238件中 51 - 60件表示
  • BRICs

    BRICsから見た核拡散防止条約

    インドは核拡散防止条約 (NPT) に加盟せずに核開発を行った国である。原子力供給国グループ (NSG) はインドの核燃料、核技術の輸出入を無条件で例外扱いとして認める採択を行っている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た公用語

    多民族国家で多人種社会であり、共通語的役割がある言語または公用語とされる言語以外にも、多くの言語が国内で使用される。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た移民

    中国からロシアのシベリアへの移民が増えつつある(特に沿海地方を含む東シベリア)。シベリアは人口が希薄なので、将来的に中国人がシベリアの一部で住人の多数を占める可能性がある。そうなった場合、中国からロシアに割譲された沿海地方で領土問題が再燃する可能性もある(ただし、2004年に両国間の国境問題は解決し、国境線は画定されている)。また経済の面でもロシアと中国の逆転現象が起こることが考えられる。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た市場メカニズム

    2000年代のブラジルの経済成長の基礎は、1990年に就任したフェルナンド・コロール・デ・メロ大統領によって築かれたと言える。1970年代に急速な工業化を遂げた後、1980年代から1990年代前半は累積債務や高いインフレ率に悩まされ、その成長は鈍化していた。そのためコロール政権は、戦前の大恐慌後から続いた輸入代替政策を転換し、輸入制限の撤廃や国営企業の民営化、周辺国とメルコスールの創設の準備など、市場メカニズム導入と対外経済開放による発展に道を開いた。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た投資家

    BRICs(ブリックス)とは、経済発展が著しい (Brazil)、 (Russia)、 (India)、 (China) の頭文字を合わせた四カ国の総称。投資銀行ゴールドマン・サックスのエコノミストであるジム・オニールによって書かれた2001年11月30日の投資家向けレポート『Building Better Global Economic BRICs』で初めて用いられ、世界中に広まった。なお、同じくゴールドマン・サックスの2003年10月1日の投資家向けレポート『Dreaming with BRICs: The Path to 2050』で初めて用いられたと勘違いしている情報も見受けられるが、これは明確に誤りである。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た京都議定書

    アメリカの政府機関であるエネルギー情報管理局によれば、2025年の二酸化炭素排出量は、2001年から2025年の間の増加率は、ブラジルが3.7%、ロシアが2.3%、インドが3.6%、中国が4.0%で、2025年の時点ではそれぞれ833万トン、2784万トン、2152万トン、7821万トンにまでのぼり、世界の総排出量の約32%を占めるとされている。ロシアを除く3カ国は京都議定書の対象国となっておらず、地球温暖化問題にさらなる拍車をかけるものと予想されている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たヒンドゥー教

    中国は儒教文化圏、インドはヒンドゥー教文化圏、ロシアは正教会文化圏、ブラジルはラテンアメリカ文化圏に属する。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た通貨

    また1992年に就任したイタマル・フランコ政権は、年に数千パーセントというハイパー・インフレへの対応として、1994年に旧通貨クロゼイロ・レアルから米ドルに緩やかにペッグ(連動)させた新通貨レアルへの切り替えを行った。1995年から8年間に及ぶカルドーゾ政権は、財政責任法と財政罰則法の制定によって、プライマリー・バランスを黒字化させた。財政の健全化が進むと同時にブラジルの国際的信用は高まり、途上国では中国に次ぐ直接投資の受け入れ国家となるまでになった。2002年の大統領選挙では左翼のルーラ候補が支持を集めていた事から、経済政策転換への懸念により通貨急落と株価低迷を招いた。しかし、2003年1月に就任したルーラ新大統領は前政権の政策を踏襲し、金融市場に安心感を与えた。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たモスクワ

    とりわけ、2004年の10月-12月期の実質 GDP 成長率(前年比 + 6.7 %)に占める個人消費の寄与度が + 6.2 % に達するなど、個人消費はロシアの経済成長にとって大きな原動力となっている。その背景には、原油価格の上昇による石油関連企業の業績の向上が、雇用・所得環境の改善に繋がっている事が挙げられ、加えてモスクワなど都市部におけるライフスタイルの欧米化(自動車や電化製品などの浸透)の流れも影響しているとみられている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た国際経済研究所

    国際経済研究所の「The United States and the World Economy(2005年1月)」では、BRICsおよび南アフリカの5カ国にアルゼンチン、インドネシア、韓国、メキシコ、サウジアラビア、トルコを加えた計11カ国が、今後の世界経済に大きな影響を及ぼすLEMs(Large Emerging-Market Economies)として取り上げられている。これらの国は全てG20の一員でもある。BRICs フレッシュアイペディアより)

238件中 51 - 60件表示

「BRICs」のニューストピックワード

  • 10人旅〜伊豆・熱海・伊東の人気観光スポットを遊び尽くす〜

  • 中居正広のミになる図書館