73件中 21 - 30件表示
  • ボリュームゾーン

    ボリュームゾーンから見たBRICsBRICs

    BRICsやアジア諸国の一部は、1990年代前後からを目覚しい経済成長を遂げた。これらの国の中間所得層は、2000年時点の2億人から2010年には8億人に成長し、非常に旺盛な消費活動を見せている。これら新興国の中間所得層向けに価格や機能が調整された商品をボリュームゾーン商品という。平成8年度のものづくり白書にも取り上げられた。ボリュームゾーン向けの商品は、設定価格が低く利幅も薄いため、付加価値やブランドイメージを重視する先進諸国の企業は無視することが多かったが、非常に短期間のうちに市場が膨れ上がったため、2000年代後半には戦略的商品を投入する企業も増え、商品開発や新たな市場の開拓において注目されるキーワードとなった。ボリュームゾーン フレッシュアイペディアより)

  • 大韓民国の鉄道

    大韓民国の鉄道から見たBRICsBRICs

    韓国はBRICsのロシアや中華人民共和国と交流するために自国の鉄道を北朝鮮経由でシベリア鉄道、中国国鉄と貨物列車の直通運転を計画しており、2006年に半世紀ぶりに北朝鮮と直通列車が走ったが、後に北朝鮮側から運転再開は中止された。大韓民国の鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル銀行

    ブラジル銀行から見たBRICsBRICs

    2009年11月中旬から事業拡大により、BRICsの一国で今後増々経済成長の見込まれることもあり、ブラジル通貨レアル建て定期預金サービスの利用が可能となった。ブラジル銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 桃太郎電鉄WORLD

    桃太郎電鉄WORLDから見たBRICsBRICs

    BRICs(ブリックス/ブラジル・ロシア・インド・中国)、VISTA(ビスタ/ベトナム・インドネシア・南アフリカ・トルコ・アルゼンチン)各国に物件を持っていると経済発展によって臨時収入が発生する。桃太郎電鉄WORLD フレッシュアイペディアより)

  • 現代の世界の一体化

    現代の世界の一体化から見たBRICsBRICs

    1997年のアジア通貨危機の際に影響を受けなかった国が2国あった。それが、中華人民共和国とインドである。両国はともに変動相場制を採用しておらず、このことが為替による投機を回避することができた要因だった。中国とインドはアジア通貨危機以後、経済のプレゼンスを拡大していった。これに、原油価格が高騰したことにより、ボリス・エリツィン大統領の時代には国家が破綻状態に追い込まれたロシアも息を吹き返した。さらに、2003年には、ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ大統領が就任すると1970年代以来問題となっていた対外債務問題の解決に腐心したブラジルも原油価格の高騰とバイオマスエタノールを武器に息を吹き返していった。これら4カ国を総称して、BRICsと呼ぶ。現代の世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • マグナ・インターナショナル

    マグナ・インターナショナルから見たBRICsBRICs

    商品の納入先はゼネラルモーターズ、クライスラー、フォード、BMW、フォルクスワーゲンなど米欧の主要自動車メーカーが中心であるが、近年日本や韓国車メーカーとの取引を拡大している。また、BRICsや東欧など、新興国への投資にも意欲的であるとされる。生産品目はシート、メタルボディ、シャーシ、クロージャー、エレクトロニクスと多岐にわたり、グループ全体の部材を集めれば、完成車メーカーに匹敵する製品群となる。マグナ・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • 工業化

    工業化から見たBRICsBRICs

    しかし、2000年代に入るとロシアではウラジミール・プーチン政権による強力な国家体制が構築され、オリガルヒ集団の破壊や懐柔により経済運営の主導権が再び政府に移った。産業の民生転換もようやく軌道に乗り、BRICsと総称される新興経済発展国の一つとして見なされるようになったロシアでは、外国資本の導入も利用しながら新産業の振興が図られている。工業化 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車産業

    自動車産業から見たBRICsBRICs

    先進国とは対照的に経済発展著しい新興国ではサブプライム債券などを用いたデリバティブが普及しておらず、国内需要の伸びが経済を主導していたため金融危機の影響が比較的軽微で済んだ。欧米に替わる主要な輸出先としてBRICsなどの新興国市場が旺盛な需要を背景に存在感を増している。自動車産業 フレッシュアイペディアより)

  • Zeebo

    Zeeboから見たBRICBRICs

    「次の10億人」とは所得が低いために最新型のゲーム機が購入できない新興国の住民のことであり、中でもBRICと総称されるブラジル、ロシア、インド、中国を主な販売ターゲットとして開発された。Zeebo フレッシュアイペディアより)

  • ジム・オニール (エコノミスト)

    ジム・オニール (エコノミスト)から見たBRICsBRICs

    ジム・オニール(Jim O'Neill)は、ゴールドマン・サックスのエコノミスト。「BRICs」という用語・概念を生み出し、広めた人物としてよく知られる。ジム・オニール (エコノミスト) フレッシュアイペディアより)

73件中 21 - 30件表示

「BRICs」のニューストピックワード

  • 10人旅〜伊豆・熱海・伊東の人気観光スポットを遊び尽くす〜

  • 中居正広のミになる図書館