238件中 61 - 70件表示
  • BRICs

    BRICsから見た大学

    とりわけ近年の高成長は主にIT部門の成長がもたらしている。インドは先進国企業の情報技術導入が進むなかで、コンピューターソフトの開発及び販売・欧米企業の情報技術関連業務のアウトソーシングの受注を拡大させている。ITソフトウェア産業は1990年代を通じて年率 50 % 近い成長を遂げ、IT不況を迎えた21世紀に入っても 20 % 台の順調な成長を続けており、2003年時点では国内GDPの 2.6 % を占めるまでに至っている。工科系の大学を中心として毎年30万人を超える情報技術者を輩出している事や、労働コストが低廉である事、「0」の発見に象徴されるように伝統的に理数的思考を得意とする民族である事、準公用語に英語が含まれている事などがそれらの要因となっている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た教育

    その他、教育も大きな課題である。インドの教育は極めてエリート主義が強い一方で、中等教育への進学率が半分以下で識字率が6割程度にとどまるなど、他の BRICs 諸国と比較しても際立って低い水準にある。教育が人材開発にとって最も重要な手段であり、また学校教育がその後の応用的なあらゆる教育の基礎となる点を考慮し、教育水準の低さが今後の経済成長にとって足枷になると警笛を鳴らす学者も少なくない。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た人民元

    中国では貧富の格差が拡大している。この格差は都市住民と農村住民の所得格差、地域の所得格差、業種の所得格差など様々な面における格差拡大によって引き起こされたものである。都市と農村での所得格差は、1978年 - 1985年には農村改革が重点であった事から、平均所得の比率は 2.57:1 から 1.85:1 に縮小した。しかし、改革の重点が都市に移るとこの比率は年々拡大を始め1994年には 2.86:1 にまで広がった。1995年から1998年までは一旦減少するものの、それ以降は再び拡大を始め、2001年には改革開放以来最高となる 2.92:1 となり、ジニ係数も一般的に警戒ラインとされる 0.4 を超えた。また、地域間においても格差は顕著に広がっている。東部と中部、東部と西部での GNP の差は1990年時点ではそれぞれ 898 と 1079 元であったのに対し、1995年には 3539 元と 4203 元に、2000年には 5352 元と 6674 元にまで拡大した。西部地域の GDP は東部地域の GDP のわずか 40 % の水準となっており、とりわけ貴州省と上海市との差は 12 倍を超えている。今後は西部大開発や東北新興などの対策に格差改善の期待が寄せられている。また、業種の所得格差も拡大した。不動産・金融・保険といった最高所得の部類と、飲食サービス業・製造業・採掘業などの最低所得部類とを比較すると、その所得の比は1990年の 1.72:1 から1999年の 2.63:1 に拡大した。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た雇用

    とりわけ、2004年の10月-12月期の実質 GDP 成長率(前年比 + 6.7 %)に占める個人消費の寄与度が + 6.2 % に達するなど、個人消費はロシアの経済成長にとって大きな原動力となっている。その背景には、原油価格の上昇による石油関連企業の業績の向上が、雇用・所得環境の改善に繋がっている事が挙げられ、加えてモスクワなど都市部におけるライフスタイルの欧米化(自動車や電化製品などの浸透)の流れも影響しているとみられている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たロシア・ルーブル

    1991年の連邦発足後、急速な市場経済移行に伴う経済的混乱から大幅なマイナス成長が続いたほか、1998年にはロシア通貨危機に伴う金融市場の混乱を経験したものの、ルーブル切り下げ効果による輸入代替産業の復調や原油価格の高値での推移を背景として、その後は実質成長率が6年連続で前年比プラスを維持するなど回復傾向を辿っている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た温暖化ガス

    足元のロシア経済の成長を支える原動力となっているのは、豊富な生産量を誇る原油や天然ガスなどのエネルギー資源で、石油・天然ガス産業は GDP の 25 %、輸出収入の約 55 %、国家歳入の約 35 %を占めるまでになっている。原油価格の暴落を警戒する石油輸出国機構各国が石油生産能力の拡大に慎重なスタンスを採り続けてきた中で、近年ロシアは原油生産をさらに強化しており、原油生産量の推移をみると2003年にはアメリカを抜いて世界2位に、2004年にはサウジアラビアを上回り世界1位となった。こうしたロシアの原油生産の拡大は、原油価格の高騰と相俟って景気回復に寄与してきたとみられている。原油価格の動向と貿易収支の関係をみると、原油価格の上昇は貿易収支の大幅な改善に結びついているという構図があり、加えて、石油や石炭に比べて温暖化ガスや硫黄酸化物の排出量が少ない天然ガスに対する世界的な需要が高まるなかで、ロシアの天然ガス埋蔵量は、世界全体の約27%を占めている。また、ロシアはサハリン沖を中心とした天然ガスの開発に注力している事から、今後は天然ガス輸出の増加も、ロシア経済の好調を更に後押ししていくものと見込まれている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た東南アジア諸国連合

    BRICs はかつての NIEs や ASEAN 同様経済成長が目覚しく、またそれらの国々の GDP や貿易額が世界に占める割合は近年急速に高まっており、世界経済に多大な影響を与えるまでになっている。広大な土地・豊富な人材・豊富な資源を有するのに加え、ここ数年あるいは数十年で様々な改革を進めてきた事により、結果として潜在力を実際の成長率に反映させる事が可能になった。その結果、2008年5月時点で G6(日独英米仏伊)の 15 % に過ぎない経済規模は、2025年には約半分の大きさに、2040年頃には先進国を上回り、2050年の時点では BRICs が G6 の 1.5 倍の規模になるとみられている。四カ国が注目される理由として、特に三つの点が挙げられる。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た深セン市

    1978年に始まった中国の改革開放政策は、1989年の天安門事件によって頓挫したかのように考えられた。そうした状況が一変したのは1992年1-2月に当時の最高実力者であった鄧小平が、深圳や上海などを視察した際の南巡講話からである。南巡講話によって沈滞ムードは消え去り、改革開放路線は再び勢いを得る事となった。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たイスラム世界

    BRICs経済研究所のエコノミスト門倉貴史がBRICsに続くグループとして2008年1月に提唱した造語。マレーシア(Malaysia)、エジプト(Egypt)、ドバイ(DUbai)、サウジ(SAudi)を繋げたもの。いずれもイスラム教国でありイスラム金融が浸透している新興国のグループ。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た停電

    まず、成長の基盤となるインフラ水準が著しく低い点もが挙げられる。電力の供給能力が経済成長に追いついておらず日常的に停電が発生する事や、インドの経済成長の主軸とされるIT産業にとって不可欠な通信設備の普及が立ち遅れている事などがその例である。BRICs フレッシュアイペディアより)

238件中 61 - 70件表示

「BRICs」のニューストピックワード

  • 10人旅〜伊豆・熱海・伊東の人気観光スポットを遊び尽くす〜

  • 中居正広のミになる図書館