85件中 61 - 70件表示
  • シェフィールド大学

    シェフィールド大学から見たBRICBRICs

    Jim O'Neill, Head of global economic research, Goldman Sachs and coined the thesis of BRIC countriesシェフィールド大学 フレッシュアイペディアより)

  • 高速鉄道

    高速鉄道から見たBRICsBRICs

    高速鉄道は、莫大な建設財源などの問題はあるものの、世界の鉄道業界において中長期的には非常に有望な市場である。特に北アメリカやBRICs、アジア諸国では今後大幅な進展が期待されるほか、高速鉄道網が発達している西ヨーロッパ諸国でも潜在需要は少なくない。イタリア、ドイツ、日本、フランスなどのいわゆる「鉄道先進国」は、この市場を制覇すべく高速鉄道の売込みにしのぎを削っている。高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見たBRICsBRICs

    資源価格の高騰により、アラブ首長国連邦などの資源国やブラジル (Brazil)・ロシア (Russia)・インド (India)・中華人民共和国 (China)・南アフリカ共和国 (South Africa) のBRICs諸国が台頭した。平成 フレッシュアイペディアより)

  • ナイジェリア

    ナイジェリアから見たBRICBRICs

    2015年時点でナイジェリアの経済規模は世界第20位であり、名目GDPは5000億ドル、購買力平価は1兆ドルをそれぞれ上回る。2014年には南アフリカを抜きアフリカ最大の経済大国となった。また、GDPに対する国債の割合は2013年で11%に過ぎず、2012年にくらべても8ポイント低い。ナイジェリアは世界銀行からエマージング・マーケットとみなされているほか、アフリカ大陸における地域大国、国際政治におけるミドルパワー、世界規模でのともみなされている。ナイジェリアは、ひろく第2のBRICと目されるの1ヶ国であり、世界最大クラスの経済大国になると考えられているネクスト11にも含まれる。ナイジェリアは英連邦創設当初からの加盟国であるほか、アフリカ連合、OPEC、国際連合といった国際機関のメンバーでもある。ナイジェリア フレッシュアイペディアより)

  • ウラジーミル・プーチン

    ウラジーミル・プーチンから見たBRICsBRICs

    戦略的には投資誘致や天然資源の輸出先として日本市場を重視し、2005年の来日時には100人以上の財界人を引き連れて日本側に投資の促進を訴えた。また自衛隊とロシア連邦軍の救難訓練も毎年行われるようになった。しかしアメリカへの対抗上同じ国際連合安全保障理事会常任理事国であり、EUに代わってロシア最大の貿易相手国にもなった同じ中華人民共和国との提携をより重視しており、プーチンは度々「中国とは戦略的パートナー以上の関係にあり、日本とはその域に達していない」と述べており、日本との領土問題で取引はしないとする一方で「中国と同じ程度の高度な信頼関係」を築ければ妥協できる可能性も示唆している。中露国境問題も実効支配地域を割譲することで中華人民共和国に譲歩する形で解決し、平和条約である中露善隣友好協力条約を結んでいる。上海協力機構(SCO)を結成して中国人民解放軍とは対テロ訓練や東シナ海、日本海、地中海、オホーツク海、南シナ海、バルト海などで合同軍事演習を行っている。また東シベリア・太平洋石油パイプライン建設でも日本ルートと中華人民共和国ルートの駆け引きが続いていたが、この問題も結局、日本向けのパイプラインの着工の目処が立たないまま、「中国支線」と呼ばれるスコボロジノ・大慶間のパイプラインが先に建設されることが決定されて完成し、ロスネフチでは中国企業が大株主になってる。歴史問題でも対独・対日で協調しており、2015年のモスクワの対独戦勝70周年記念パレードと北京の中国人民抗日戦争・世界反ファシズム戦争勝利70周年記念式典の何れも中国の習近平国家主席の隣に座って互いに赤の広場と天安門広場にロシア連邦軍と中国人民解放軍の儀仗隊を行進させた。同年11月には日本とアメリカがアジア太平洋で推進している環太平洋戦略的経済連携協定を批判してロシアも参加するアジアインフラ投資銀行やBRICsの新開発銀行はアジア太平洋の発展に貢献し、中国の一帯一路とロシアのユーラシア連合の連携がアジア太平洋の統合の刺激となるとした寄稿を世界のメディア各紙に行った。同年12月31日に発表した新国家安全保障戦略では「西側」という表現で新冷戦を匂わせて日米のミサイル防衛を批判して中国との関係を重視するとし、2016年5月には初の中露合同ミサイル防衛演習を行った。2016年6月17日には中国・インド・パキスタンなどのSCO加盟国とユーラシア経済連合(EEU)を軸に築く「大ユーラシア・パートナーシップ」と第一段階として中国との交渉協議を目指す計画を発表し、25日のプーチン訪中から同構想が中露共同声明に盛り込まれて共同研究の準備と協力協定の交渉協議が開始され、2017年5月14日に北京でのの開幕式でプーチンは一帯一路、SCO、EEUなどは同構想の基礎となると演説して30日にはロシアのサンクトペテルブルクで「大ユーラシア・パートナーシップと一帯一路の連結」をテーマとした国際シンポジウムが行われ、同年7月には同構想の共同研究が始まり、同年10月に協定の交渉は妥結し、同年11月にAPECに向けてプーチン大統領が発表した論文でもユーラシア経済連合と中国の協定交渉の完了や大ユーラシア・パートナーシップは中国の一帯一路を基礎にすることが述べられた。同年7月にはプーチンは外国人では旧ソ連構成国のアゼルバイジャンのヘイダル・アリエフ大統領とカザフスタンのヌルスルタン・ナザルバエフ大統領に次いで3人目となるロシア最高位勲章のを習国家主席に授与している。ウラジーミル・プーチン フレッシュアイペディアより)

