前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
238件中 1 - 10件表示
  • BRICs

    BRICsから見た門倉貴史

    BRICs経済研究所のエコノミスト門倉貴史がBRICsに続くグループとして2006年11月に提唱した造語。同年12月には日本経済新聞にも引用された。ベトナム(Vietnam)、インドネシア(Indonesia)、南アフリカ(South Africa)、トルコ(Turkey)、アルゼンチン(Argentina)を繋げたもの。地理的なバランスと高成長のための条件、すなわち豊富な天然資源、労働力の増加、外資の導入、政情の安定、購買力のある中産階級の台頭を勘案して、新興国からポストBRICsの候補が選出されている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たウラジーミル・プーチン

    ウラジーミル・プーチンは1999年12月、エリツィンの突然の辞任を受けて首相から大統領代行に就任し、翌2000年3月の大統領選挙に勝利、ロシア連邦の2代目大統領に就任した。2005年3月の大統領選挙では得票率 71 % で再選を果たしたのち、2008年5月に大統領の座をドミトリー・メドヴェージェフに譲り、首相に就任した以降も国民からの人気が高く、政治的な影響力を保持している。プーチンの経済政策の特徴は、エリツィン同様に市場経済重視の自由主義政策を推進する一方で、エリツィン時代に政治力を強めた新興財閥を弾圧するといった、強権的な側面も併せ持っている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た江沢民

    天安門事件直後、鄧小平が総書記に抜擢した江沢民は党内基盤が弱く、当初は短命政権と見られていた。しかし、江沢民は徐々に権力基盤を拡大し、2002年まで13年間に亘る長期安定政権を築いた。この間中国は、香港の返還や北京オリンピック・上海万博の招致、WTO への加盟など数々の実績を挙げ、結果として経済の高度成長に結びついた。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    また1992年に就任したイタマル・フランコ政権は、年に数千パーセントというハイパー・インフレへの対応として、1994年に旧通貨クロゼイロ・レアルから米ドルに緩やかにペッグ(連動)させた新通貨レアルへの切り替えを行った。1995年から8年間に及ぶカルドーゾ政権は、財政責任法と財政罰則法の制定によって、プライマリー・バランスを黒字化させた。財政の健全化が進むと同時にブラジルの国際的信用は高まり、途上国では中国に次ぐ直接投資の受け入れ国家となるまでになった。2002年の大統領選挙では左翼のルーラ候補が支持を集めていた事から、経済政策転換への懸念により通貨急落と株価低迷を招いた。しかし、2003年1月に就任したルーラ新大統領は前政権の政策を踏襲し、金融市場に安心感を与えた。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たボリス・エリツィン

    1990年代、ソビエト連邦崩壊後のロシアではハイパーインフレが襲い、鉱工業生産が落ち込むなど、経済・政治・社会などの面で大きな混乱が続いた。そうした中で、市場経済化に向けて急進的な経済改革を推し進めたのがロシア連邦の初代大統領ボリス・エリツィンである。エリツィン政権が抜本的な構造改革を断行し、市場経済に基づく民主的な新生ロシアの礎を築いた事により、今日まで続くロシアの経済発展があったとされる。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た胡錦涛

    江沢民から2002年に中国共産党総書記、2003年に国家主席の地位を継承した胡錦涛政権は、前政権の政策を踏襲し着実な政策運営を行っている。結果として2003年の実質 GDP は1978年に対して約 9.4 倍にまで拡大しており、今後も、日本が1964年の東京オリンピックと1970年の大阪万博を経て経済大国入りしたのと同様に、2008年の北京五輪と2010年の上海万博による経済効果が期待されている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たマンモハン・シン

    2005年の4-5月に行われた総選挙では、政権交代によって経済改革路線の継続が危ぶまれたことから一時的に株価が急落したが、ラオ政権で経済改革を主導したマンモハン・シン元財務相が新しい首相に選出された事から、新政権に対する金融市場の警戒は薄らいだ。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た市場経済

    経済改革を行っている。1970年代後半の中国やブラジル・ロシア・インドの1990年代初頭の経済政策の転換はいずれも、対外開放による海外からの投資・市場経済化を推進するものであった。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たエンブラエル

    また伝統的に重工業、中でも航空機産業が盛んで、1969年に設立された国策会社のエンブラエルは小型ジェット機市場の半分近いシェアを誇るなど、欧米諸国をはじめとする世界各国へ輸出されており、その他にも自動車や金属製品が主な輸出製品となっている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た軍需産業

    BRICs 四カ国の中では唯一人口の減少が予想される(既に毎年70万人前後の数が減少し、30年間で 20 % 減ると予想される)にもかかわらず、これら豊富な資源によってロシア経済は継続的な発展が可能とされており、その他にも、ソ連時代の遺産とも言える、高度な科学技術力による高付加価値の航空宇宙産業・軍需産業や、IT産業、高度な教育水準による豊富な人材などにも注目が集められている。BRICs フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
238件中 1 - 10件表示

「BRICs」のニューストピックワード

  • 10人旅〜伊豆・熱海・伊東の人気観光スポットを遊び尽くす〜

  • 中居正広のミになる図書館