85件中 31 - 40件表示
  • ブラジルの歴史

    ブラジルの歴史から見たBRICsBRICs

    2002年の大統領選挙により、既存の共産党やトロツキスト政党と連立を結んだ労働者党から ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァが大統領に就任した。北東部の極貧層の出身からサンパウロの自動車労組活動家、政治家に転身したルーラはブラジル史上初の労働者大統領となり、就任直後に貧困対策をパッケージ化した「飢餓ゼロ計画」を打ち出したが、企業に対する国有化政策や土地なし農民の運動に対する急速な農地分配などの社会主義的な政策は行わず、穏健な中道左派政権となった。PT政権は高い国民支持率を背景に積極的な政策を実現したが、2005年に与党労働者党の汚職が発覚すると、ルーラ政権には大きなダメージとなった。外交では、ルーラは2003年に世界社会フォーラムと世界経済フォーラムに立て続けに出席し、反グローバリゼーション運動とグローバリゼーションを共に重視する姿勢を打ち出した。ルーラ時代にはメルコスール発足の影響もあり、アメリカ合衆国主導の米州自由貿易地域(FTAA)構想は破綻した。ルーラ時代の2003年に、躍進する経済を背景にブラジルはロシア、中華人民共和国、インドと共に成長しつつある新興諸国BRICsの一角たる世界の大国として認められ、国際社会の新たな舞台に躍り出た。ブラジルの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • アヴィアドヴィガーテリ PD-14

    アヴィアドヴィガーテリ PD-14から見たBRICsBRICs

    これらのほかにもUECはBRICs諸国(ロシア、ブラジル、中国、インド)で製造された航空機に売り込みをかけているほか、PD-14をベースとしたエンジンの共同開発を提案している。2017年にはエアロインディアにおいてインドの顧客が興味を示したとの報道も行われた。アヴィアドヴィガーテリ PD-14 フレッシュアイペディアより)

  • 桃太郎電鉄WORLD

    桃太郎電鉄WORLDから見たBRICsBRICs

    BRICs(ブリックス/ブラジル・ロシア・インド・中国)、VISTA(ビスタ/ベトナム・インドネシア・南アフリカ・トルコ・アルゼンチン)各国に物件を持っていると経済発展によって臨時収入が発生する。桃太郎電鉄WORLD フレッシュアイペディアより)

  • フジサンケイ ビジネスアイ

    フジサンケイ ビジネスアイから見たBRICsBRICs

    日本の日刊紙としては初めて中国株株価・指標と中国経済に関係のある記事を連日掲載し、NIESやBRICsといった経済発展途上のアジア諸国に強い事をアピールとしていた。日本工業新聞を継承した部分として、機械・情報通信・バイオケミカル系の中小企業・ベンチャー企業を取り上げる傾向が多い。携帯電話と対応した音の出る記事も掲載している。これらの結果、紙面量が32ページ(平日版)となった。フジサンケイ ビジネスアイ フレッシュアイペディアより)

  • 大韓民国の鉄道

    大韓民国の鉄道から見たBRICsBRICs

    韓国はBRICsのロシアや中華人民共和国と交流するために自国の鉄道を北朝鮮経由でシベリア鉄道、中国国鉄と貨物列車の直通運転を計画しており、南北の鉄道再連結により2006年に半世紀ぶりに北朝鮮との直通列車が走ったが、後に北朝鮮側からの通達により運行は中止されている。大韓民国の鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • グローバル資本主義

    グローバル資本主義から見たBRICsBRICs

    中谷巌は、所得格差の拡大について、グローバル資本主義がBRICsの繁栄をもたらしたと評価する一方で、資本は賃金の高低差を求めて世界を移動するため、自国経済が発展しても国内の非熟練労働者の賃金は改善されず格差は拡大するとしている。グローバル資本主義 フレッシュアイペディアより)

  • テルグ・デサム党

    テルグ・デサム党から見たBRICsBRICs

    NTRの後は、その娘婿であるチャンドラバーブ・ナーイドゥが党首、AP州首相のポストを引き継いだ。ナーイドゥは最初はジャナタ・ダルや共産党などと組み、続いてインド人民党などからなる国民民主同盟のヴァージペーイー政権を支持した。この間、AP州内においては世界的な情報革命の波に乗ってIT産業の振興に努め、州都ハイダラーバードはバンガロールなどとならび、BRICsに数えられる新しいインドを象徴するITの都としてもてはやされた。テルグ・デサム党 フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たBRICsBRICs

    21世紀に入ってから、オリンピックの開催地は2008年が北京(中華人民共和国)、2016年が南米初のリオデジャネイロ(ブラジル)といったBRICs各国に広まるなど、新たな展開を見せている。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • インドの歴史

    インドの歴史から見たBRICsBRICs

    21世紀に入ってからのインドの経済発展は特にめざましく、ブラジル、ロシア連邦、中華人民共和国と列んで「BRICs」と称されている。とりわけIT(情報技術)関連部門の成長が著しい。ムンバイに所在するボンベイ証券取引所は近年、インド株ブームに乗って外国から大量の資金が流入している。インドの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ロシアの経済

    ロシアの経済から見たBRICsBRICs

    ロシアの実質GDP成長率は2000年から2008年までの間平均7.0%で推移してきたが、2008年9月に起きたリーマン・ショック以降の世界的な不況の影響などから2009年の実質GDP成長率は-7.9%に落ち込んだ。一人当たり名目GDPは2008年11,739ドル、2009年8,681ドルとなっており、BRICsの一国ブラジルや、メキシコ、トルコなどと同じく中・低所得国の水準である。1992年は2508.9%、1998年にも84.4%であったインフレ率は、2000年20.2%、2001年の18.6%から2009年には8.8%となっており、ソ連崩壊やその後の財政危機を脱し安定してきているといえる。2009年の失業率は8.2%で、2000年の10.4%よりは減少したが、2006年の6.9%に比べると増加している。ロシアの経済 フレッシュアイペディアより)

85件中 31 - 40件表示

「BRICs」のニューストピックワード