  • レアメタル

    レアメタルから見たBRICsBRICs

    こうした状況の中で、レアメタルと呼ばれる各種元素で絶対的な枯渇が起きるという情報はないが、BRICsの経済発展と特殊な電子機器の部品開発に伴う急激な需要の増加に対して供給量が少ないために急激な価格の高騰が起こっており、2002年から2007年の5年間でニッケルの価格が8倍になったほか、モリブデンやレアアースなど多くの物質で価格が数倍に上がっている。レアメタル フレッシュアイペディアより)

  • 世界貿易機関

    世界貿易機関から見たBRICsBRICs

    新多角的貿易交渉(新ラウンド)は、2001年11月にカタールのドーハで行われた第4回WTO閣僚会議で開始を決定し、ドーハ・ラウンドと呼ばれていた。2002年2月1日の貿易交渉委員会で新ラウンドがスタートした。しかし9年に及ぶ交渉は先進国と、急速に台頭してきたBRICsなど新興国との対立によって中断と再開を繰り返した末、ジュネーブで行われた第4回WTO閣僚会議(2011年12月17日)で「交渉を継続していくことを確認するものの、近い将来の妥結を断念する」(議長総括)となり事実上停止状態になった。世界貿易機関 フレッシュアイペディアより)

  • エジプト

    エジプトから見たBRICsBRICs

    2010年のエジプトのGDPは約2168億ドル(約17兆円)でありアフリカでは屈指の経済規模でありBRICsの次に経済発展が期待できると言われているNEXT11の一国にも数えられている。しかし、スエズ運河収入と観光産業収入に依存するところが大きく、政情に左右されやすい。かつては綿花の世界的生産地であり、ナイル川のもたらす肥沃な土壌とあいまって農業が重要な役割を果たしていた。しかし、通年灌漑の導入によってナイルの洪水に頼ることが少なくなった上、アスワン・ハイ・ダムの建設によって上流からの土壌がせき止められるようになった、そのため、ダムによる水位コントロールによって農地が大幅に拡大し、農業生産高が格段に上がったにもかかわらず、肥料の集中投入などが必要になったためにコストが増大し、近年代表的な農業製品である綿製品は価格競争において後塵を拝している。1970年代に農業の機械化及び各種生産業における機械への転換により、労働力の過剰供給が見受けられるようになり、都市部に流出し、治安・衛生の悪化及び社会政策費の増大を招くも、80年代には、石油産業従事者の増大に伴い、農業において労働力不足が顕著となる。この為綿花及び綿製品の価格上昇を招き、国際競争力を失った。1990年代から、IMFの支援を受け経済成長率5%を達成するが、社会福祉政策の低所得者向け補助の増大及び失業率10%前後と支出の増大に加え、資源に乏しく食料も輸入に頼るため、2004年には物価上昇率10%に達するなどの構造的問題を抱えている。現状、中小企業育成による国際競争力の強化、雇用創生に取り組んでいるが、結果が出ていない。2004年のナズィーフ内閣が成立後は、国営企業の民営化及び税制改革に取り組んでいる。2008年、世界的な食料高騰によるデモが発生した。エジプト フレッシュアイペディアより)

  • 日立製作所

    日立製作所から見たBRICsBRICs

    日立建機が担当する建設機械事業(純国産技術による開発では日本初の油圧ショベルが代表製品)は、BRICsなど新興経済諸国からの受注が好調である。日立製作所 フレッシュアイペディアより)

  • オイルショック

    オイルショックから見たBRICsBRICs

    中国やインドなどBRICsと呼ばれる新興国の経済発展による原油需要の増加オイルショック フレッシュアイペディアより)

85件中 61 - 70件表示

「BRICs」のニューストピックワード