238件中 11 - 20件表示
  • BRICs

    BRICsから見た日本経済新聞社

    門倉貴史,『図説 BRICs経済』,2005年7月19日,日本経済新聞社(ISBN 4-532-35160-X)BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たイスラム銀行

    BRICs経済研究所のエコノミスト門倉貴史がBRICsに続くグループとして2008年1月に提唱した造語。マレーシア(Malaysia)、エジプト(Egypt)、ドバイ(DUbai)、サウジ(SAudi)を繋げたもの。いずれもイスラム教国でありイスラム金融が浸透している新興国のグループ。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た石炭

    国土および資源大国である。国土面積はロシアが世界1位、中国が世界3位、ブラジルが世界5位、インドが世界7位。面積でいえば4カ国で世界の約29%を占めている。また、それに伴い天然資源にも富んでいる。中国やインドは1人あたりの資源量は決して多くはないものの、4カ国とも資源大国である。資源としては石炭・鉄鉱石・天然ガスが4カ国に共通しており、原油・ボーキサイトなども殆どの国で産出されている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た鉄鉱石

    国土および資源大国である。国土面積はロシアが世界1位、中国が世界3位、ブラジルが世界5位、インドが世界7位。面積でいえば4カ国で世界の約29%を占めている。また、それに伴い天然資源にも富んでいる。中国やインドは1人あたりの資源量は決して多くはないものの、4カ国とも資源大国である。資源としては石炭・鉄鉱石・天然ガスが4カ国に共通しており、原油・ボーキサイトなども殆どの国で産出されている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た上海市

    1978年に始まった中国の改革開放政策は、1989年の天安門事件によって頓挫したかのように考えられた。そうした状況が一変したのは1992年1-2月に当時の最高実力者であった鄧小平が、深圳や上海などを視察した際の南巡講話からである。南巡講話によって沈滞ムードは消え去り、改革開放路線は再び勢いを得る事となった。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た国際通貨基金

    1990年代初頭、深刻な外貨不足を背景とした経済危機に陥り、1991年には成長率が 1 % 台にまで低下したものの、IMFの支援のもと様々な経済安定化政策が実施され、同時に経済の対外開放が進められた結果、1992年以降は概ね 5 % 以上の成長を持続している。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た国内総生産

    とりわけ、2004年の10月-12月期の実質 GDP 成長率(前年比 + 6.7 %)に占める個人消費の寄与度が + 6.2 % に達するなど、個人消費はロシアの経済成長にとって大きな原動力となっている。その背景には、原油価格の上昇による石油関連企業の業績の向上が、雇用・所得環境の改善に繋がっている事が挙げられ、加えてモスクワなど都市部におけるライフスタイルの欧米化(自動車や電化製品などの浸透)の流れも影響しているとみられている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た通信

    まず、成長の基盤となるインフラ水準が著しく低い点もが挙げられる。電力の供給能力が経済成長に追いついておらず日常的に停電が発生する事や、インドの経済成長の主軸とされるIT産業にとって不可欠な通信設備の普及が立ち遅れている事などがその例である。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た農業

    農業をはじめとする第1次産業は、2000年代の現在もインド経済の中心を担っている。この事は、農業部門が産業全体の四分の一を占め、農業部門の就業人口は全体の約 60 % を占めているという事実に象徴される。また農業部門が GDP 成長率に及ぼす影響では、一部の例外を除き農業部門が不振であった年は成長率が 4 % 台に押し下げられている。こうした背景には、インド国内の灌漑施設の整備が進んでおらず、農作物の生産高がモンスーンによる降水量に大きく依存していることなどが挙げられる。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た天然ガス

    国土および資源大国である。国土面積はロシアが世界1位、中国が世界3位、ブラジルが世界5位、インドが世界7位。面積でいえば4カ国で世界の約29%を占めている。また、それに伴い天然資源にも富んでいる。中国やインドは1人あたりの資源量は決して多くはないものの、4カ国とも資源大国である。資源としては石炭・鉄鉱石・天然ガスが4カ国に共通しており、原油・ボーキサイトなども殆どの国で産出されている。BRICs フレッシュアイペディアより)

238件中 11 - 20件表示

「BRICs」のニューストピックワード