238件中 91 - 100件表示
  • BRICs

    BRICsから見た日本経済新聞

    2006年9月4日付けの日本経済新聞にて紹介された造語。BRICsからB(ブラジル)とR(ロシア)を省き、代わりにベトナム(Vietnam)とタイ(Thailand)を加えたもの。ブラジルが日本から地理的に遠い事、ロシアに投資するリスクが高い事と、日本企業の中国投資の変更先としてこの二国が注目され始めている事から言われるようになったが、一般的な知名度は非常に低い。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た電力

    まず、成長の基盤となるインフラ水準が著しく低い点もが挙げられる。電力の供給能力が経済成長に追いついておらず日常的に停電が発生する事や、インドの経済成長の主軸とされるIT産業にとって不可欠な通信設備の普及が立ち遅れている事などがその例である。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た民族

    民族国家で多人種社会であり、共通語的役割がある言語または公用語とされる言語以外にも、多くの言語が国内で使用される。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た製造業

    また、直接投資の少なさに起因する工業化の遅れが課題とされる。1947年の建国以来、民間企業の活動や外国企業による投資などを規制し、公的部門を温存する政策を維持してきた結果、工業化の進展が中国などと比べても大幅に遅れている。よって製造業による GDP の押し上げ効果が進展しておらず、また対内直接投資額も少ない。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た工業化

    2000年代のブラジルの経済成長の基礎は、1990年に就任したフェルナンド・コロール・デ・メロ大統領によって築かれたと言える。1970年代に急速な工業化を遂げた後、1980年代から1990年代前半は累積債務や高いインフレ率に悩まされ、その成長は鈍化していた。そのためコロール政権は、戦前の大恐慌後から続いた輸入代替政策を転換し、輸入制限の撤廃や国営企業の民営化、周辺国とメルコスールの創設の準備など、市場メカニズム導入と対外経済開放による発展に道を開いた。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た輸出

    ブラジル経済は、貿易が成長の鍵を握っていると指摘される。貿易依存度については、1994年が15%未満であったのに対し2003年には約25%へと、わずか10年で急激に高まった。特に輸出の拡大が顕著であり、これはブラジル政府が輸出の拡大に加え多様化や高付加価値化などを推し進め、同時に外資系企業の参入、穀物や鉱物資源といった一次産品の価格の高騰がそれを後押しする形となった。2004年にはブラジルの貿易収支は336億9600万ドルと、これまでで最高となる貿易黒字を計上した。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た情報技術

    BRICs 四カ国の中では唯一人口の減少が予想される(既に毎年70万人前後の数が減少し、30年間で 20 % 減ると予想される)にもかかわらず、これら豊富な資源によってロシア経済は継続的な発展が可能とされており、その他にも、ソ連時代の遺産とも言える、高度な科学技術力による高付加価値の航空宇宙産業・軍需産業や、IT産業、高度な教育水準による豊富な人材などにも注目が集められている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た航空機

    また伝統的に重工業、中でも航空機産業が盛んで、1969年に設立された国策会社のエンブラエルは小型ジェット機市場の半分近いシェアを誇るなど、欧米諸国をはじめとする世界各国へ輸出されており、その他にも自動車や金属製品が主な輸出製品となっている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たジェット機

    また伝統的に重工業、中でも航空機産業が盛んで、1969年に設立された国策会社のエンブラエルは小型ジェット機市場の半分近いシェアを誇るなど、欧米諸国をはじめとする世界各国へ輸出されており、その他にも自動車や金属製品が主な輸出製品となっている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た人材

    BRICs はかつての NIEs や ASEAN 同様経済成長が目覚しく、またそれらの国々の GDP や貿易額が世界に占める割合は近年急速に高まっており、世界経済に多大な影響を与えるまでになっている。広大な土地・豊富な人材・豊富な資源を有するのに加え、ここ数年あるいは数十年で様々な改革を進めてきた事により、結果として潜在力を実際の成長率に反映させる事が可能になった。その結果、2008年5月時点で G6(日独英米仏伊)の 15 % に過ぎない経済規模は、2025年には約半分の大きさに、2040年頃には先進国を上回り、2050年の時点では BRICs が G6 の 1.5 倍の規模になるとみられている。四カ国が注目される理由として、特に三つの点が挙げられる。BRICs フレッシュアイペディアより)

238件中 91 - 100件表示

「BRICs」のニューストピックワード

  • 10人旅〜伊豆・熱海・伊東の人気観光スポットを遊び尽くす〜

  • 中居正広のミになる図書館