価が上昇し始めた。しかし、日本では光通信の携帯電話売買を巡る不正発覚をきっかけに株価が暴落、世界的にも連邦準備制度理事会の利上げやアメリカ同時多発テロ事件によってITバブルは崩壊した。日本の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たBRICsBRICs

    メルコスール、南米共同体の加盟国で、現在ではロシア、中華人民共和国、インドと並んで「BRICs」と呼ばれる新興経済国群の一角に挙げられるまでに経済状態が復活した。重工業、中でも航空産業が盛んで、エンブラエルは現在、小型ジェット機市場の半分近いシェアを誇り、一大市場である欧米諸国や日本などのアジア各国をはじめとする世界各国へ輸出されているなど、その技術力は高い評価を得ている。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国

    中華人民共和国から見たBRICsBRICs

    中国は、繁栄及び衰退の繰り返しだと考えられる過去2000年間の大部分で世界最大かつ最も複雑な経済を有した。1978年における改革開放の導入以来、外資流入の勢いが増してゆき、産業構造が政策から転換して、中国は世界で最も成長率が高い主要経済大国の1つになった()。2016年時点で、同国は名目GDP及び貿易輸入額のいずれにおいても世界第2位であり(2014年には国際通貨基金・世界銀行・CIAワールドファクトブックによると購買力平価は世界最大のGDPとなった)、購買力平価GDPと貿易輸出額は世界一位である。同国は核保有国に認められ、世界第2位の防衛予算で世界最大の常備軍を有する。中華人民共和国は1971年以来国際連合加盟国であり、中華民国の後任として安全保障理事会常任理事国である。中国は多数の公式及び非公式の多国間機構加盟国であり、WTO、APEC、BRICs、上海協力機構、BCIM、G20がこれに該当する。中国はアジアの地域大国であり、多数の解説者により潜在的な超大国として特徴付けられてきた。なお2017年7月現在、中華人民共和国の世界遺産はイタリアについで52件ある。国内には文化遺産が22件、自然遺産が4件、複合遺産が4件存在する。中華人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニング

    クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニングから見たBRICsBRICs

    2007年5月16日放送分および2007年5月23日分では1問目で第1解答者3人が全員不正解となった。ちなみに2007年5月16日放送分の問題は「ポスト BRICsとして注目される有力新興国グループVISTAとはベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコとAで始まるどこの国でしょう?(正解はアルゼンチン)」。また2007年5月23日分の問題は「安土桃山時代に生まれた家元の名前に由来する囲碁の棋士に与えられる称号は何でしょう?(正解は本因坊)」で第2解答者の石田純一が答えた。クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニング フレッシュアイペディアより)

  • BRIC

    BRICから見たBRICsBRICs

    BRIC フレッシュアイペディアより)

  • BRICS

    BRICSから見たBRICsBRICs

    BRICS フレッシュアイペディアより)

  • IBSAC

    IBSACから見たBRICsBRICs

    IBSAC フレッシュアイペディアより)

  • BRICKs

    BRICKsから見たBRICsBRICs

    BRICKs フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示

「BRICs」のニューストピックワード