238件中 31 - 40件表示
  • BRICs

    BRICsから見た鉱物

    ブラジル経済は、貿易が成長の鍵を握っていると指摘される。貿易依存度については、1994年が15%未満であったのに対し2003年には約25%へと、わずか10年で急激に高まった。特に輸出の拡大が顕著であり、これはブラジル政府が輸出の拡大に加え多様化や高付加価値化などを推し進め、同時に外資系企業の参入、穀物や鉱物資源といった一次産品の価格の高騰がそれを後押しする形となった。2004年にはブラジルの貿易収支は336億9600万ドルと、これまでで最高となる貿易黒字を計上した。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た貴州省

    中国では貧富の格差が拡大している。この格差は都市住民と農村住民の所得格差、地域の所得格差、業種の所得格差など様々な面における格差拡大によって引き起こされたものである。都市と農村での所得格差は、1978年 - 1985年には農村改革が重点であった事から、平均所得の比率は 2.57:1 から 1.85:1 に縮小した。しかし、改革の重点が都市に移るとこの比率は年々拡大を始め1994年には 2.86:1 にまで広がった。1995年から1998年までは一旦減少するものの、それ以降は再び拡大を始め、2001年には改革開放以来最高となる 2.92:1 となり、ジニ係数も一般的に警戒ラインとされる 0.4 を超えた。また、地域間においても格差は顕著に広がっている。東部と中部、東部と西部での GNP の差は1990年時点ではそれぞれ 898 元と 1079 元であったのに対し、1995年には 3539 元と 4203 元に、2000年には 5352 元と 6674 元にまで拡大した。西部地域の GDP は東部地域の GDP のわずか 40 % の水準となっており、とりわけ貴州省と上海市との差は 12 倍を超えている。今後は西部大開発や東北新興などの対策に格差改善の期待が寄せられている。また、業種の所得格差も拡大した。不動産・金融・保険といった最高所得の部類と、飲食サービス業・製造業・採掘業などの最低所得部類とを比較すると、その所得の比は1990年の 1.72:1 から1999年の 2.63:1 に拡大した。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たロンドン

    政治・軍事において、地域における覇権を握っている。ブラジルを除いた、ロシア・中国・インドの3カ国は核保有国であり、ロシア・中国は国連安保理常任理事国で、ブラジルとインドも新たに常任理事国入りする可能性がある。2005年2月にロンドンで開かれたG7財務相・中央銀行総裁会議では従来のG8(G7+ロシア)に加えて、BRICsの他の国も初めて参加した。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たシリコンバレー

    さらに、インド工科大学やインド科学大学大学院といった優れた教育機関を卒業後、待遇面の良さなどを背景にアメリカのシリコンバレーなどに移住するインド人技術者は増加傾向にあり、その結果ソフトウェアの輸出と在外居住者からの本国向け送金は、インドの国際収支を支える重要な外貨獲得源となっている。事実、2001年以降はこれにより経常収支は黒字で推移した。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た外貨準備高

    1991年に誕生した国民会議派のナラシマ・ラオ政権は、1947年の建国以来続いていた混合経済体制と呼ばれるインド独自の社会主義的な経済運営の結果として現れた外貨準備高の減少や経済低迷といった現象を受けて180度の政策転換を行い、資本の自由化・各種の規制緩和・貿易と為替の自由化・公営企業の民営化・金融制度の改革等を取り入れた。また1996年以降も、政権政党の交代にもかかわらずラオ政権が推進してきた経済の自由化政策は継承されていった。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たアウトソーシング

    とりわけ近年の高成長は主にIT部門の成長がもたらしている。インドは先進国企業の情報技術導入が進むなかで、コンピューターソフトの開発及び販売・欧米企業の情報技術関連業務のアウトソーシングの受注を拡大させている。ITソフトウェア産業は1990年代を通じて年率 50 % 近い成長を遂げ、IT不況を迎えた21世紀に入っても 20 % 台の順調な成長を続けており、2003年時点では国内GDPの 2.6 % を占めるまでに至っている。工科系の大学を中心として毎年30万人を超える情報技術者を輩出している事や、労働コストが低廉である事、「0」の発見に象徴されるように伝統的に理数的思考を得意とする民族である事、準公用語に英語が含まれている事などがそれらの要因となっている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た核兵器

    政治・軍事において、地域における覇権を握っている。ブラジルを除いた、ロシア・中国・インドの3カ国は保有国であり、ロシア・中国は国連安保理常任理事国で、ブラジルとインドも新たに常任理事国入りする可能性がある。2005年2月にロンドンで開かれたG7財務相・中央銀行総裁会議では従来のG8(G7+ロシア)に加えて、BRICsの他の国も初めて参加した。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たドバイ

    BRICs経済研究所のエコノミスト門倉貴史がBRICsに続くグループとして2008年1月に提唱した造語。マレーシア(Malaysia)、エジプト(Egypt)、ドバイ(DUbai)、サウジ(SAudi)を繋げたもの。いずれもイスラム教国でありイスラム金融が浸透している新興国のグループ。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た地球温暖化

    アメリカの政府機関であるエネルギー情報管理局によれば、2025年の二酸化炭素排出量は、2001年から2025年の間の増加率は、ブラジルが3.7%、ロシアが2.3%、インドが3.6%、中国が4.0%で、2025年の時点ではそれぞれ833万トン、2784万トン、2152万トン、7821万トンにまでのぼり、世界の総排出量の約32%を占めるとされている。ロシアを除く3カ国は京都議定書の対象国となっておらず、地球温暖化問題にさらなる拍車をかけるものと予想されている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た中国共産党

    江沢民から2002年に中国共産党総書記、2003年に国家主席の地位を継承した胡錦涛政権は、前政権の政策を踏襲し着実な政策運営を行っている。結果として2003年の実質 GDP は1978年に対して約 9.4 倍にまで拡大しており、今後も、日本が1964年の東京オリンピックと1970年の大阪万博を経て経済大国入りしたのと同様に、2008年の北京五輪と2010年の上海万博による経済効果が期待されている。BRICs フレッシュアイペディアより)

238件中 31 - 40件表示

「BRICs」のニューストピックワード

  • 10人旅〜伊豆・熱海・伊東の人気観光スポットを遊び尽くす〜

  • 中居正広のミになる図書館