73件中 31 - 40件表示
  • テルグ・デサム党

    テルグ・デサム党から見たBRICsBRICs

    NTRのあとは彼の娘婿であるチャンドラバーブ・ナーイドゥが党首、AP州首相のポストを引き継いだ。ナーイドゥは最初はジャナタ・ダルや共産党などと組み、続いてインド人民党などからなる国民民主同盟のヴァージペーイー政権を支持した。この間、AP州内においては世界的な情報革命の波に乗ってIT産業の振興に努め、州都ハイデラバードはバンガロールなどとならびBRICsに数えられる新しいインドを象徴するITの都としてもてはやされた。テルグ・デサム党 フレッシュアイペディアより)

  • フジサンケイ ビジネスアイ

    フジサンケイ ビジネスアイから見たBRICsBRICs

    日本の日刊紙としては初めて中国株株価・指標と中国経済に関係のある記事を連日掲載し、NIESやBRICsといった経済発展途上のアジア諸国に強い事をアピールとしていた。日本工業新聞を継承した部分として、機械・情報通信・バイオケミカル系の中小企業・ベンチャー企業を取り上げる傾向が多い。携帯電話と対応した音の出る記事も掲載している。これらの結果、紙面量が32ページ(平日版)となった。フジサンケイ ビジネスアイ フレッシュアイペディアより)

  • シェフィールド大学

    シェフィールド大学から見たBRICBRICs

    Jim O'Neill, Head of global economic research, Goldman Sachs and coined the thesis of BRIC countriesシェフィールド大学 フレッシュアイペディアより)

  • イランの国際関係

    イランの国際関係から見たBRICsBRICs

    ブラジル、ロシア、インド、中国のBRICs諸国は2010年9月に国連サミットでアメリカが各国に圧力をかけているイランの国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • 超大国

    超大国から見たBRICsBRICs

    BRICsの一員として、既に世界第十のGDPを誇り、高度成長によって、ゴールドマンサックスの予測によれば、2050年には世界第三の経済大国になるとされている。しかし、1980年代後半まで「日本は2000年までにGDPでアメリカを抜く」という予測が存在していたことを考慮すると、予想が外れる可能性も大いにある。BRICsの中で中国とロシアが驚異的に伸びているのに対しインドは遅れている。さらにカーストが経済成長の障害となっていたが、近年、カーストを意に介さない外資IT企業が開発拠点を置く例などが増えてきており、能力さえあれば経済的逆転も多く見られる様になってきている。このため教育熱は非常に高まっており、貧困の中でも日夜勉学を競う若者たちの姿が数多く紹介されている。彼らの第1世代による資本の蓄積も進んでおり、リーマンショック以後も成長が失速していない。エイズへの感染が今後爆発的に拡大することが(既にエイズ感染人口は世界第1位)今後の懸念材料である。超大国 フレッシュアイペディアより)

  • ロシアの経済

    ロシアの経済から見たBRICsBRICs

    ロシアのGDP成長率は2000年から2008年までの間平均7.0%で推移してきたが、2008年9月に起きたリーマン・ショック以降の世界的な不況の影響などから2009年のGDP成長率は-7.9%に落ち込んだ。一人当たり名目GDPは2008年11,739ドル、2009年8,681ドルとなっており、BRICsの一国ブラジルや、メキシコ、トルコなどと同じく中・低所得国の水準である。1992年は2508.9%、1998年にも84.4%であったインフレ率は、2000年20.2%、2001年の18.6%から2009年には8.8%となっており、ソ連崩壊やその後の財政危機を脱し安定してきているといえる。2009年の失業率は8.2%で、2000年の10.4%よりは減少したが、2006年の6.9%に比べると増加している。ロシアの経済 フレッシュアイペディアより)

  • 上海協力機構

    上海協力機構から見たBRICSBRICs

    SCOの加盟国、もしくは準加盟国の領域は地球上の陸地の約25%に達する。中華人民共和国の国境対策機構から、中華人民共和国・ロシア・インドといったユーラシア大陸における潜在的超大国(BRICS)、モンゴル、インド、アフガニスタン、イラン、パキスタン、東南アジア諸国連合(ASEAN)もオブザーバー加盟を申請するなど、北アジア、西アジア、南アジア、東アジアの連合体に発展する可能性を持つSCOは、いずれNATOに対抗しうる非欧米同盟として成長することを、アフリカや南アメリカの発展途上国・資源国から期待されている。上海協力機構 フレッシュアイペディアより)

  • Eテレ0655&2355

    Eテレ0655&2355から見たBRICsBRICs

    「時事・経済用語編」は、ニュースなどで登場する時事・経済用語(GDP、TPPなど)の略語から正式名称を覚えさせる歌。ほぼ毎回、2011年から「BRICs」に南アフリカ共和国が加わり5カ国になって「BRICS」(最後が大文字)になったとの解説が入る。穴埋め問題のアニメーションで正式名称の部分だけカラオケになる「実力テスト」バージョンもある。Eテレ0655&2355 フレッシュアイペディアより)

  • NEXT11

    NEXT11から見たBRICsBRICs

    ネクストイレブン(Next Eleven、略称: N-11; "NEXT11"は日本独自表記)は、米大手投資銀行ゴールドマン・サックスが、2007年の経済予測レポートの中で、BRICsに次ぐ急成長が期待されるとした11の新興経済発展国家群。具体的にはイラン、インドネシア、エジプト、韓国、トルコ、ナイジェリア、パキスタン、バングラデシュ、フィリピン、ベトナム、メキシコが挙げられた。NEXT11 フレッシュアイペディアより)

  • CIVETS

    CIVETSから見たBRICsBRICs

    CIVETS(シベッツ)は、HSBCが、BRICsに次ぐ経済発展が期待されている新興国として提唱した造語。CIVETS フレッシュアイペディアより)

73件中 31 - 40件表示

「BRICs」のニューストピックワード