85件中 41 - 50件表示
  • ブラジル銀行

    ブラジル銀行から見たBRICsBRICs

    2009年11月中旬から事業拡大により、BRICsの一国で今後増々経済成長の見込まれることもあり、ブラジル通貨レアル建て定期預金サービスの利用が可能となった。ブラジル銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 現代の世界の一体化

    現代の世界の一体化から見たBRICsBRICs

    1997年のアジア通貨危機の際に影響を受けなかった国が2国あった。それが、中華人民共和国とインドである。両国はともに変動相場制を採用しておらず、このことが為替による投機を回避することができた要因だった。中国とインドはアジア通貨危機以後、経済のプレゼンスを拡大していった。これに、原油価格が高騰したことにより、ボリス・エリツィン大統領の時代には国家が破綻状態に追い込まれたロシアも息を吹き返した。さらに、2003年には、ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ大統領が就任すると1970年代以来問題となっていた対外債務問題の解決に腐心したブラジルも原油価格の高騰とバイオマスエタノールを武器に息を吹き返していった。これら4カ国を総称して、BRICsと呼ぶ。現代の世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • 胡錦濤

    胡錦濤から見たBRICSBRICs

    彼はアフリカ諸国への援助と中国人労働者の派遣で影響力増大を図り、アフリカへの大規模なPKO派兵やアフリカ連合本部の建設にも成功した。また、「アメリカの裏庭」と呼ばれる南アメリカにも影響力を拡大し、中国は反米的なエクアドルやベネズエラの最大の債権国になり、同じBRICSでもあるブラジルやロシアなど資源国を中心に巨額の融資を行った。胡錦濤 フレッシュアイペディアより)

  • 日中韓首脳会談

    日中韓首脳会談から見たBRICsBRICs

    2008年は、7月には原油価格が1バレルあたり147.27ドルの史上最高値まで高騰し、8月には北京オリンピックが開催され、翌年からBRICsの一角である中国が日本を抜いて世界第2位の経済大国になると見られていた時期であり、9月15日にリーマン・ショックが発生して世界金融危機が深刻化した年である。当時の日本の麻生太郎首相は「日中韓の経済はドイツ・イギリス・フランスの合計も上回る」として中韓との経済協力強化を打ち出し、第1回のサミットは麻生首相の地元であり、中韓からも近い福岡県太宰府市の九州国立博物館で開催された。「三国間パートナーシップに関する共同声明」と3カ国の協力を具体化した「日中韓行動計画」を発表した他、「国際金融及び経済に関する共同声明」で3カ国スワップ取極拡大合意などが歓迎されてチェンマイ・イニシアティブの強化で一致した。日中韓首脳会談 フレッシュアイペディアより)

  • 就職氷河期

    就職氷河期から見たBRICsBRICs

    折しも1991年の総量規制によるバブル崩壊と期を同じくして、世界情勢は1991年12月のソ連崩壊による冷戦の終結という歴史の転換点を迎え、経済面でも、旧共産圏が市場経済化するなどきわめて大きな変化がいくつも生じた。グローバリゼーションが進み、労働力の供給源が日本その他の先進工業国から、中国を初めとする新興諸国 (BRICs) へと大量に移動していったこともそのひとつである。就職氷河期 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アジア文化センター

    日本アジア文化センターから見たBRICsBRICs

    留学や国際間におけるビジネスのコンサルティングを行っている。中でも中国をはじめとするBRICs、アジア圏を大きく扱う。企画には個人向けの語学留学、グループ向けツアータイプの語学研修を多く扱う。中国からは、現役大学生のインターンシップ生や留学生の受け入れを行っている。日本アジア文化センター フレッシュアイペディアより)

  • 航空連合

    航空連合から見たBRICsBRICs

    近年では、需要の増加が予測されるBRICsの航空会社が、それぞれの航空連合から加盟交渉を受けている。航空連合 フレッシュアイペディアより)

  • G14 (サミット)

    G14 (サミット)から見たBRICsBRICs

    G14(ジーフォーティーン)は、G8のアメリカ合衆国、日本、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、ロシア、カナダに新たに新興国(BRICs、NEXT11)の中華人民共和国、ブラジル、インド、メキシコ、南アフリカ共和国、エジプトが加わる改革論である。G14 (サミット) フレッシュアイペディアより)

  • 超大国

    超大国から見たBRICsBRICs

    BRICsの一員として、既に世界第十のGDPを誇り、高度成長によって、ゴールドマンサックスの予測によれば、2050年には世界第三の経済大国になるとされている。しかし、1980年代後半まで「日本は2000年までにGDPでアメリカを抜く」という予測が存在していたことを考慮すると、予想が外れる可能性も大いにある。BRICsの中で中国とロシアが驚異的に伸びているのに対しインドは遅れている。さらにカーストが経済成長の障害となっていたが、近年、カーストを意に介さない外資IT企業が開発拠点を置く例などが増えてきており、能力さえあれば経済的逆転も多く見られる様になってきている。このため教育熱は非常に高まっており、貧困の中でも日夜勉学を競う若者たちの姿が数多く紹介されている。彼らの第1世代による資本の蓄積も進んでおり、リーマンショック以後も成長が失速していない。エイズへの感染が今後爆発的に拡大することが(既にエイズ感染人口は世界第1位)今後の懸念材料である。超大国 フレッシュアイペディアより)

  • 工業化

    工業化から見たBRICsBRICs

    しかし、2000年代に入るとロシアではウラジミール・プーチン政権による強力な国家体制が構築され、オリガルヒ集団の破壊や懐柔により経済運営の主導権が再び政府に移った。産業の民生転換もようやく軌道に乗り、BRICsと総称される新興経済発展国の一つとして見なされるようになったロシアでは、外国資本の導入も利用しながら新産業の振興が図られている。工業化 フレッシュアイペディアより)

85件中 41 - 50件表示

「BRICs」のニューストピックワード