284件中 11 - 20件表示
  • BRICs

    BRICsから見た農業

    農業をはじめとする第一次産業は、世界第2位の規模を誇り、植物育種や灌漑設備の整備、農薬の普及といった「緑の革命」を実施し、独立後60年あまりで人口が12億人にまで増えたにもかかわらず、自給自足達成国となった。世界で最も成功した米生産国の一つである。2006年には450万トンを輸出する主要な米輸出国である。インドの農地面積は1億7990万ヘクタールあり、農業は労働人口の52%が従事し、GDPの16%を占めるインド経済の中心である。また農業部門がGDP成長率に及ぼす影響では、一部の例外を除き農業部門が不振であった年は成長率が4%台に押し下げられている。こうした背景には、インド国内の灌漑施設まだ不十分であり、農作物の生産高がモンスーンによる降水量に大きく依存していることなどが挙げられる。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たエンブラエル

    また伝統的に重工業、中でも航空機産業が盛んで、1969年に設立された国策会社のエンブラエルは小型ジェット機市場の半分近いシェアを誇るなど、欧米諸国をはじめとする世界各国へ輸出されており、その他にも自動車や金属製品が主な輸出製品となっている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た軍需産業

    BRICs四カ国の中では唯一人口の減少が予想される(既に毎年70万人前後の数が減少し、30年間で20%減ると予想される)にもかかわらず、これら豊富な資源によってロシア経済は継続的な発展が可能とされており、その他にも、ソ連時代の遺産とも言える、高度な科学技術力による高付加価値の航空宇宙産業・軍需産業や、IT産業、高度な教育水準による豊富な人材などにも注目が集められている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た日本経済新聞社

    門倉貴史『図説 経済』2005年7月19日、日本経済新聞社(ISBN 4-532-35160-X)BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たイスラム銀行

    BRICs経済研究所のエコノミスト門倉貴史がBRICsに続くグループとして2008年1月に提唱した造語。マレーシア、エジプト、ドバイ、サウジアラビアの4カ国の英語の名前の一部を繋げたもの。いずれもイスラム教国でありイスラム金融が浸透している新興国のグループ。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た石炭

    国土および資源大国である。国土面積はロシアが世界1位、中国が3位、ブラジルが5位、インドが7位、南アフリカが24位。面積でいえば5ヶ国合計で世界の約32%を占めている。また、それに伴い天然資源にも富んでいる。中国やインドは1人あたりの資源量は決して多くはないものの、5ヶ国とも資源大国である。資源としては石炭・鉄鉱石・天然ガスが4ヶ国に共通しており、原油・ボーキサイトなどもほとんどの国で産出されている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た鉄鉱石

    国土および資源大国である。国土面積はロシアが世界1位、中国が3位、ブラジルが5位、インドが7位、南アフリカが24位。面積でいえば5ヶ国合計で世界の約32%を占めている。また、それに伴い天然資源にも富んでいる。中国やインドは1人あたりの資源量は決して多くはないものの、5ヶ国とも資源大国である。資源としては石炭・鉄鉱石・天然ガスが4ヶ国に共通しており、原油・ボーキサイトなどもほとんどの国で産出されている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た上海市

    1978年に始まった中国の改革開放政策は、1989年の天安門事件によって頓挫したかのように考えられた。そうした状況が一変したのは1992年1-2月に当時の最高実力者であった鄧小平が、深圳や上海などを視察した際の南巡講話からである。南巡講話によって沈滞ムードは消え去り、改革開放路線は再び勢いを得ることとなった。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た国内総生産

    とりわけ、2004年の10月 - 12月期の実質GDP 成長率(前年比+6.7 %)に占める個人消費の寄与度が+6.2 % に達するなど、個人消費はロシアの経済成長にとって大きな原動力となっている。その背景には、原油価格の上昇による石油関連企業の業績の向上が、雇用・所得環境の改善に繋がっていることが挙げられ、加えてモスクワなど都市部におけるライフスタイルの欧米化(自動車や電化製品などの浸透)の流れも影響しているとみられている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たモンスーン

    農業をはじめとする第一次産業は、世界第2位の規模を誇り、植物育種や灌漑設備の整備、農薬の普及といった「緑の革命」を実施し、独立後60年あまりで人口が12億人にまで増えたにもかかわらず、自給自足達成国となった。世界で最も成功した米生産国の一つである。2006年には450万トンを輸出する主要な米輸出国である。インドの農地面積は1億7990万ヘクタールあり、農業は労働人口の52%が従事し、GDPの16%を占めるインド経済の中心である。また農業部門がGDP成長率に及ぼす影響では、一部の例外を除き農業部門が不振であった年は成長率が4%台に押し下げられている。こうした背景には、インド国内の灌漑施設まだ不十分であり、農作物の生産高がモンスーンによる降水量に大きく依存していることなどが挙げられる。BRICs フレッシュアイペディアより)

284件中 11 - 20件表示

「BRICs」のニューストピックワード