1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
85件中 81 - 85件表示
  • ロシア語

    ロシア語から見たBRICsBRICs

    一方、ウラジーミル・プーチン政権で経済の立て直しに成功したロシアがBRICsと呼ばれる経済成長地域の一つに加わり、天然資源を核にした諸外国との経済関係が再び拡大すると共に、ロシア語の需要は再び高まりつつある。バルト三国などでもロシア語に対するマイナスイメージもソ連時代を経験していない若い世代を中心に徐々に薄れてきており、ロシア語は英語やドイツ語などと共に、ビジネスなどで必要な言語ととらえる人も増えてきている。また、宇宙開発においては国際宇宙ステーションの公用語になるなど、英語と並んで必要不可欠な言語の1つとなっている。ロシア語 フレッシュアイペディアより)

  • 福田康夫

    福田康夫から見たBRICsBRICs

    丸善石油のサラリーマン時代から築いた人脈を生かして豊富な天然資源を持つBRICs諸国やアフリカ諸国との関係強化を図り、日本として資源・エネルギーの安定的な確保を積極的に推し進めた。福田康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 上海協力機構

    上海協力機構から見たBRICsBRICs

    SCOの正規加盟国の領域はユーラシア大陸の80%に達する。中華人民共和国の国境対策機構から、中華人民共和国・ロシア・インドといったユーラシア大陸における潜在的超大国 (BRICs)を抱え、モンゴル、アフガニスタン、イラン、パキスタン、トルコ、東南アジア諸国連合 (ASEAN) も様々な形で参加するなど、北アジア、西アジア、中央アジア、南アジア、東アジアに勢力を広げて一大連合体に発展する可能性を持つSCOは、いずれNATOに対抗しうる対米同盟として成長することを、アフリカや南アメリカの発展途上国・資源国から期待されている。上海協力機構 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の経済

    中華人民共和国の経済から見たBRICSBRICs

    中国は一人あたりGDPは2020年には現在のトルコの水準を上回る等、消費市場としての魅力も増していく。2017年時点で購買力平価換算では石油産出国を追い上げて世界平均に近い16,676USドルになっており、為替レートベースでは同じBRICSのブラジルやロシアと大差ないものとなってきてる。中華人民共和国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • インドの経済

    インドの経済から見たBRICSBRICs

    インドの経済成長とともにエネルギーの需要は増大し、絶え間ないエネルギー供給不足を引き起こしている。特に経済成長には欠かさせない石油資源が乏しく、石油の埋蔵量は56億バレルほどで、BRICSの中で最も石油資源に乏しい国である。ムンバイの海底油田や、マハーラーシュトラ州、グジャラート州で原油が生産されており、一日平均で80万バレルの産出し、毎年3000万バレル近い産出量を誇るが、最大でも国内需要の4分の1しか賄えない。インド政府を中心に国内油田の開発に取り組んでいるが、これ以上の増産は見込めず長期的には漸減傾向にある。インドの経済 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
85件中 81 - 85件表示

「BRICs」のニューストピックワード